今年のニュージーランドトロフィーはフルゲート割れの15頭立てで行われます。

 

登録していたのは19頭なんですが、4頭が回避してしまい、15頭立てになってしまいました。

 

15頭立てのニュージーランドトロフィーは2014年以来だそうです。

 

今回は15頭立てのニュージーランドトロフィー2018の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

ニュージーランドトロフィー2018の出馬表

出典 JRA

 

ニュージーランドトロフィー2018には19頭が登録し、アドマイヤアルバ、トーセンブレス、バトルマイスター、リュクスポケットの4頭が回避し、15頭立てとなっています。

 

大外枠には石橋脩騎手騎乗のアンブロジオですか。

 

桜花賞では最内の1番に石橋脩騎手騎乗のラッキーライラックがいますから、意図がありそうです。

1枠 1番 コスモイグナーツ 牡3 56.0kg 柴田 大知 高橋 祥泰
2枠 2番 デルタバローズ 牡3 56.0kg 大野 拓弥 堀 宣行
3番 ゴールドギア 牡3 56.0kg 武藤 雅 伊藤 圭三
3枠 4番 アイスフィヨルド 牡3 56.0kg 北村 宏司 武藤 善則
5番 カツジ 牡3 56.0kg 松山 弘平 池添 兼雄
4枠 6番 カシアス 牡3 56.0kg 浜中 俊 清水 久詞
7番 エントシャイデン 牡3 56.0kg 田中 勝春 矢作 芳人
5枠 8番 ラムセスバローズ 牡3 56.0kg 内田 博幸 木村 哲也
9番 イサチルルンルン 牝3 54.0kg 国分 恭介 竹内 正洋
6枠 10番 ファストアプローチ 牡3 56.0kg 田辺 裕信 藤沢 和雄
11番 カイザーメランジェ 牡3 56.0kg 黛 弘人 中野 栄治
7枠 12番 リョーノテソーロ 牡3 56.0kg 吉田 隼人 武井 亮
13番 ペイシャルアス 牝3 54.0kg 三浦 皇成 坂口 正則
8枠 14番 ケイアイノーテック 牡3 56.0kg  戸崎 圭太 平田 修
15番 アンブロジオ 牡3 56.0kg  石橋 脩 菊沢 隆徳

出走馬情報からのサイン

出典 JRA

 

出走馬情報にはリョーノテソーロ、カシアス、ケイアイノーテック、アンブロジオ、ファストアプローチ、ラムセスバローズ、カツジ、アイスフィヨルドの8頭の記載がありました。

 

この8頭から優勝馬が出るかも知れないですね。

15頭立てのニュージーランドトロフィーからのサイン

15頭立てのニュージーランドトロフィーは2000年、2002年、2014年に行われています。

 

2000年ニュージーランドトロフィー(15頭立て)

1着 エイシンプレストン マル外 7枠12番(逆4番)福永祐一騎手 1人気

前走 アーリントンカップ(阪神1600m)1人気1着

前々走 きさらぎ賞(京都1800m)1人気9着

3走前 朝日杯3歳ステークス(中山1600m)4人気1着

3勝馬

2着 マチカネホクシン マル外 2枠2番(逆14番)吉田豊騎手 5人気

前走 共同通信杯4歳ステークス(東京1800m)1人気5着

前々走 朝日杯3歳ステークス(中山1600m)3人気3着

3着 アグネスデジタル マル外  8枠15番(逆1番)的場均騎手 7人気

前走 夕刊フジ賞クリスタルカップ(中山1200m)8人気3着

前々走 ヒヤシンスステークス(東京ダート1600m)3人気3着

 

2002年ニュージーランドトロフィー(15頭立て)

1着 タイキリオン マル外 5枠9番(逆7番)柴田善臣騎手 11人気

前走 500万下条件戦・はなのき賞(中京1200m)6人気1着

前々走 500万下条件戦・若竹賞(東京1600m)5人気13着

年明けデビュー馬

2着 サーガノヴェル マル外 牝馬 4枠6番(逆10番)横山典弘騎手 1人気

前走 夕刊フジ賞クリスタルカップ(中山1200m)2人気1着

前々走 フェアリーステークス(中山1200m)3人気1着

3勝馬

3着 メジャーカフェ マル外 2枠3番(逆13番) 岡部幸雄騎手 5人気

前走 500万下条件戦・きんせんか賞(中山1200m)1人気1着

前々走 すずらん賞(札幌1200m)3人気4着

 

2014年ニュージーランドトロフィー(15頭立て)

1着 ショウナンアチーヴ 7枠12番(逆4番)後藤浩輝騎手 1人気

前走 中日スポーツ賞ファルコンステークス(中京1400m)2人気6着

前々走 朝日杯フューチュリティステークス(中山1600m)6人気2着

2着 ショウナンワダチ 5枠9番(逆7番)北村宏司騎手 4人気

前走 共同通信杯(東京1800m)5人気8着

前々走 朝日杯フューチュリティステークス(中山1600m)7人気6着

3着 ベルルミエール 牝馬 8枠15番(逆1番) 川島信二騎手 8人気

前走 中日スポーツ賞ファルコンステークス(中京1400m)7人気4着

前々走 500万下条件戦・平場(京都1400m)3人気1着

 

この3年の共通項は1人気が連対していることです。

 

また、2000年と2002年はマル外同士の決着、マル外が1頭も出走指定なかった2014年は同一馬主同士で決着しています。

スポンサーリンク

ニュージーランドトロフィー2018の予想の結論

出馬表を見ると、5枠と7枠はマル外と牝馬で固められています。

 

明らかに、主催者の意図が見受けられます。

 

そして、マル外のラムセスバローズとラムセスバローズは同一馬主。

 

ここではないかと考え、マル外3頭のボックスにしてみます。

 

抑えに、アンブロジオからラムセスバローズとイサチルルンルン。

スポンサーリンク