昨年、アーリントンカップがNHKマイルカップのトライアルレースとなり、3着以内の馬に優先出走権が与えられるようになりました。

 

その変更を受けたNHKマイルカップのもう1つのトライアルレースのニュージーランドトロフィーは、カツジが勝っています。

 

カツジは、朝日杯フューチュリティステークスのステップレースのデイリー杯2歳ステークスを2着した1勝馬。

 

そして、カツジに敗れた2着馬は、デイリー杯2歳ステークス3着馬のケイアイノーテック。

 

ケイアイノーテックは、朝日杯フューチュリティステークスで4着に敗れた後、500万条件戦のこぶし賞で2着に敗れた後、平場の500万条件戦で1着になっていた馬でした。

 

また、ケイアイノーテックは1600mという距離しか走っていなかった馬でもありました。

 

今年のニュージーランドトロフィーの優勝馬には、どんな馬が選ばれるのでしょうね。

 

今回は、ニュージーランドトロフィー2019のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

ニュージーランドトロフィー2019の出走予定(特別登録)

ニュージーランドトロフィー2019の出走予定(特別登録)は16頭。

 

アフランシール、ココフィーユ、メイショウショウブは、桜花賞2019とW登録ですね。

 

桜花賞2019を除外されたら、ニュージーランドトロフィー2019に出走してくるということなのでしょう。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アガラス 牡3 56.0kg C.ルメール 古賀 慎明
2 アフランシール 牝3 54.0kg 田辺 裕信 尾関 知人
3 アンクルテイオウ 牡3 56.0kg 高橋 亮
4 ヴィッテルスバッハ 牡3 56.0kg 戸崎 圭太 池上 昌和
5 エリーバラード 牝3 54.0kg 菊沢 隆徳
6 カリボール 牡3 56.0kg 須貝 尚介
7 カルリーノ 牡3 56.0kg 高橋 裕
8 グラナタス 牡3 56.0kg 三浦 皇成 鹿戸 雄一
9 ココフィーユ 牝3 54.0kg 大野 拓弥 斎藤 誠
10 コスモカレンドゥラ 牡3 56.0kg 丹内 祐次 田中 博康
11 ショーヒデキラ 牡3 56.0kg 鈴木 伸尋
12 ダイシンインディー 牡3 56.0kg 武藤 雅 戸田 博文
13 ホープフルサイン 牡3 56.0kg 江田 照男 本間 忍
14 ミッキーブラック 牡3 56.0kg 松岡 正海 音無 秀孝
15 メイショウショウブ 牝3 54.0kg 池添 兼雄
16 ワイドファラオ 牡3 56.0kg 内田 博幸 角居 勝彦

参考 netkeiba

3回中山からのサイン

3回中山は4日まで終了!

 

3回中山の流れを見てみます。

 

3回中山1日 11R  日経賞(12頭立て)

1着  メイショウテッコン 牡4 55kg 1枠1番(逆12番)武豊騎手 3人気

2着 エタリオウ 牡4 55kg 6枠7番(逆6番)M.デムーロ騎手 1人気

 

3回中山2日 11R マーチステークス(16頭立て)

1着 サトノティターン 牡6 55kg  5枠10番(逆7番)石橋脩騎手 8人気

2着 ロンドンタウン 牡6 57.5kg 6枠12番(逆5番)吉田隼人騎手 11人気

 

3回中山3日 11R ダービー卿チャレンジトロフィー(16頭立て)

1着 フィアーノロマーノ マル外 牡5 55kg 1枠2番(逆15番)川田将雅騎手 2人気

2着  プリモシーン 牝4 55kg 6枠12番(逆5番) 福永祐一騎手 3人気

 

3回中山4日 11R 船橋ステークス(14頭立て・取消戦)

1着 ライトオンキュー 牡4 57kg 3枠4番(逆11番)古川吉洋騎手 1人気

2着 オデュッセウス せん6 57kg 2枠2番(逆13番)野中悠太郎騎手 11人気

 

3回中山は1日の日経賞から3日のダービー卿チャレンジトロフィーまで正逆12番で一致。

 

3日のダービー卿チャレンジトロフィーと4日の船橋ステークスは正2番で一致。

スポンサーリンク

最後に

ニュージーランドトロフィーと1着賞金が同じレースは、報知杯弥生賞とフジテレビ賞スプリングステークス。

 

中山2000mの報知杯弥生賞は、京成杯(中山2000m)の覇者のラストドラフトの対角配置にいたメイショウテンゲンが1着。

 

中山1800mのフジテレビ賞スプリングステークスは、中山1800mの500万下条件戦の若竹賞1着馬のヒシイグアスの対角配置のエメラルファイトが1着。

 

ならば、中山1600mのリステッド競走・ジュニアカップの2着馬カルリーノの対角配置が2着?

スポンサーリンク