NHKマイルカップは、今年アーリントンカップが前哨戦となり、優先出走権が前年の3枠から6枠となりました。

 

優先出走権が増えれば、賞金額が少ない馬は出走が厳しくなります。

 

実際に賞金額が収得賞金額が900万円の馬は、NHKマイルカップ2018に出走できていません。

 

唯一出走できたのは、トーセンブレスが回避したことによるファストアプローチだけです。

 

キーホースはファストアプローチなのかも知れません。

 

今回はNHKマイルカップ2018の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

名馬の肖像からのサイン

出典 JRA

 

名馬の肖像はディープスカイ。

 

ディープスカイは5枠9番、四位洋文騎手騎乗で1人気で勝っています。

 

また、ディープスカイの初勝利は年明けで、アーリントンカップ3着から毎日杯1着を経て、NHKマイルカップを勝っています。

第23回開催からのサイン

NHKマイルカップ2018は第23回開催です。

 

今年、第23回開催で開催されたのはシルクロードステークスとアンタレスステークス。

 

シルクロードステークス(18頭立て)

1着 ファインニードル 1枠1番(逆18番)川田将雅騎手 4人気

2着 セイウンコウセイ 4枠7番(逆12番)松田大作騎手 5人気

 

アンタレスステークス(16頭立て)

1着 グレイトパール 1枠1番(逆16番)川田将雅騎手 1人気

2着 ミツバ 8枠15番(逆2番)松山弘平騎手 3人気

 

シルクロードステークスとアンタレスステークスの共通項は、1着に1枠1番と川田騎手でしょうか。

スポンサーリンク

2歳G1と3歳G1からのサイン

ホープフルステークスがG1化されたことに伴い、2歳G1は3レースとなりました。

 

ホープフルステークスと皐月賞は中山2000mで行われ、阪神ジュベナイルフィリーズと桜花賞は阪神1600mで行われるレースです。

 

残ったのは朝日杯フューチュリティステークスとNHKマイルカップ。

 

同じ1600mで行われながら、開催競馬場が異なるレースです。

 

まずは、ホープフルステークスと皐月賞を比較してみます。

 

ホープフルステークス(17頭立て)

1着 タイムフライヤー 4枠7番(逆11番)C.デムーロ騎手 1人気

2着 ジャンダルム マル外 8枠15番(逆3番)武豊騎手 4人気

3着 ステイフーリッシュ 7枠13番(逆5番)中谷雄太騎手 8人気

 

皐月賞(16頭立て)

1着 エポカドーロ 4枠7番(逆10番)戸崎圭太騎手 7人気

2着 サンリヴァル 7枠14番(逆3番)藤岡佑介騎手 9人気

3着 ジェネラーレウーノ 5枠10番(逆7番)田辺裕信騎手 8人気

 

ホープフルステークスと皐月賞は1着が正7番で一致、2着が逆3番で一致、3着が8人気で一致させています。

 

次に阪神ジュベナイルフィリーズと桜花賞を比べてみます。

 

阪神ジュベナイルフィリーズ(18頭立て)

1着 ラッキーライラック 6枠11番(逆8番)石橋脩騎手 2人気

2着 リリーノーブル 4枠7番(逆12番)川田将雅騎手 3人気

3着 マウレア 2枠4番(逆15番)戸崎圭太騎手 4人気

9着  ロックディスタウン 8枠18番(逆1番)ルメール騎手 1人気

 

桜花賞(18頭立て・出走取消戦)

1着 アーモンドアイ 7枠13番(逆6番)ルメール騎手 2人気

2着 ラッキーライラック 1枠1番(逆18番)石橋脩騎手 1人気

3着 リリーノーブル 5枠9番(逆10番)川田将雅騎手 3人気

 

阪神ジュベナイルフィリーズで1人気に騎乗していたルメール騎手が、桜花賞で1着馬アーモンドアイに騎乗しています。

 

2着は阪神ジュベナイルフィリーズで2人気のラッキーライラックに騎乗していた石橋脩騎手が、桜花賞でもラッキーライラックに騎乗し2着。

 

3着は阪神ジュベナイルフィリーズで3人気のリリーノーブルに騎乗していた川田将雅騎手が、桜花賞でもリリーノーブルに騎乗し3着。

 

やはり、関連性がありました。

 

残った朝日杯フューチュリティステークスの結果は以下のとおりです。

 

朝日杯フューチュリティステークス(16頭立て)

1着 ダノンプレミアム 1枠1番(逆16番)川田将雅騎手 1人気 中内田充正厩舎

2着 ステルヴィオ 5枠10番(逆7番)C.デムーロ騎手 3人気 木村哲也厩舎

3着 タワーオブロンドン 2枠3番(逆14番)ルメール騎手 2人気 藤沢和雄厩舎

スポンサーリンク

NHKマイルカップ2018の予想の結論

2歳G1の結果は阪神ジュベナイルフィリーズが4枠7番のリリーノーブルが2着、朝日杯フューチュリティステークスが逆7番のステルヴィオが2着、ホープフルステークスが4枠7番のタイムフライヤーが1着となっています。

 

一方、3歳G1の結果は桜花賞が7人気のレッドレグナントを同枠にしたアーモンドアイが1着、皐月賞が7人気のエポカドーロが1着となっています。

 

現在のNHKマイルカップの7人気は8枠16番のミスターメロディー。

 

おそらく、当日も7人気を維持すると見て、ミスターメロディーの同枠馬に期待したいと思いますが、軸はパクスアメリカーナにします。

 

相手は、タワーオブロンドンとロックディスタウン、プリモシーン、ルーカス、ダノンスマッシュにします。

 

抑えにダノンスマッシュからロックディスタウン。