サマー2000シリーズのチャンピオン馬には褒賞金として馬主に3,200万円、厩舎関係者に800万円交付されます。

 

現在、サマー2000シリーズのトップにいるのはサングレーザー!

 

サングレーザーの馬主はG1レーシングで、調教師は浅見秀一氏です。

 

ただし、この馬は12ポイントしか得てないので、サマー2000シリーズのチャンピオンにはなれません。

 

シリーズチャンピオンになるには13ポイントが必要です。

 

今回は、サマー2000シリーズの最終戦・新潟記念2018の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

新潟記念2018の出馬表

出典 JRA

 

新潟記念2018には14頭が登録し、コパノマリーンが回避し、13頭立てとなっています。

 

現在のところ、1人気はブラストワンピース、2人気はグリュイエール、3人気はセダブリランテスとなっています。

 

出馬表を見ると、シルクレーシングが最内枠と大外枠、キャロットファームが正逆5番にいます。

 

ここは気になるところです。

1枠 1番 ブラストワンピース 牡3 54.0kg 池添 謙一 大竹 正博
2枠 2番 マイネルハニー 牡5 57.0kg 柴田 大知 栗田 博憲
3枠 3番 ベアインマインド 牝5 50.0kg 藤田 菜七子 加藤 征弘
4枠 4番 ショウナンバッハ 牡7 53.0kg 三浦 皇成 上原 博之
5番 メートルダール 牡5 57.0kg 福永 祐一 戸田 博文
5枠 6番 メドウラーク 牡7 56.0kg 丸田 恭介 橋田 満
7番 マイネルミラノ 牡8 56.0kg 津村 明秀 相沢 郁
6枠 8番 ストーンウェア 牡6 54.0kg 蛯名 正義 吉田 直弘
9番 レアリスタ 牡6 54.0kg 石橋 脩 堀 宣行
7枠 10番 グリュイエール 牡6 55.0kg 戸崎 圭太 藤原 英昭
11番 エンジニア 牡5 54.0kg 北村 宏司 牧 光二
8枠 12番 スズカディープ せん6 53.0kg 内田 博幸 橋田 満
13番 セダブリランテス 牡4 57.5kg 石川 裕紀人 手塚 貴久

参考 netkeiba

サマー2000シリーズからのサイン

札幌記念が終了して、現在のサマー2000シリーズのトップは札幌記念を勝ったサングレーザーの12ポイント!

 

過去のサマー2000シリーズで、札幌記念が終了した段階で、トップが12ポイントだった年は2010年と2012年。

 

2010年新潟記念は七夕賞1着馬が出走し、函館記念1着馬と小倉記念1着馬が出走しない構成。

 

2012年新潟記念が七夕賞1着馬、函館記念1着馬、小倉記念1着馬が出走する構成。

 

新潟記念2018は2010年新潟記念に似ています。

 

2010年新潟記念の結果を見てみます。

 

2010年新潟記念(17頭立て)

1着  ナリタクリスタル 牡4 55㎏ 4枠8番(逆10番)幸英明騎手 5人気

前走 小倉記念(小倉2000m)2人気4着

前々走 1600万下条件戦・釜山ステークス(小倉1800m)1人気1着

同枠 スリーオリオン 牡5 55㎏ 内田博幸騎手 3人気

前走 1600万下条件戦・日本海ステークス(新潟2200m)1人気1着

前々走 1600万下条件戦・ジューンステークス(東京2400m)2人気2着

2着 トウショウシロッコ 牡7 56㎏ 3枠6番(逆12番)吉田豊騎手 10人気

前走 七夕賞(福島2000m)4人気5着

前々走 福島民報杯(福島2000m)4人気12着

3着 サンライズベガ 牡6 55㎏ 3枠5番(逆13番)松岡正海騎手 4人気

前走 小倉記念(小倉2000m)3人気7着

前々走 七夕賞(福島2000m)1人気3着

11着 ドモナラズ 牡5 55㎏ 8枠17番(逆1番)柴田善臣騎手 16人気

前走 小倉記念(小倉2000m)7人気11着

前々走 七夕賞(福島2000m)11人気1着

 

2010年新潟記念1着馬のナリタクリスタルは、サマー2000シリーズに小倉記念のみ出走し、3ポイント稼いでいた馬。

 

また、2010年新潟記念2着馬のトウショウシロッコは、サマー2000シリーズに七夕賞のみ出走し、2ポイント稼いでいた馬。

 

2010年新潟記3着馬のサンライズベガは、サマー2000シリーズに七夕賞と小倉記念に出走し、5ポイント稼いでいた馬。

 

新潟記念2018の出走馬で、サマー2000シリーズでポイントを稼いでいる馬はマイネルハニー、メドウラーク、マイネルミラノ、ストーンウェアの4頭。

 

この中では、ストーンウェアが2ポイント獲得しているので、2010年新潟記念2着馬のトウショウシロッコに近いですね。

 

また、メドウラークが2ポイント以上を加算しなければ、サマー2000シリーズのチャンピオンは誕生しません。

藤田菜七子騎手からのサイン

藤田菜七子騎手の今年の重賞騎乗はフェアリーステークスとユニコーンステークスだけ。

 

フェアリーステークス(16頭立て)

9着 ジョブックコメン 3枠6番 藤田菜七子騎手騎乗 10人気

⇒2着 スカーレットカラー 5枠10番

 

ユニコーンステークス(16頭立て)

11着 ミックベンハー 8枠16番 藤田菜七子騎手騎乗 14人気

⇒1着 ルヴァンスレーヴ 7枠14番  

スポンサーリンク

新潟記念2018の予想の結論

WIN5が5レース目に設置されたことを示すには、重いハンデの馬か1人気が勝つのがいいのではないでしょうか。

 

新潟記念は3歳馬が勝ったことのないレースなので、セダブリランテスを軸と考えます。

 

セダブリランテスはハンデ戦のラジオNIKKEI賞と 日刊スポーツ賞中山金杯を勝っている馬です。

 

この馬でなければ、大阪杯1着同枠のメートルダールだと思います。

 

セダブリランテスからメートルダール、 メドウラーク、ストーンウェア、ブラストワンピース、ベアインマインドに流してみます。

スポンサーリンク