新潟記念は1人気の3歳馬・ブラストワンピースが1着になり、6人気のメートルダールが2着となりました。

 

一方、小倉2歳ステークスはセプタリアンが外枠出走というアクシデントがあったせいか、3人気のファンタジストが1着、2着にはブービー人気のアズマヘリテージが入り荒れた結果となりました。

 

そして、前日に行われた札幌2歳ステークスは6人気のニシノデイジーが勝っています。

 

今回は札幌2歳ステークス2018、小倉2歳ステークス2018、新潟記念2018の順に後検証(回顧)を行いたいと思います。

スポンサーリンク

札幌2歳ステークス2018の後検証(回顧)

出典 JRA

 

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 3 3 ニシノデイジー 勝浦正樹 6
2着 8 14 ナイママ 五十嵐冬樹 4
3着 1 1 クラージュゲリエ M.デムーロ 1

重賞で騎乗すると、隣の馬を連対させるサイン騎手の 加藤祥太騎手のサインがここでも炸裂しましたね。

 

札幌2歳ステークス2018で、加藤祥太騎手は3枠4番に騎乗していますから、 ニシノデイジーかアフランシールは連対するのではと思い、アフランシールを相手に取りましたが、逆のニシノデイジーの方でしたね。

 

また、地方馬が中央の2歳のオープンレースを連対すると、次の2歳重賞で連対することが多いため、ナイママは切れません。

 

ナイママか対角のクラージュゲリエかどちらかは連対すると思いましたが、ナイママの方でしたね。

 

3着には1人気のクラージュゲリエでしたが、乗り替わりがいけなかったのでしょうか。

小倉2歳ステークス2018の後検証(回顧)

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 4 6 ファンタジスト 武豊 3
2着 6 9 アズマヘリテージ 荻野極 13
3着 5 8 ミヤジシルフィード 和田竜二 9

これは予想段階の途中で気付いたことなんですが、今年のご当地2歳重賞は1着が統一されていました。

 

函館2歳ステークス

1着 アスターペガサス 3枠6番

 

新潟2歳ステークス

1着 ケイデンスコール 6枠6番

 

札幌2歳ステークス

1着 ニシノデイジー 6人気

 

そして小倉2歳ステークス2018は4枠6番のファンタジストが1着。

 

このため、6番のファンタジストと6人気のブルベアオーロは予想に入れています。

 

ただし、軸が狂っていましたね。

 

2着になったアズマヘリテージなんですが、スプリンターズステークスのCMが放送されていて、「レースはいつも、東で!西で!」と描かれています。

出典 JRA

 

前日の札幌2歳ステークスでは、 西山茂行氏が馬主のニシノデイジーが1着に来ているなら、哲次氏が馬主のアズマヘリテージが来てもおかしくないですよね。

 

当然、この馬も相手に入れています。

 

3着には川又賢治サインのミヤジシルフィードでした。

 

しかし、連対禁止の3着席です。

 

このレースは外れましたが、楽しめましたからいいです。

新潟記念2018の後検証(回顧)

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 1 1 ブラストワンピース 池添謙一 1
2着 4 5 メートルダール 福永祐一 6
3着 4 4 ショウナンバッハ 三浦皇成 13

 

WIN5の5レース目に変更された新潟記念2018は3歳馬のブラストワンピースにあっさりと勝たれてしまいました。

 

格が上がったのだから、それを示すためには1人気かトップハンデの馬で、選ばれたのがブラストワンピースということです。

 

市原隼人のサインはイチ=1でしたね。

 

逆1番かなと思いましたが…

 

2着に入ったメートルダールは大阪杯1着同枠ということで、G1敗退馬の救済ですね。

 

3着に入ったショウナンバッハは2着馬の同枠馬だから、3着に入ったということなんでしょうが、来年への布石かも知れません。

 

これで、夏競馬は終了ですが、当たった方はおめでとうございます。

 

外れた方は、来週リベンジしましょうね。

スポンサーリンク

最後に

サマー2000シリーズはメドウラークがちゃっかり5着に入り、チャンピオンになっています。

 

おそらく、サマー2000シリーズとサマースプリントシリーズはチャンピオンを誕生させるシリーズなのでしょう。

 

一方、サマーマイルシリーズはチャンピオンがいても、いなくても構わないシリーズ。

 

京成杯オータムハンデキャップの登録馬には中京記念1着馬もいなければ、関屋記念1着馬もいません。

 

来週には秋華賞の前哨戦の紫苑ステークスもあります。

 

秋競馬、頑張りましょう!

スポンサーリンク