昨年の日経新春杯は、降雪のために開催が2日遅れました。

 

中京開催も降雪の影響で1日遅くなり、WIN5を行わないレースとなりました。

 

その影響で、日経新春杯で連対したミッキーロケットとシャケトラはG1戦で絡むことなく終わりました。

 

日経新春杯2018には、前年1着馬のミッキーロケットと前年3着馬のモンドインテロがエントリーしています。

 

果たして、この2頭は日経新春杯2018で連対することができるのでしょうか?

 

今回は、日経新春杯2018のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

日経新春杯2018の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

日経新春杯2018の出走予定(特別登録)は13頭。

 

登録段階でフルゲート割れが確定しています。

 

昨年いなかった牝馬がサンタフェチーフとリカビトスの2頭登録していますね。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アクションスター 牡8 52.0kg 太宰 啓介 音無 秀孝
2 カラビナ 牡5 52.0kg 幸 英明 藤岡 健一
3 ガンコ 牡5 52.0kg 酒井 学 松元 茂樹
4 サンタフェチーフ 牝6 52.0kg 四位 洋文 斉藤 崇史
5 ソールインパクト 牡6 54.0kg 福永 祐一 戸田 博文
6 トルークマクト 牡8 52.0kg 尾関 知人
7 パフォーマプロミス 牡6 54.0kg M.デムーロ 藤原 英昭
8 ヒットザターゲット 牡10 56.0kg 小牧 太 加藤 敬二
9 ベルーフ 牡6 56.0kg 川田 将雅 池江 泰寿
10 ミッキーロケット 牡5 57.5kg 和田 竜二 音無 秀孝
11 モンドインテロ 牡6 57.0kg C.ルメール 手塚 貴久
12 リカビトス 牝4 50.0kg 奥村 武
13 ロードヴァンドール 牡5 56.0kg 横山 典弘 昆 貢

参考 netkeiba

イベントからのサイン

第1回京都競馬開催イベントを見ると、日経新春杯2018が行われる1月14日は「キラキラ☆プリキュアアラモード ショー」があります。

 

「キラキラ☆プリキュアアラモード ショー」ということは牝馬でしょうか。

2007年日経新春杯からのサイン

日経新春杯2018は第65回の閉幕戦で行われます。

 

では、前回の閉幕戦である2007年(第54回)日経新春杯はどのような結果だったのでしょうか?

 

2007年日経新春杯(12頭立て)

1着 トウカイワイルド 3枠3番(逆10番)54㎏ 安藤勝己騎手 5人気

前走 1600万下条件戦・オリオンステークス(阪神2400m)3人気2着

2着 トウカイエリート 6枠8番(逆5番)54㎏ 赤木高太郎騎手 4人気

前走 1600万下条件戦・オリオンステークス(阪神2400m)4人気1着

同枠  ワイアットアープ  畑端省吾騎手 49㎏ 最下位人気

前走 1000万下条件戦・江坂特別(阪神2400m)12人気10着

3着 ダークメッセージ 5枠5番(逆8番)50㎏ 酒井学騎手 9人気

前走 500万下条件戦・平場(中京ダート2300m)2人気1着

同枠 ジャッキーテースト マル地 牝馬 川島信二騎手 8人気

前走 1000万下条件戦・クリスマスキャロル賞(阪神1800m)4人気3着

 

2007年日経新春杯で1着となったトウカイワイルドと2着となったトウカイエリートは同一馬主。

 

しかも、前走はオリオンステークスの1・2着馬。

 

2007年は条件馬のオンパレードでしたね。

 

この結果から、日経新春杯2018を見てみます。

 

2007年日経新春杯の1着馬と同じオリオンステークス2着馬がいます。

 

サンタフェチーフです。

スポンサーリンク

最後に

アルゼンチン共和国杯2着馬のソールインパクトが54㎏、1600万下条件戦のグレイトフルステークス1着馬の パフォーマプロミスが同じく54㎏とは面白いですね。

 

明らかに、ソールインパクトは斤量に恵まれた感じです。

 

また、出馬表が出たら検討したいと思います。

スポンサーリンク