火曜日に延期された京都競馬場のメーンレースの日経新春杯の出馬表が出ました。

 

このレースの番組設計は、サラ系4歳以上が出走できるオープンレースで、2,400mのハンデ戦。

 

そして、(国際)[指定]という表記ですから外国馬も出走できる国際競走で、地方競馬所属の騎手が出走できるレースということになります。

 

WIN5から外れた2017年の日経新春杯を勝つのは、どの馬なんでしょうね。

 

競馬初心者の方も予想してみてください。

スポンサーリンク

変更前と変更後の出馬表の比較

 

2017年の日経新春杯の変更前と変更後の出馬表を比較してみましょう。

 

日経新春杯の変更前の出馬表はこちらです。

馬番 馬名 騎手
1 1 ウインインスパイア 三津谷
2 2 ダコール 小牧
3 3 アドマイヤフライト フォーリー
3 4 シャケトラ 浜中
4 5 アクションスター 松若
4 6 レッドエルディスト 四位
5 7 マドリードカフェ 川島
5 8 ミッキーロケット 和田
6 9 カフジプリンス 福永
6 10 モンドインテロ シュミノー
7 11 ヤマカツライデン 池添
7 12 テイエムナナヒカリ 田中健
8 13 トルークマクト 武豊
8 14 レーヴミストラル デムーロ

 

そして、変更後の出馬表はこちらです。

馬番 馬名 騎手
1 1 トルークマクト 武豊
2 2 ヤマカツライデン 池添
3 3 シャケトラ 浜中
3 4 マドリードカフェ 川島
4 5 ミッキーロケット 和田
4 6 アクションスター 松若
5 7 カフジプリンス 福永
5 8 モンドインテロ シュミノー
6 9 レッドエルディスト 四位
6 10 テイエムナナヒカリ 田中健
7 11 アドマイヤフライト フォーリー
7 12 ダコール 小牧
8 13 ウインインスパイア 三津谷
8 14 レーヴミストラル デムーロ

変更前と変更後で大外枠の14番という馬番が変わらなかったレーヴミストラル。

 

枠番は変わったものの、変更後も同枠となったカフジプリンスとモンドインテロ。

 

このあたりは怪しいですね。

ニューイヤーステークスと知多特別の結果

WIN5の指定レースだったにもかかわらず、中京・京都競馬場が降雪のため中止になったことでWIN5から外れたニューイヤーステークス。

 

その結果は、1着馬が前走5回阪神5日のリゲルステークスで1着となっていたマイネルアウラート。

 

この馬は、昨年6月26日に行われたWIN5指定レースのパラダイスステークスで1着となっていた馬です。

 

また、2着馬は昨年11月13日に行われたWIN5指定レースの奥多摩ステークスで1着となっていたグランシルクです。

 

 

そして、WIN5の指定レースだったにもかかわらず、月曜日に延期となり、WIN5から外れた中京競馬場の知多特別。

 

1着となったのは、昨年4月24日に行われたWIN5指定レースの福島中央テレビ杯で1着となったスマートカルロス。

 

2着となったのは、昨年12月に平場の500万下条件戦を勝ったばかりのワントゥワンです。

 

この両レースからは、WIN5の否定はありませんでした。

火曜日開催の意味?

本来ならば、中京競馬場のように月曜日に開催しても良いのに、なぜ火曜日に開催するのかという疑問がありますよね。

 

そして、配置を並べ替えるということを、なぜしたのでしょう。

 

過去に遡ると、降雪の影響で火曜日に開催された重賞レースがあります。

 

2014年2月18日に行われたデイリー杯クイーンカップというレースでした。

 

でも、このレースは3歳牝馬のレースで、古馬戦ではありませんでした。

 

 

同じ2014年に台風によって延期され、火曜日に行われたレースがあります。

 

2014年10月14日に行われた京都大賞典です。

 

このレースは、京都競馬場で行われた2400mの別定戦です。

 

ハンデ戦と別定戦の違いはありますが、同じ京都競馬場の2400mのレースです。

 

ちょっと臭いますね。

 

この京都大賞典はラストインパクトとタマモベストプレイという4歳馬同士の決着でした。

 

12頭立ての6枠と7枠で、馬番は7番と10番でした。

 

逆から数えてみると、6番と3番ですね。

シャケトラの変更前と変更後の同枠馬

今回、変更された馬番で3番に配置されたシャケトラは、マンハッタンカフェ産駒です。

 

変更前はアドマイヤフライトと同枠でしたが、この馬もマンハッタンカフェ産駒です。

 

そして、変更後に同枠となったマドリードカフェもまた、マンハッタンカフェ産駒です。

 

変更前も変更後も同じマンハッタンカフェ産駒が並んでいることになります。

スポンサーリンク

まとめ

 

はじめ、この2017年の日経新春杯の予想はしない予定でしたが、火曜日になったことで急遽してみました。

 

シャケトラが3番に配置されていますが、この馬のオーナーは金子真人HDです。

 

ちょうど、同じオーナーのマカヒキが勝った日本ダービーも3番でしたよね。

 

もちろん2400mという距離も同じです。

 

相手は当然、モンドインテロとカフジプリンスです。

 

モンドインテロは、火曜日に延期された京都大賞典のラストインパクトと同じシルクレーシングです。

 

2016年の日本ダービーと同じ出目で3連単という買い方もありですね。

スポンサーリンク