3日間開催の中日となる1月13日には、京都競馬場で日経新春杯があります。

 

今年の日経新春杯は第66回のゾロ目回!

 

しかも、来年は平成ではない新年号による開催となります。

 

今回は、ゾロ目回となる日経新春杯2019の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

日経新春杯2019の出馬表

出典 JRA

 

日経新春杯2019には17頭が登録し、ミライヘノツバサが回避し、16頭立てとなっています。

 

現在のところ、1人気はグローリーヴェイズ、2人気はムイトオブリガード、3人気はメイショウテッコンとなっています。

1枠 1番 マサハヤドリーム 牡7 55.0kg 北村 友一 今野 貞一
2番 グローリーヴェイズ 牡4 55.0kg M.デムーロ 尾関 知人
2枠 3番 エーティーサンダー 牡6 51.0kg 酒井 学 湯窪 幸雄
4番 アフリカンゴールド 牡4 52.0kg F.ミナリク 西園 正都
3枠 5番 シュペルミエール 牡6 55.0kg 北村 宏司 木村 哲也
6番 サラス 牝4 49.0kg 松若 風馬 西村 真幸
4枠 7番 ガンコ 牡6 57.0kg 藤岡 佑介 松元 茂樹
8番 ウインテンダネス 牡6 56.0kg 内田 博幸 杉山 晴紀
5枠 9番 ケントオー 牡7 55.0kg 和田 竜二 西橋 豊治
10番 ルックトゥワイス 牡6 55.0kg 岩田 康誠 藤原 英昭
6枠 11番 ノーブルマーズ 牡6 56.0kg 高倉 稜 宮本 博
12番 メイショウテッコン 牡4 56.0kg 武 豊 高橋 義忠
7枠 13番 ダッシングブレイズ 牡7 56.0kg 福永 祐一 斉藤 崇史
14番 アイトーン 牡4 54.0kg 国分 恭介 五十嵐 忠男
8枠 15番 ロードヴァンドール 牡6 56.0kg 横山 典弘 昆 貢
16番 ムイトオブリガード 牡5 56.0kg 川田 将雅 角田 晃一

参考 netkeiba

ゾロ目回の日経新春杯からのサイン

日経新春杯2019は第66回のゾロ目開催!

 

では、前回のゾロ目開催だった第55回(2008年)の日経新春杯の結果はどうだったのでしょうか?

 

第55回(2008年)日経新春杯(16頭立て)

1着 アドマイヤモナーク 牡7 56㎏ 1枠2番(逆15番)安藤勝己騎手 3人気

前走 万葉ステークス(京都3000m)2人気3着

前々走 ステイヤーズステークス(中山3600m)5人気3着

同枠 アドマイヤジュピタ 牡5 57㎏ 岩田康誠騎手 1人気

前走  アルゼンチン共和国杯(東京2500m)2人気1着

前々走 1000万下条件戦・鳴滝特別(京都2200m)1人気1着

2着 ダークメッセージ 牡5 55㎏ 6枠12番(逆5番)武豊騎手 2人気

前走 万葉ステークス(京都3000m)3人気2着

前々走 1600万下条件戦・オリオンステークス(阪神2400m)4人気4着

同枠  トウカイエリート 牡8 56㎏ 池添謙一騎手 5人気

前走 アンドロメダステークス(京都2000m)3人気2着

前々走 天皇賞(春)(京都3200m)13人気6着

2007年日経新春杯2着馬

3着 テイエムプリキュア 牝5 50㎏ 8枠15番(逆2番) 酒井学騎手 12人気

前走 万葉ステークス(京都3000m)12人気8着(1着平行)

前々走 愛知杯(中京2000m)15人気10着

 

第55回日経新春杯で1着となったのは、1人気のアドマイヤジュピタと同枠のアドマイヤモナーク。

 

アドマイヤジュピタは特別指定交流競走のハンデG2であるアルゼンチン共和国杯の1着馬で、前年の日経新春杯で1着同枠馬でした。

 

2着のダークメッセージの同枠には、前年の日経新春杯2着馬のトウカイエリートがいました。

 

また、前年の日経新春杯1着馬のトウカイワイルドには、第55回(2008年)日経新春杯1着馬のアドマイヤモナークと同じ安藤勝己騎手が騎乗していました。

1回京都からのサイン

1回京都は3日目までが終了!

 

1回京都の流れから、サインはあるのでしょうか?

 

1回京都1日 11R スポーツニッポン賞京都金杯(17頭立て)

1着 パクスアメリカーナ 牡4 55㎏ 6枠12番(逆6番)川田将雅騎手 1人気

2着 マイスタイル 牡5 56㎏ 8枠15番(逆3番)田中勝春騎手 5人気

 

1回京都2日 11R 日刊スポーツ賞シンザン記念(12頭立て)

1着 ヴァルディゼール 牡3 56㎏ 2枠2番(逆11番)北村友一騎手 4人気

2着 マイネルフラップ 牡3 56㎏ 1枠1番(逆12番)吉田隼人騎手 10人気

 

1回京都3日 11R 羅生門ステークス(13頭立て)

1着 イシュトヴァーン 牡4 56㎏ 1枠1番(逆13番) 浜中俊騎手 1人気

2着 レイダー 牡5 57㎏ 2枠2番(逆12番)岩田康誠騎手 4人気

 

ここまでは、正逆12番が連動しています。

 

また、日刊スポーツ賞シンザン記念と羅生門ステークスで正1番と2番の連動も見られます。

スポンサーリンク

日経新春杯2019の予想の結論

難解なレースですね。

 

京都1600mのスポーツニッポン賞京都金杯は、今年リステッド競走になる阪神1600mのリゲルステークスを勝ったパクスアメリカーナが勝ちました。

 

そして、中山2000mの日刊スポーツ賞中山金杯は、今年リステッド競走になる福島2000mの福島民報杯を勝ったマイネルサージュと同枠のステイフーリッシュが2着。

 

上記2レースの結果を見ると、今年リステッド競走になる京都1800mの白百合ステークス1着のメイショウテッコン、阪神2000mの若葉ステークス1着のアイトーンの枠は、一見使われそうなんですが、該当距離に不安があります。

 

そこで、前年の日経新春杯2着馬ロードヴァンドールの筋が、同枠ムイトオブリガード、対角グローリーヴェイズ、平行ガンコであることから、ムイトオブリガードを軸にします。

 

相手はアフリカンゴールド、メイショウテッコン、グローリーヴェイズに。

 

抑えに、アフリカンゴールドからガンコとノーブルマーズ。

スポンサーリンク