天皇賞(春)のステップレースは、阪神大賞典と日経賞。

 

阪神大賞典と日経賞の1着馬には、天皇賞(春)の優先出走権が与えられます。

 

阪神大賞典は、2017年の有馬記念以来の出走となったアメリカジョッキークラブカップで見事に復活したシャケトラが制しました

 

日経賞では、どんな馬が勝つのでしょうね。

 

今回は、日経賞2019の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

日経賞2019の出馬表

出典 JRA

 

日経賞2019には13頭が登録し、サトノティターンが回避し、12頭立てとなっています。

 

現在のところ、1人気はエタリオウ、2人気はメイショウテッコン、3人気はルックトゥワイスとなっています。

 

8枠の2頭は、海外遠征した馬同士ですね。

1枠 1番 メイショウテッコン 牡4 55.0kg 武 豊 高橋 義忠
2枠 2番 ゴーフォザサミット 牡4 56.0kg 石橋 脩 藤沢 和雄
3枠 3番 アクションスター 牡9 56.0kg 大野 拓弥 和田 勇介
4枠 4番 サクラアンプルール 牡8 56.0kg 横山 典弘 金成 貴史
5枠 5番 ブラックバゴ 牡7 56.0kg 池添 謙一 斎藤 誠
6番 ルックトゥワイス 牡6 56.0kg 戸崎 圭太 藤原 英昭
6枠 7番 エタリオウ 牡4 55.0kg M.デムーロ 友道 康夫
8番 グランアルマダ せん7 56.0kg 石川 裕紀人 西園 正都
7枠 9番 カフェブリッツ 牡6 56.0kg 蛯名 正義 池江 泰寿
10番 ハッピーグリン 牡4 55.0kg 服部 茂史 田中 淳司
8枠 11番 チェスナットコート 牡5 56.0kg 坂井 瑠星 矢作 芳人
12番 クリンチャー 牡5 56.0kg 三浦 皇成 宮本 博

2004年と2006年の日経賞からのサイン

日経賞2019と裏番組の毎日杯に、地方馬が出走してきました。

 

日経賞と裏番組の毎日杯で、ともに地方馬が出走していたのは2004年と2006年。

 

2004年日経賞(14頭立て)

1着 ウインジェネラーレ 牡4 56kg 3枠3番(逆12番)蛯名正義騎手 2人気

前走 アメリカジョッキークラブカップ(中山2200m・カク指定・別定)3人気2着

前々走 1600万下条件戦・冬至ステークス(中山2500m)2人気1着

2着  ゼンノロブロイ 牡4 57kg 4枠6番(逆9番)柴田善臣騎手 1人気

前走 有馬記念(中山2500m)3人気3着

前々走 菊花賞(京都3000m)2人気4着

3走前 神戸新聞杯(阪神2000m)3人気1着

3着 ダービーレグノ 牡6 57kg 1枠1番(逆14番) 田中勝春騎手 10人気

前走 京都記念(京都2200m)8人気9着

前々走 日経新春杯(京都2400m)3人気3着

 

2006年日経賞(13頭立て)

1着 リンカーン 牡6 58kg 3枠3番(逆11番)横山典弘騎手 1人気

前走 有馬記念(中山2500m)6人気3着

前々走 ジャパンカップ(東京2400m)9人気4着

4走前 京都大賞典(京都2400m・指定・別定)1人気1着

2着 ストラタジェム 牡5 57kg 8枠13番(逆1番)M.デムーロ騎手 6人気

前走 1600万下条件戦・ 御堂筋ステークス(阪神2500m)1人気2着

前々走 1600万下条件戦・松籟ステークス(京都2400m)4人気3着

3着 ブルートルネード 牡5 57kg 4枠5番(逆9番)蛯名正義騎手 8人気

前走 京都記念(京都2200m)8人気10着

前々走 1600万下条件戦・  石清水ステークス(京都1600m)3人気1着

 

2004年日経賞2着馬のゼンノロブロイは日本ダービー2着馬、2006年日経賞1着馬のリンカーンは菊花賞2着馬。

 

また、2004年日経賞1着馬のウインジェネラーレは中山2500mの条件戦1着歴があり、2006年日経賞2着馬のストラタジェムは阪神2500mの条件戦2着歴があります。

スポンサーリンク

日経賞2019の予想の結輪

2004年日経賞と2006年日経賞から浮上するのは、菊花賞2着馬のエタリオウと1600万下条件戦のグレイトフルステークス(中山2500m)1着歴のあるルックトゥワイス。

 

まずは、この2頭の組み合わせ。

 

そして、エタリオウから8枠2頭とカフェブリッツへ。

スポンサーリンク