夕刊フジ賞オーシャンステークス2017の出馬表が確定しましたね。

 

夕刊フジ賞オーシャンステークス2017の特別登録は18頭。

 

セン馬のオメガヴェンデッタが回避し、マル外のマイネルエテルネルが除外となっています。

 

現在のところ、1人気はメラグラーナ、2人気はブレイブスマッシュ、3人気はクリスマスとなっています。

スポンサーリンク

夕刊フジ賞オーシャンステークス2017の出馬表

1枠 1番  ペイシャフェリス 54.0キロ 内田 博幸
2番  ナックビーナス 54.0キロ 石川 裕紀人
2枠 3番  ブレイブスマッシュ 56.0キロ 横山 典弘
4番  クリスマス 54.0キロ 勝浦 正樹
3枠 5番  バクシンテイオー 56.0キロ A.シュタルケ
6番  ウインムート 56.0キロ 松山 弘平
4枠 7番  トウショウピスト 56.0キロ 吉田 豊
8番  レッドアリオン 56.0キロ 田辺 裕信
5枠 9番 マル外  メラグラーナ 54.0キロ 戸崎 圭太
10番  スノードラゴン 57.0キロ 大野 拓弥
6枠 11番  コスモドーム 56.0キロ 松岡 正海
12番  ラインハート 54.0キロ 蛯名 正義
7枠 13番  フレイムヘイロー 56.0キロ 西田 雄一郎
14番  ブラヴィッシモ 56.0キロ 北村 宏司
8枠 15番  シカク地ブレイズアトレイル 56.0キロ 笹川 翼
16番  アースソニック 56.0キロ 石橋 脩

出馬表を見て気になる点は、ダイワメジャー産駒のナックビーナスとブレイズアトレイルが対角配置になっていることです。

阪急杯から見た夕刊フジ賞オーシャンステークス

阪急杯でマル地のヒルノデイバローが2着となりました。

 

阪急杯で、前走阪神カップ1着馬が出走し、連対を外したのは2012年と2013年。

 

その両年ともにマル地馬のマジンプロスパーが連対していました。

 

マジンプロスパーが阪急杯で2着になった2013年がやはり気になります。

 

2013年夕刊フジ賞オーシャンステークス(16頭立て)

1着 サクラゴスペル 5歳牡馬 4枠8番 56キロ 横山典弘騎手 2人気

前走 ラピスラズリステークス1人気1着

2着 ダッシャーゴーゴー 6歳牡馬 3枠5番 56キロ 川田将雅騎手 1人気

前走 シルクロードステークス4人気2着

同枠 ニシノビークイック  田辺裕信騎手

前走 シルクロードステークス9着(3着同枠)

 

2012年夕刊フジ賞オーシャンステークスは、スプリンターズステークス1着馬のカレンチャンが出走し4着に敗れた年ですね。

 

夕刊フジ賞オーシャンステークス2017にも、過年度のスプリンターズステークス1着馬スノードラゴンが出走します。

 

2012年の結果はこちらに載せてありますが、マル地のヒルノデイバローが阪急杯で2着となっていることから、同じマル地が2着となった2013年を優先したいと思います。

 

そうなると、前走でラピスラズリステークス1人気1着だったマル外のメラグラーナは外せません。 

オメガヴェンデッタとマイネルエテルネル

セン馬のオメガヴェンデッタが回避し、マル外のマイネルエテルネルが除外となっている夕刊フジ賞オーシャンステークス2017ですが、この2頭はなぜか前走で、ダートを走っています。

 

オメガヴェンデッタ 前走 大和ステークス(ダート1200m)6着

マイネルエテルネル 前走 2016ファイナルステークス(ダート1400m)16着

 

前走でダートを走っていた馬は、9歳セン馬のフレイムヘイローと地方馬のブレイズアトレイルです。

 

フレイムヘイロー 前走 バレンタインステークス(ダート1400m)16着

ブレイズアトレイル 前走 絆カップ(ダート1600m)11着

スポンサーリンク

まとめ

2頭登録があったマル外で1頭を除外にしたこと、2013年夕刊フジ賞オーシャンステークスの結果から、マル外のメラグラーナを軸とします。

 

地方馬のブレイズアトレイルの生産牧場であるノーザンファームの代表が吉田勝己氏で、メラグラーナの馬主が吉田勝己氏の妻である吉田和美氏であることも関係性を感じます。

 

メラグラーナがオーストラリア産であることから、2010年に優勝したキンシャサノキセキが気になります。

 

キンシャサノキセキが優勝したときの2着馬は、内田騎手のエーシンエフダンズでした。

 

内田騎手といえば、第1回 夕刊フジ賞オーシャンステークスの優勝騎手です。

 

ここから、メラグラーナの相手として、内田騎手が騎乗するペイシャフェリスの同枠で開催日が1回中山5日から1回中山6日に変更されたナックビーナス、前走でダートを走っていたブレイズアトレイル、そして阪急杯に続いて出走してきたブラヴィッシモと実績馬のスノードラゴン。

 

1番手はナックビーナスでしょうか。

スポンサーリンク