フェブラリーステークス、高松宮記念に続くG1第3弾の大阪杯が行われまます。

 

大阪杯は昨年から賞金の増額が行われない賞金維持戦。

 

ここが、フェブラリーステークス、高松宮記念と異なるところ。

 

賞金維持戦であることを、どのように表現してくるのでしょうか?

 

今回は大阪杯2018の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

大阪杯2018の出馬表

出典 JRA

 

大阪杯2018には17頭が登録し、マルターズアポジーが回避し、16頭立てのフルゲートとなっています。

 

昨年は14頭立てだったので、ここがまず違いますね。

 

また、昨年は牝馬もいなければ、せん馬もいませんでした。

1枠 1番 ミッキースワロー 牡4 57.0kg 横山 典弘 菊沢 隆徳
2番 サトノダイヤモンド 牡5 57.0kg 戸崎 圭太 池江 泰寿
2枠 3番 ヤマカツエース 牡6 57.0kg 池添 謙一 池添 兼雄
4番 シュヴァルグラン 牡6 57.0kg 三浦 皇成 友道 康夫
3枠 5番 ペルシアンナイト 牡4 57.0kg 福永 祐一 池江 泰寿
6番 スマートレイアー 牝8 55.0kg 四位 洋文 大久保 龍志
4枠 7番 ゴールドアクター 牡7 57.0kg 吉田 隼人 中川 公成
8番 アルアイン 牡4 57.0kg 川田 将雅 池江 泰寿
5枠 9番 トリオンフ せん4 57.0kg 田辺 裕信 須貝 尚介
10番 サトノノブレス 牡8 57.0kg 幸 英明 池江 泰寿
6枠 11番 ウインブライト 牡4 57.0kg 松岡 正海 畠山 吉宏
12番 ヤマカツライデン 牡6 57.0kg 酒井 学 池添 兼雄
7枠 13番 マサハヤドリーム 牡6 57.0kg 北村 友一 今野 貞一
14番 ダンビュライト 牡4 57.0kg 浜中 俊 音無 秀孝
8枠 15番 スワーヴリチャード 牡4 57.0kg M.デムーロ 庄野 靖志
16番 メートルダール 牡5 57.0kg 松山 弘平 戸田 博文

 G1ヘッドラインからのサイン

大阪杯2018のG1ヘッドラインは「屈強である勇者だけが春の王道に名を刻む。」

 

昨年の大阪杯が「新たな夢の創世が最強馬の伝説を築く。」ですから、全く違います。

 

気になるワードは「屈強」「勇者」「王道」ですが、過去のG1ヘッドラインにあるのでしょうか?

 

過去のG1ヘッドラインを探してみました。

 

2015年ジャパンカップのG1ヘッドライン

威風堂々たる君臨、屈強な王者が世界の頂点に立つ。

 

2015年チャンピオンズカップのG1ヘッドライン

屈強な勇者が競い合う豪脚、揺るがぬ信念を砂に刻め。

 

2015年菊花賞のG1ヘッドライン

菊咲く夢の王道、若者のすべての想いを古都に刻み込む。

 

2015年ジャパンカップはショウナンパンドラ、2015年チャンピオンズカップはサンビスタ、2015年菊花賞はキタサンブラックが勝っています。

JRAフェイスブックからのサイン

出典 JRAフェイスブック

 

JRAフェイスブックには1994年産経大阪杯の優勝馬のネーハイシーザーの記事が載っていました。

 

当時、ネーハイシーザーは5歳馬の牡馬でした。

 

といっても、馬齢表記前なので、今でいえば4歳馬ですね。

 

菊花賞で最下位になってから、スポーツニッポン賞金杯3着、読売マイラーズカップ4着を経て、産経大阪杯で勝っています。

名馬の肖像からのサイン

出典 JRA

 

名馬の肖像はカツラギエース。

 

随分古い馬の登場です。

 

カツラギエースは菊花賞をブービーで惨敗した後、鳴尾記念で4着した後、サンケイ大阪杯で1着になっています。

 

ネーハイシーザーもカツラギエースも菊花賞を惨敗している馬ですが、ここまで菊花賞を惨敗している馬は大阪杯2018の出走馬には見当たりません。

 

しかし、ネーハイシーザーは菊花賞で1着対角に配置されていた馬、カツラギエースは2着同枠に配置されていた馬です。

 

2017年の菊花賞でダンビュライトは1着同枠配置でした。

4月1日開催からのサイン

大阪杯2018は4月1日に開催されます。

 

G1となった大阪杯は今年2年目になるので、もちろん4月1日開催は初めてです。

 

しかし、産経大阪杯の時と考えると、4月1日開催は2001年、2007年、2012年と3回開催されています。(サンケイ大阪杯時代を除く)

 

2001年、2007年、2012年の3回のうち、明け4歳の皐月賞馬が出走したのは2001年と2007年。

 

2001年産経大阪杯(14頭立て)

1着 トーホウドリーム 牡4 57㎏ 2枠2番(逆13番)安藤勝己騎手 9人気

前走 京都記念(京都2200m)9人気5着

前々走 1600万下条件戦・白嶺ステークス(東京2000m)1人気1着

2着 エアシャカール 牡4 59㎏ 3枠3番(逆12番)蛯名正義騎手 4人気

前走 ジャパンカップ(東京2400m)3人気14着

前々走 菊花賞(京都3000m)2人気1着

2000年皐月賞馬

3着 アドマイヤボス 牡4 58㎏ 8枠13番(逆2番)後藤浩輝騎手 5人気

前走 有馬記念(中山2500m)6人気5着

前々走 ラジオ日本賞セントライト記念(中山2200)2人気1着

 

2007年産経大阪杯(11頭立て)

1着 メイショウサムソン 牡4 59㎏ 3枠3番(逆9番)石橋守騎手 1人気

前走 有馬記念(中山2500m)4人気5着

前々走 ジャパンカップ(東京2400m)4人気6着

2006年皐月賞・日本ダービー馬

2着 シャドウゲイト 牡5 57㎏ 8枠10番(逆2番)安藤光彰騎手 2人気

前走 中山記念(中山1800m)1人気4着

前々走 日刊スポーツ賞中山金杯(中山2000m)3人気1着

3着 メイショウオウテ 牡5 57㎏ 6枠6番(逆6番)四位洋文騎手 8人気

前走 中山記念(中山1800m)8人気12着

前々走 白富士ステークス(東京2000m)2人気5着

 

どちらの年も皐月賞馬が連対しています。

 

また、正逆2番と正逆3番が連対しているのも気になります。

スポンサーリンク

大阪杯2018の予想の結論

フェブラリーステークスの2着席に付いたゴールドドリームは、前年のフェブラリーステークス1着のあと、ドバイワールドカップに出走。

 

また、高松宮記念で2着席に付いたレッツゴードンキも、昨年香港スプリントに出走しています。

 

香港カップ(2000m)に出走したスマートレイアーがいる3枠が連対するとみます。

 

スマートレイアーは京都大賞典1着になりながら、天皇賞(秋)に出走せず、優先出走権を持ったままの馬。

 

相手はダンビュライト、ウインブライト、アルアイン、サトノダイヤモンド。

スポンサーリンク