いよいよクラシックが始まりますね。

 

まずは桜花賞からスタートです。

 

今年の桜花賞は第77回のゾロ目開催。

 

人気はチューリップ賞を快勝し、デビュー以来4連勝のソウルスターリングが1人気、祝日開催のデイリー杯クイーンカップを勝ったアドマイヤミヤビが2人気となりそうです。

 

桜花賞2017には朝日杯フューチュリティステークスに出走したミスエルテも、ぶっつけで参戦してくるようですが、桜花賞2017で1着となる馬はどの馬なのでしょうか?

 

今回は、桜花賞の週中考察をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

桜花賞2017の出走予定馬(特別登録)

出典 JRA

 

桜花賞2017の出走予定馬(特別登録)は22頭。

 

このうち、スズカゼはニュージーランドトロフィーとのダブル登録となっています。

 

出走可能馬は18頭なので、回避がなければ除外が発生します。

1 アエロリット 55.0キロ
2 アドマイヤミヤビ 55.0キロ
3 アロンザモナ 55.0キロ
4 ヴゼットジョリー 55.0キロ
5 カラクレナイ 55.0キロ
6 カリビアンゴールド 55.0キロ
7 カワキタエンカ 55.0キロ
8 ゴールドケープ 55.0キロ
9 サロニカ 55.0キロ
10 ジューヌエコール 55.0キロ
11 ショーウェイ 55.0キロ
12 スズカゼ 55.0キロ
13 ソウルスターリング 55.0キロ
14 ディアドラ 55.0キロ
15 ハローユニコーン 55.0キロ
16 フェルトベルク 55.0キロ
17 ベルカプリ 55.0キロ
18 ミスエルテ 55.0キロ
19 ミスパンテール 55.0キロ
20 ライジングリーズン 55.0キロ
21 リスグラシュー 55.0キロ
22 レーヌミノル 55.0キロ

ゾロ目回の桜花賞

桜花賞2017は第77回のゾロ目開催です。

 

過去のゾロ目開催を見てみたいと思います。

 

第66回桜花賞 2006年(18頭立て)

1着 キストゥヘヴン  安藤勝己騎手 7枠14番 6人気

前走 フラワーカップ1着(6人気) 騎乗騎手は横山典弘騎手

同枠 ウインシンシア  秋山真一郎騎手 12人気

前走 チューリップ賞3着 1勝馬

同枠 ミッキーコマンド 石橋守騎手 最下位人気

2着 アドマイヤキッス  武豊騎手  4枠8番 1人気

前走 チューリップ賞1着

同枠 エイシンアモーレ 福永祐一騎手 15人気

前走 報知杯フィリーズレビュー3着

3着 コイウタ  横山典弘騎手 6枠12番 5人気

前走 デイリー杯クイーンカップ1着

 

第55回桜花賞 1995年(18頭立て) 京都競馬場で開催

1着 ワンダーパヒューム 田原成貴騎手 8枠18番 7人気

前走 アネモネステークス2着 1勝馬 4歳デビュー馬

2着 ダンスパートナー  武豊騎手  8枠17番 3人気

前走 チューリップ賞2着 1勝馬 4歳デビュー馬

同枠 キタサンサイレンス 西浦勝一騎手 最下位人気

3着 プライムステージ 岡部幸雄騎手 7枠13番 2人気

前走 チューリップ賞3着

 

第66回と第55回を見ると、1・2着は優先出走権を獲得した枠で決まっています。

 

また、不思議なことに1着枠には最下位人気の馬が同枠にいます。

 

そして、2着枠には武豊騎手がいます。

デイリー杯クイーンカップの1着馬が桜花賞で連対する時

デイリー杯クイーンカップの1着馬が桜花賞で連対したのは、1996年のイブキパーシヴ、2011年のホエールキャプチャ、2012年のヴィルシーナの3頭だけです。

 

そして、この3年はチューリップ賞の1着馬が不在であるという共通項があります。

 

1996年 チューリップ賞1着馬 エアグルーヴ

 

2011年 チューリップ賞1着馬 レーヴディソール

 

2012年 チューリップ賞1着馬 ハナズゴール

 

今年のデイリー杯クイーンカップの1着馬はアドマイヤミヤビですが、チューリップ賞1着馬のソウルスターリングがいる中で、果たして連対はできるのでしょうか。

朝日杯フューチュリティステークスに出走した馬がいる桜花賞

出典 JRA

 

朝日杯フューチュリティステークスに出走した馬がいる桜花賞は2014年。

 

2014年桜花賞(18頭立て)

1着 ハープスター  川田将雅騎手  8枠18番(逆1番)  1人気

前走 チューリップ賞1着  前々走 阪神ジュベナイルフィリーズ2着

同枠 ベルカント   武豊騎手 4人気

前走 報知杯フィリーズレビュー1着

前々走 朝日杯フューチュリティステークス10着

同枠 リラヴァティ  松山弘平騎手 10人気

前走 チューリップ賞3着 1勝馬

2着 レッドリヴェール 戸崎圭太騎手  6枠12番(逆7番)  2人気

前走 阪神ジュベナイルフィリーズ1着

同枠 フクノドリーム 横山和生騎手  最下位人気

前走 報知杯フィリーズレビュー13着

3着 ヌーヴォレコルト 岩田康誠騎手  5枠10番(逆9番)  5人気

前走 チューリップ賞2着

同枠 フォーエバーモア 蛯名正義 3人気

前走 デイリー杯クイーンカップ1着

 

2014年桜花賞で1着となったハープスターは、桜花賞も含めオール1人気だった馬です。

 

そして、朝日杯フューチュリティステークスに出走したベルカントが1着同枠にいます。

 

そして、最下位人気馬が2着同枠となっています。

スポンサーリンク

最後に

今回は、桜花賞2017の出走予定馬と週中考察をしてみました。

 

今回の週中考察で俄然気になる最下位人気馬です。

 

桜花賞は、優先出走権を取った収得賞金400万の馬の同枠が、連対しやすいレースです。

 

今年でいえば、ミスパンテールとディアドラが該当します。

スポンサーリンク