デイリー杯クイーンカップの枠順が確定しました。

 

注目していた地方馬のヴィーナスアローは、5枠9番に配置され、増量馬のレーヌミノルは4枠8番に配置されました。

 

昨年は4着同着を生んだデイリー杯クイーンカップで、今年はどんなレースになるのでしょうか?

 

今回は、デイリー杯クイーンカップの予想を行っていきたいと思います。

スポンサーリンク

増量馬のレーヌミノルは阪神ジュベナイルフィリーズ3着馬

 

増量馬のレーヌミノルの前走は阪神ジュベナイルフィリーズで、レーヌミノルは、そのレースで3着となり、デイリー杯クイーンカップに出走してきます。

 

阪神ジュベナイルフィリーズで3着となり、デイリー杯クイーンカップに出走してきた馬は、過去に2頭います。

 

2009年に出走してきたミクロコスモスと2014年に出走してきたフォーエバーモアです。

 

ミクロコスモスは、東京1600mの新馬戦で1人気1着した後、阪神ジュベナイルフィリーズに出走し4人気3着。

 

そして、阪神で行われた平場の500万下の条件戦(1600m)を1着して、デイリー杯クイーンカップに出走し、1人気で4着。

 

しかし、デイリー杯クイーンカップで1着同枠になっていることから、連対許可の形だけは持っていると思います。

 

一方、フォーエバーモアは、新潟1600mの新馬戦で2人気1着した後、東京1600mの500万下の条件戦であるサフラン賞に出走し4人気ながら1着になり、阪神ジュベナイルフィリーズに出走。

 

阪神ジュベナイルフィリーズで3着となり、今回デイリー杯クイーンカップに直接出走してきます。

 

この2頭の違いは、阪神ジュベナイルフィリーズ3着した後に、直接出走するかしないかということもありますが、フォーエバーモアの連続左回りの連勝が効いているのではと思います。

 

デイリー杯クイーンカップは東京で行われる1600mの(特指) 別定戦です。

 

ミクロコスモスとフォーエバーモアは、似たような戦歴ですが、微妙に異なる戦歴を持っています。

 

ここが、両者を分けた差ではないでしょうか。

 

レーヌミノルの場合はどうでしょうか。

 

レーヌミノルは小倉1200mの新馬戦で勝利し、1200mの(特指) 馬齢戦の小倉2歳ステークスで1着、そして東京の(指定)馬齢戦であるG2の京王杯2歳ステークスを2着し、デイリー杯クイーンカップに出走してきます。

 

レーヌミノルとフォーエバーモアの違いは500万下の条件戦を持っていないこと、左回りの連勝歴がないこと、そして1600m未連対であることです。

 

(特指) 馬齢戦の小倉2歳ステークスを勝っており、東京のG2連対があるので、デイリー杯クイーンカップで連対してもおかしくないですが、今までいなかったタイプなので正直不安があります。

 

レーヌミノルの同枠に配置されたのは、5回阪神9日に行われた1600mに新馬戦でゾロ目1着しているディヴァインハイツ。

 

ちょっと気になる馬ですね。

フェアリーステークスとデイリー杯クイーンカップ

フェアリーステークスとデイリー杯クイーンカップは、共に(特指) 別定戦の牝馬限定戦です。

 

今年は、フェアリーステークスから2着馬のアエロリットがデイリー杯クイーンカップに出走してきました。

 

昨年、やはりフェアリーステークスで2着したダイワドレッサーが、デイリー杯クイーンカップに出走しましたが、同枠や対角、平行配置されていないことから、フェアリーステークスとの関連性は薄いと思います。

 

しかし、同じ(特指) 別定戦なので、決着構造は参考になります。

 

2017年フェアリーステークス(中山1600m)

1着 ライジングリーズン 前走 アルテミスステークス13着(2着対角)

前々走 中山1600m新馬戦1着

同枠 キャスパリーグ  前走 (特指) 馬齢戦の500万下条件戦のつわぶき賞(中京1400m)2着

キャスパリーグは(特指)別定戦の京都1400mオープン・もみじステークスで2着実績があります。

2着 アエロリット  前走 (特指) 馬齢戦の500万下条件戦のサフラン賞(中山1600m)2着

 

中山1600mのフェアリーステークスで連対した2頭は共に、中山1600mの連対実績のある馬でした。

地方馬が出走するデイリー杯クイーンカップ

 

今年のデイリー杯クイーンカップには、ヴィーナスアローという地方馬が出走します。

 

配置されたのは5枠9番です。

 

デイリー杯クイーンカップが祝日開催された2012年にも、地方馬の出走がありました。

 

2012年デイリー杯クイーンカップ

1着 ヴィルシーナ  5枠9番

2着 イチオクノホシ  6枠12番

3着 エクセラントカーヴ  2枠3番

5着 エミーズパラダイス(地方馬) 2枠4番

 

ヴィルシーナの前走は、(特指)馬齢戦の500万下条件戦のエリカ賞(阪神2000m)。

 

このエリカ賞は、牝馬限定ではありません。

 

今年のデイリー杯クイーンカップで、2000mの(特指)馬齢戦の500万下条件戦を走っているのは、アドマイヤミヤビ。

 

アドマイヤミヤビは、東京の百日草特別で2000mの(特指)馬齢戦を走り1着となっています。

 

アドマイヤミヤビの同枠となったパフォームは、左回りの新潟で未勝利戦を連続2着している馬です。

 

何やら、2012年の1着馬と同枠になったミッドサマーフェアに似ています。

 

また、2012年のイチオクノホシは、新潟・東京と左回りを連勝してきて、阪神ジュベナイルフィリーズで4着(2着対角)になっている馬。

 

この馬に近いのが、フローレスマジックとモリトシラユリです。

スポンサーリンク

まとめ

小倉競馬場が、積雪のため開催中止になったようです。

 

ちょっと気になりますが、今回のデイリー杯クイーンカップは、アドマイヤミヤビから入ってみたいと思います。

 

相手には、フローレスマジックとモリトシラユリ、そしてレーヌミノルということになります。

 

現在、ハナレーンムーンが3人気と人気を集めていますが、同枠も1勝馬のコマノレジーナになっていることから、この馬は消したいと思います。

 

もしも、ハナレーンムーンが連対するようであれば、京都記念のマカヒキは同一馬主であることから、京都記念の連対が厳しくなるかも知れません。

スポンサーリンク