今年、第66回のゾロ目回を迎える北海道新聞杯クイーンステークスですが、この第66回開催というのは、先週行われたトヨタ賞中京記念と同じです。

 

昨年の北海道新聞杯クイーンステークスは、NHKマイルカップ1着馬のアエロリットが1着となり、ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス1着馬のトーセンビクトリーが2着となっていました。

 

今年の北海道新聞杯クイーンステークスには、昨年2着馬のトーセンビクトリーが登録しています。

 

今年の北海道新聞杯クイーンステークスの結果はどうなるのでしょうね。

 

今回は、北海道新聞杯クイーンステークス2018のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

北海道新聞杯クイーンステークス2018の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

北海道新聞杯クイーンステークス2018の出走予定(特別登録)は11頭。

 

こちらも、アイビスサマーダッシュと同様、3歳馬が2頭登録しています。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アグレアーブル 牝5 55.0kg J.モレイラ 斎藤 誠
2 アンドリエッテ 牝6 55.0kg 国分 恭介 牧田 和弥
3 エテルナミノル 牝5 55.0kg 四位 洋文 本田 優
4 ソウルスターリング 牝4 56.0kg 北村 宏司 藤沢 和雄
5 ツヅミモン 牝3 51.0kg 吉田 隼人 藤岡 健一
6 ディアドラ 牝4 55.0kg C.ルメール 橋田 満
7 ティーエスクライ 牝6 55.0kg 竹之下 智昭 武 幸四郎
8 トーセンビクトリー 牝6 55.0kg 岩田 康誠 中竹 和也
9 ハッピーユニバンス 牝6 55.0kg 藤岡 康太 平田 修
10 フロンテアクイーン 牝5 55.0kg 蛯名 正義 国枝 栄
11 リバティハイツ 牝3 51.0kg 北村 友一 高野 友和

参考 netkeiba

舟山久美子からのサイン

北海道新聞杯クイーンステークス2018当日は、「くみっきー」こと舟山久美子が札幌競馬場に来場し、トークショーが行われるようです。

 

舟山久美子は2016年菊花賞、2018年鳴尾記念の時に来場しています。

 

2016年菊花賞はルメール騎手騎乗のサトノダイヤモンドが1着、2018年鳴尾記念はデムーロ騎手のストロングタイタンが勝っています。

 

2018年鳴尾記念はルメール騎手が騎乗したトリオンフが2着になっていますから、ルメール騎手騎乗の馬には注意が必要ですね。

ゾロ目回からのサイン

北海道新聞杯クイーンステークス2018は第66回のゾロ目回。

 

では、前回の第55回北海道新聞杯クイーンステークスの結果を見てみます

 

第55回北海道新聞杯クイーンステークス(2007年・12頭立て)

1着 アサヒライジング 牝4 55㎏ 1枠1番(逆12番) 柴田善臣騎手 2人気

前走 ヴィクトリアマイル(東京1600m)9人気2着

前々走 サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(阪神1400m)2人気8着

2006年 デイリー杯クイーンカップ(東京1600m)6人気2着

2着 イクスキューズ 牝3 52㎏ 2枠2番(逆11番)田中勝春騎手 6人気

前走 ラジオNIKKEI賞(福島1800m)4人気3着

前々走 NHKマイルカップ(東京1600m)8人気17着

5走前 デイリー杯クイーンカップ(東京1600m)3人気1着

3着 ディアチャンス 牝6 55㎏ 8枠11番(逆2番)横山典弘騎手 5人気

前走 マーメイドステークス(阪神2000m)2人気1着

前々走 1600万下条件戦・エメラルドステークス(中京1800m)3人気1着

 

不思議なことに、デイリー杯クイーンカップの1・2着馬が連対しています。

 

2016年のデイリー杯クイーンカップ2着馬であるフロンテアクイーンは気になります。

スポンサーリンク

最後に

1996年に行われた第44回のクイーンカップは中山1800mで行われ、時事通信杯という冠がありました。

 

当時のクイーンカップは秋華賞のトライアルレースとして行われていました。

 

第44回のクイーンカップはレインボークイーンが勝っていますが1枠1番に配置されてていました。

 

第55回のクイーンカップも1枠1番ですね。

 

もしかすると…

スポンサーリンク