皐月賞で1人気が予想されたダノンプレミアムが挫跖で皐月賞を回避したようですね。

 

これで、一転して皐月賞は混とんとしてきましたね。

 

面白くなってきました。

 

一方、桜花賞の方は枠順とG1ヘッドラインが発表されています。

 

今回はG1ヘッドラインを中心にサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

桜花賞2018の出馬表

出典 JRA

 

桜花賞2018には25頭が登録し、モルトアレグロが回避し、サヤカチャン、アリア、イサチルルンルン、シグナライズ、ラブカンプー、ファストライフが除外となっています。

 

モルトアレグロが回避したことで、マル外のいない出走構成となりました。

1枠 1番 ラッキーライラック 牝3 55.0kg 石橋 脩 松永 幹夫
2番 アマルフィコースト 牝3 55.0kg 浜中 俊 牧田 和弥
2枠 3番 リバティハイツ 牝3 55.0kg 北村 友一 高野 友和
4番 アンコールプリュ 牝3 55.0kg 藤岡 康太 友道 康夫
3枠 5番 レッドサクヤ 牝3 55.0kg 松山 弘平 藤原 英昭
6番 スカーレットカラー 牝3 55.0kg 岩田 康誠 高橋 亮
4枠 7番 トーセンブレス 牝3 55.0kg 柴田 善臣 加藤 征弘
8番 ハーレムライン 牝3 55.0kg 大野 拓弥 田中 清隆
5枠 9番 リリーノーブル 牝3 55.0kg 川田 将雅 藤岡 健一
10番 アンヴァル 牝3 55.0kg 藤岡 佑介 藤岡 健一
6枠 11番 コーディエライト 牝3 55.0kg 和田 竜二 佐々木 晶三
12番 デルニエオール 牝3 55.0kg 池添 謙一 池江 泰寿
7枠 13番 アーモンドアイ 牝3 55.0kg C.ルメール 国枝 栄
14番 レッドレグナント 牝3 55.0kg M.デムーロ 大竹 正博
15番 プリモシーン 牝3 55.0kg 戸崎 圭太 木村 哲也
8枠 16番 フィニフティ 牝3 55.0kg 福永 祐一 藤原 英昭
17番 マウレア 牝3 55.0kg 武 豊 手塚 貴久
18番 ツヅミモン 牝3 55.0kg 秋山 真一郎 藤岡 健一

 出走馬情報からのサイン

出走馬情報にはラッキーライラック、アーモンドアイ、リリーノーブル、マウレア、プリモシーン、リバティハイツ、デルニエオールの7頭の記載がありました。

 

この7頭から優勝馬が出そうですね。

G1ヘッドラインからのサイン

桜花賞2018のG1ヘッドラインは、「春に咲き誇れ、一途な想いを桜冠に届ける。」

 

過去の桜花賞に似たようなフレーズがあるのでしょうか?

 

2017年桜花賞のG1ヘッドライン

若き女王の鮮烈な輝きが歴史を変えていく。

 

2016年桜花賞のG1ヘッドライン

桜冠に捧げる夢一途、可憐に華麗に想いを咲かせたい。

 

2015年桜花賞のG1ヘッドライン

桜色に染める夢の轍、才媛は女傑へと美を極めていく。

 

2014年桜花賞のG1ヘッドライン

ただ一度だけの青春譜、すべての夢を桜の冠に捧げる。

 

この中では、2016年桜花賞のG1ヘッドラインが「桜冠」「一途」と桜花賞2018と同じ言葉があります。

 

2016年桜花賞はジュエラーが勝った年。

 

ジュエラーはデムーロ騎手が騎乗し、3人気で勝っています。

2007年の桜花賞からのサイン

桜花賞2018は第78回の開幕戦。

 

前回の開幕戦である第67回は2007年でした。

 

2007年桜花賞(18頭立て)

1着 ダイワスカーレット 8枠18番(逆1番) 安藤勝己騎手 3人気

前走 チューリップ賞(阪神1600m)2人気2着

前々走 日刊スポーツ賞シンザン記念(京都1600m)1人気2着(ぞろ目)

2着 ウオッカ 7枠14番(逆5番)四位洋文騎手 1人気

前走 チューリップ賞(阪神1600m)1人気1着

前々走 エルフィンステークス(京都1600m)1人気1着

3着 カタマチボタン 2枠3番(逆16番)藤田伸二騎手 7人気

前走 デイリー杯クイーンカップ(東京1600m)1人気2着(ぞろ目)

前々走 500万下条件戦・ひいらぎ賞(中山1600m)2人気1着

 

2007年の桜花賞はチューリップ賞2着馬のダイワスカーレットが1着、チューリップ賞1着馬のウオッカが2着となっていて、固い決着となっています。

 

ただし、ダイワスカーレットは日刊スポーツ賞シンザン記念でぞろ目の2着、ウオッカは阪神ジュベナイルフィリーズとチューリップ賞の間にエルフィンステークスをはさんでいる馬。

 

単純にチューリップ賞の1・2着馬と考えると、危なそうです。

 

日刊スポーツ賞シンザン記念1着馬のアーモンドアイ、エルフィンステークス1着馬のレッドサクヤには注意が必要です。

スポンサーリンク

最後に

5番のスペシャルゲートに配置されたレッドサクヤ、対角の14番のスペシャルゲートに配置されたレッドレグナントはともに東京ホースレーシングが馬主です。

 

この2頭は注意しなければいけない馬です。

 

また、土曜日の結果を見て検討したいと思います。

スポンサーリンク