今年の桜花賞は、1着賞金が1300万円増額されました。

 

また、それまで1着賞金が同額だった秋華賞と袂を分かち、新たにNHKマイルカップと同額になっています。

 

これが何を意味しているのか、主催者ではないので分かりませんが、意味はあると思います。

 

今回は桜花賞2018のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

桜花賞2018の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

桜花賞2018の出走予定(特別登録)は25頭。

 

優先出走権を取った馬は全馬登録してきました。

 

桜花賞2018の出走可能頭数は18頭なので、現在のところ、スカーレットカラー・トーセンブレス・フィニフティの内1頭が抽選で外れ、サヤカチャン、アリア、イサチルルンルン、シグナライズ、ラブカンプー、ファストライフが除外対象となっています。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アマルフィコースト 牝3 55.0kg 浜中 俊 牧田 和弥
2 アリア 牝3 55.0kg 沖 芳夫
3 アンヴァル 牝3 55.0kg 藤岡 佑介 藤岡 健一
4 アンコールプリュ 牝3 55.0kg 藤岡 康太 友道 康夫
5 アーモンドアイ 牝3 55.0kg C.ルメール 国枝 栄
6 イサチルルンルン 牝3 55.0kg 竹内 正洋
7 コーディエライト 牝3 55.0kg 和田 竜二 佐々木 晶三
8 サヤカチャン 牝3 55.0kg 田所 秀孝
9 シグナライズ 牝3 55.0kg 藤原 英昭
10 スカーレットカラー 牝3 55.0kg 岩田 康誠 高橋 亮
11 ツヅミモン 牝3 55.0kg 秋山 真一郎 藤岡 健一
12 デルニエオール 牝3 55.0kg 池添 謙一 池江 泰寿
13 トーセンブレス 牝3 55.0kg 柴田 善臣 加藤 征弘
14 ハーレムライン 牝3 55.0kg 大野 拓弥 田中 清隆
15 ファストライフ 牝3 55.0kg 青木 孝文
16 フィニフティ 牝3 55.0kg 福永 祐一 藤原 英昭
17 プリモシーン 牝3 55.0kg 戸崎 圭太 木村 哲也
18 マウレア 牝3 55.0kg 武 豊 手塚 貴久
19 モルトアレグロ 牝3 55.0kg 田辺 裕信 武井 亮
20 ラッキーライラック 牝3 55.0kg 石橋 脩 松永 幹夫
21 ラブカンプー 牝3 55.0kg 森田 直行
22 リバティハイツ 牝3 55.0kg 北村 友一 高野 友和
23 リリーノーブル 牝3 55.0kg 川田 将雅 藤岡 健一
24 レッドサクヤ 牝3 55.0kg 四位 洋文 藤原 英昭
25 レッドレグナント 牝3 55.0kg M.デムーロ 大竹 正博

参考 netkeiba

桜花賞2018のプレゼンターからのサイン

桜花賞2018のプレゼンターは2018年JRAのCM「HOT HOLIDAYS!」に出演している柳楽優弥。

 

柳楽優弥は2017年の札幌記念にプレゼンターとして来場しています。

 

その札幌記念で優勝したのは1枠1番に配置された6人気のサクラアンプルール。

 

同じことは繰り返さないと思いますが、記憶の片隅に置いておきましょう。

 

柳楽優弥といえば、柳楽優弥デザインの「勝負服トート」が気になります。

出典 JRA

 

単純に黒から2枠、緑から6枠なのでしょうか?

阪神ジュベナイルフィリーズとチューリップ賞を勝った馬からのサイン

今年、チューリップ賞を阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったラッキーライラックが勝ちました。

 

阪神ジュベナイルフィリーズとチューリップ賞を勝った馬は2007年のウォッカ、2009年のブエナビスタ、2011年のレーヴディソール、2017年のソウルスターリングだけ。

 

しかも、2011年のレーヴディソールは桜花賞に出走することすらできませんでした。

 

また、残った3頭のうち、ウォッカは阪神ジュベナイルフィリーズとチューリップ賞の間にエルフィンステークスを挟んでいる馬でした。

 

この3頭で、桜花賞で優勝したのはブエナビスタだけで、ウォッカは2着、ソウルスターリングは3着。

 

そして、チューリップ賞まで無敗馬はソウルスターリングのみ。

 

この点だけでもラッキーライラックは厳しいのに、G2のチューリップ賞(桜花賞と同じ阪神1600m)に変わったことで、さらにハードルが上がった感じがしています。

スポンサーリンク

最期に

昨年の桜花賞は取消戦でした。

 

桜花賞で取消戦があったのは2003年と2008年です。

 

取消戦があった翌年の2004年と2009年の結果は、2004年がフラワーカップを勝ったダンスインザムードが1人気で勝ち、2009年がチューリップ賞を勝ったブエナビスタが1人気で勝っています。

 

この2頭の共通点はオール1人気だったことと1800mを走っていること。

 

オール1人気のアーモンドアイと1800m歴のあるハーレムラインは気になります。

スポンサーリンク