ご当地2歳重賞の札幌2歳ステークスが9月1日に行われます。

 

函館2歳ステークス、新潟2歳ステークスときて、札幌2歳ステークスですね。

 

函館2歳ステークス、新潟2歳ステークスの流れが札幌2歳ステークスにも連動するのでしょうか?

 

今回は札幌2歳ステークス2018の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

札幌2歳ステークス2018の出馬表

出典 JRA

 

札幌2歳ステークス2018には16頭が登録し、トーラスジェミニ 、 ハクサンタイヨウが抽選に外れ、14頭立てとなっています。

 

現在のところ、1人気はクラージュゲリエ、2人気はウィクトーリア、3人気はアフランシールとなっています。

1枠 1番 クラージュゲリエ 牡2 54.0kg M.デムーロ 池江 泰寿
2枠 2番 エメラルファイト 牡2 54.0kg 石川 裕紀人 相沢 郁
3枠 3番 ニシノデイジー 牡2 54.0kg 勝浦 正樹 高木 登
4番 ラバストーン 牡2 54.0kg 加藤 祥太 大江原 哲
4枠 5番 アフランシール 牝2 54.0kg 岩田 康誠 尾関 知人
6番 セントセシリア 牝2 54.0kg 川島 信二 矢作 芳人
5枠 7番 ナンヨーイザヨイ 牡2 54.0kg 藤岡 佑介 松永 幹夫
8番 ダディーズマインド 牡2 54.0kg 丸山 元気 青木 孝文
6枠 9番 ラブミーファイン 牝2 54.0kg 池添 謙一 田所 秀孝
10番 ウィクトーリア 牝2 54.0kg 田辺 裕信 小島 茂之
7枠 11番 クリスタルバローズ 牡2 54.0kg 藤岡 康太 奥村 武
12番 トーセンギムレット 牡2 54.0kg 松岡 正海 萱野 浩二
8枠 13番 テイエムバリバリ 牡2 54.0kg 横山 典弘 石栗 龍彦
14番 ナイママ 牡2 54.0kg 五十嵐 冬樹 田部 和則

参考 netkeiba

函館2歳ステークスと新潟2歳ステークスからのサイン

既に終了した函館2歳ステークスと新潟2歳ステークスの結果を見てみます。

 

2018年函館2歳ステークス(16頭立て)

1着 アスターペガサス マル外 牡2 54㎏ 3枠6番(逆11番) 小崎綾也騎手 2人気

前走 2歳新馬戦(函館1200m)5人気1着

2着 ラブミーファイン 牝2 54㎏ 5枠10番(逆7番)丸山元気騎手 7人気

前走 2歳新馬戦(函館1800m)3人気1着

3着  カルリーノ 牡2 54㎏ 3枠5番(逆12番)藤岡佑介騎手 3人気

前走 2歳未勝利戦(函館1200m)2人気1着

 

2018年函館2歳ステークスで1着となったアスターペガサスは、函館2歳ステークスと同じ函館1200mの新馬戦を1着し、函館2歳ステークスに出走してきた馬。

 

2018年函館2歳ステークスで2着となったラブミーファインは、函館1800mの新馬戦を勝って、函館2歳ステークスに出走してきた馬。

 

ラブミーファインの馬主は小林祥晃氏ですが、小林祥晃氏は函館2歳ステークスで2頭出しでした。

 

2018年新潟2歳ステークス(11頭立て)

1着 ケイデンスコール 牡2 54㎏ 6枠6番(逆6番)石橋脩騎手 1人気

前走 2歳未勝利戦(新潟1600m)1人気1着

2着 アンブロークン 牡2 54㎏ 7枠9番(逆3番)石川裕紀人騎手 2人気

前走 2歳新馬戦(東京1800m)1人気1着

3着 スティルネス 牝2 54㎏ 7枠8番(逆4番)三浦皇成騎手 8人気

前走 2歳新馬戦(福島1200m)3人気1着

 

2018年新潟2歳ステークスで1着となったケイデンスコールは、新潟2歳ステークスと同じ新潟1600mの未勝利戦を1着し、新潟2歳ステークスに出走してきた馬。

 

2018年新潟2歳ステークスで2着となったアンブロークンは、東京1800mの新馬戦を勝ち、新潟2歳ステークスに出走してきた馬。

 

アンブロークンの同枠3着馬のスティルネスの馬主はロードホースクラブで、ロードホースクラブは新潟2歳ステークスで2頭出しでした。

 

もし、この流れが続くならば、札幌2歳ステークスと同じ札幌1800mを勝ってきた馬が1着ということになります。

加藤祥太騎手からのサイン

滅多に重賞に騎乗しない騎手というのはサインになることがあります。

 

注目したのはラバストーンに騎乗する加藤祥太騎手!

 

加藤祥太騎手が前回重賞に騎乗したのは阪急杯(18頭立て)で、8枠18番の馬に騎乗していました。

 

阪急杯の1着馬は7枠13番で、2着は8枠17番でした。

 

阪急杯の前の重賞は朝日杯フューチュリティステークス(16頭立て)。

 

加藤祥太騎手は朝日杯フューチュリティステークスで、8枠16番の馬に騎乗していました。

 

朝日杯フューチュリティステークスの1着馬は1枠1番、2着馬は5枠10番の馬。

 

加藤祥太騎手は隣の馬を連対させていますね。

スポンサーリンク

札幌2歳ステークス2018の予想の結論

クラージュゲリエと地方馬のナイママが札幌1800mの勝者ですね。

 

おそらく、クラージュゲリエの方だと思います。

 

クラージュゲリエ(ナイママ)からアフランシールに流します。

スポンサーリンク