札幌記念は、G2レースで1着賞金額が7,000万円あるレースです。

 

この1着賞金額は、2歳G1の朝日杯フューチュリティステークス、ホープフルステークスと並び、阪神ジュベナイルフィリーズより多い賞金額となっています。

 

これが、札幌記念がスーパーG2と呼ばれる理由です。

 

また、札幌記念の大きな特徴は、特別指定交流競走であること。

 

つまり、特別指定交流競走の最高峰となるわけです。

 

しかも、今年の札幌記念は札幌競馬場開設110周年記念という記念大会です。

 

今回は札幌記念2017の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

札幌記念2017の出馬表

出典 JRA

 

札幌記念2017には13頭の登録があり、13頭全頭が出走してきました。

 

主催者は13頭立てで行いたかったということですね。

 

現在のところ、1人気はヤマカツエース、2人気はエアスピネル、3人気はマウントロブソンとなっています。

 

また、裏番組のテレビ西日本賞北九州記念を見ると、12番にナリタスターワンがいます。

 

一方、札幌記念の裏12番である2番にはナリタハリケーンがいます。

 

馬主はどちらも(株)オースミ 。

1枠  1番  マル地サクラアンプルール  57.0kg  牡6  蛯名 正義 金成 貴史
2枠 2番  ナリタハリケーン  57.0kg  牡8  藤岡 康太 中尾 秀正
3枠 3番  ヤマカツエース  57.0kg  牡5  池添 謙一 池添 兼雄
4枠 4番  ロードヴァンドール  57.0kg  牡4  太宰 啓介 昆 貢
5番  マウントロブソン  57.0kg  牡4  J.モレイラ 堀 宣行
5枠 6番  タマモベストプレイ  57.0kg  牡7  吉田 隼人 南井 克巳
7番  サウンズオブアース  57.0kg  牡6  横山 典弘 藤岡 健一
6枠 8番  ツクバアズマオー  57.0kg  牡6  勝浦 正樹 尾形 充弘
9番  ディサイファ  57.0kg  牡8  四位 洋文 小島 太
 7枠 10番  サングラス  57.0kg  牡6  藤岡 佑介 谷 潔
11番  アングライフェン  57.0kg  牡5  福永 祐一 安田 隆行
 8枠 12番  マイネルミラノ  57.0kg  牡7  丹内 祐次 相沢 郁
13番  エアスピネル  57.0kg  牡4  C.ルメール 笹田 和秀

出走馬情報からのサイン

出典 JRA

 

出走馬情報には、エアスピネル、サウンズオブアース、ヤマカツエース、マウントロブソン、マイネルミラノ、サクラアンプルール、ディサイファ、ロードヴァンドールの8頭の記載がありました。

 

少なくとも、このうち1頭は連対しそうですね。

13頭立ての札幌記念

札幌記念がG2になってから、13頭立てで開催されたのは1997年と2011年。

 

ただし、1997年は現在の番組表と異なる別定戦での開催でした。

 

2011年札幌記念(13頭立て)

1着 トーセンジョーダン 8枠13番(逆1番) 牡5 57㎏ 福永祐一騎手 1人気

前走 宝塚記念9着

同枠 マカニビスティー マル地 牡4 57㎏ 池添謙一騎手 11人気

前走 みなみ北海道ステークス7着

1着対角 モエレエターナル マル地 牝5 55㎏ 古川吉洋騎手 最下位人気

2着 アクシオン 2枠2番(逆12番)     牡8 57㎏ 吉田隼人騎手 5人気

前走 函館記念3着

前年札幌記念3着馬

3着 レッドディザイア 6枠8番(逆6番)牝5 55㎏ 四位洋文騎手 2人気

前走 有馬記念14着

同枠 ネオヴァンドーム  牡4 57㎏ 浜中俊騎手 9人気

前走 金鯱賞10着

 

1着となったトーセンジョーダンは、2011年にG2アメリカジョッキークラブカップで勝利していますが、前年7月には条件戦を走っていた馬。

 

また、同枠と対角にマル地馬が配置されていました。

 

そして、前年にOPのアイルランドトロフィ(特指別定戦)とアルゼンチン共和国杯(特指ハンデ戦)を連勝したことが効いています。

 

一方の2着となったアクシオンは、前年の札幌記念で3着になっていますが、1着同枠に配置されていた馬でした。

函館競馬場開設 120 周年記念1着馬の出走

昨年の函館記念は函館競馬場開設 120 周年記念という記念競走でした。

 

函館競馬場開設 120 周年記念の函館記念を制したのはマイネルミラノ。

 

この馬は要注意の馬だと思います。

 

また、昨年の巴賞も北海道新幹線開業記念という副題が付いていました。

 

副題が付いた巴賞で3着になっているツクバアズマオーは気になります。

JRAフェイスブックからのサイン

出典 JRA

 

JRAフェイスブックには、2014年の札幌記念の記事が載っていました。

 

2014年の札幌記念を勝ったのは牝馬のハープスター。

 

川田将雅騎手の3歳牝馬で、最軽量の8番ゼッケン。

 

人気は2人気。

 

もしかしたら、2着のゴールドシップへのサインかも知れません。

 

横山典弘騎手騎乗で1人気、4枠5番、ステイゴールド産駒。

スポンサーリンク

まとめ

札幌記念2017は札幌競馬場開設110周年記念という記念レースなので、1年限りのレースという解釈になります。

 

函館競馬場開設 120 周年記念という記念レースの1着馬であるマイネルミラノ。

 

最後の特指別定戦である金鯱賞と最初の指定別定戦である金鯱賞を連覇したヤマカツエース。

 

どちらも気になりますが、マイネルミラノを軸とします。

 

JRAカレンダーの新冠町生産馬であることも後押ししています。

 

相手は、ヤマカツエースとアングライフェンとサウンズオブアースにします。

 

抑えに、アングライフェンとサウンズオブアースの組み合わせ。

スポンサーリンク