ダノンプレミアムが回避したことで、混沌としてきた皐月賞2018ですが、出馬表とG1ヘッドラインが発表されましたね。

 

1人気を争うとみられるワグネリアンとステルヴィオが対角配置となっています。

 

北野武が命名したといわれるキタノコマンドールは3枠5番に配置されましたね。

皐月賞2018の出馬表

出典 JRA

 

皐月賞2018には17頭が登録し、回避したのはダノンプレミアムのみ!

 

他の登録馬は全馬出走してきました。

1枠 1番 タイムフライヤー 牡3 57.0kg 内田 博幸 松田 国英
2番 ワグネリアン 牡3 57.0kg 福永 祐一 友道 康夫
2枠 3番 ジャンダルム 牡3 57.0kg 武 豊 池江 泰寿
4番 スリーヘリオス 牡3 57.0kg 柴田 善臣 村山 明
3枠 5番 キタノコマンドール 牡3 57.0kg M・デムーロ 池江 泰寿
6番 アイトーン 牡3 57.0kg 国分 恭介 五十嵐 忠男
4枠 7番 エポカドーロ 牡3 57.0kg 戸崎圭太 藤原 英昭
8番 ケイティクレバー 牡3 57.0kg 浜中 俊 安田 翔伍
5枠 9番 オウケンムーン 牡3 57.0kg 北村 宏司 国枝 栄
10番 ジェネラーレウーノ 牡3 57.0kg 田辺 裕信 矢野 英一
6枠 11番 マイネルファンロン 牡3 57.0kg 柴田 大知 手塚 貴久
12番 グレイル 牡3 57.0kg 岩田 康誠 野中 賢二
7枠 13番 ダブルシャープ 牡3 57.0kg 和田 竜二 渡辺 薫彦
14番 サンリヴァル 牡3 57.0kg 藤岡 佑介 藤岡 健一
8枠 15番 ステルヴィオ 牡3 57.0kg C.ルメール 木村 哲也
16番 ジュンヴァルロ 牡3 57.0kg 大野 拓弥 友道 康夫

G1ヘッドラインからのサイン

皐月賞2018のG1ヘッドラインは「唯一の春に叫ぶ、三冠の軌跡の主役は譲れない。」

 

過去の皐月賞のG1ヘッドラインで言葉の一致があるのでしょうか?

 

2017年皐月賞のG1ヘッドライン

青春を謳え、若者の情熱が未来の夢を拓く。

 

2016年皐月賞のG1ヘッドライン

語り継がれる驚異の世代、この春一冠から歴史が変わる。

 

2015年皐月賞のG1ヘッドライン

新たな時代の創世、三冠の夢を語る瞬間だけは譲れない。

 

2014年皐月賞のG1ヘッドライン

英雄となるための序章、好敵手を圧倒する軌跡が輝く。

 

 

この中で、気になるのは「三冠」というフレーズの一致が見られる2015年ですね。

 

2015年といえば、フルゲートにならずに15頭立てになった年です。

 

2015年皐月賞はデムーロ騎手騎乗のドゥラメンテが、2枠2番で3人気で勝っています。

第78回クラシックからのサイン

日本ダービーから始まるクラシックの第78回開催が皐月賞で終了します。

 

オークスと桜花賞はルメール騎手の騎乗馬が1着馬になっています。

 

また、2着馬は前哨戦でG2で1着になった馬か1着同枠になった馬で占められています。

 

そして、日本ダービー、オークス、桜花賞の3レースは1枠1番の馬が2着になっているのに対し、菊花賞だけが2枠4番の馬が2着になっています。

 

ここが、皐月賞でどうなるかですが、日本ダービー、オークス、桜花賞の3レースは定量戦に対し、菊花賞は馬齢戦です。

 

皐月賞は定量戦なので、1枠1番には注意したいと思います。

 

第78回日本ダービー(18頭立て)

1着 オルフェーヴル 3枠5番(逆14番) 池添謙一騎手 1人気

2着 ウインバリアシオン 1枠1番(逆18番)安藤勝己騎手 10人気

前走 テレビ東京杯青葉賞(G2)6人気1着

3着 ベルシャザール 4枠7番(逆12番) 後藤浩輝騎手 8人気

 

第78回菊花賞(18頭立て)

1着 キセキ 7枠13番(逆6番)デムーロ騎手 1人気

2着 クリンチャー 2枠4番(逆15番) 藤岡佑介騎手 10人気

前走 朝日杯セントライト記念(G2)4人気9着(1着同枠)

3着 ポポカテペトル 7枠14番(逆5番)和田竜二騎手 13人気

 

第78回オークス(18頭立て)

1着 ソウルスターリング 1枠2番(逆17番)ルメール騎手 1人気

2着 モズカッチャン 1枠1番(逆18番)和田竜二騎手 6人気

前走 サンケイスポーツ賞フローラステークス(G2)12人気1着

3着 アドマイヤミヤビ 8枠16番(逆3番)デムーロ騎手 2人気

 

第78回桜花賞(18頭立て・取消戦)

1着 アーモンドアイ 7枠13番(逆6番)ルメール騎手 2人気

2着 ラッキーライラック 1枠1番(逆18番) 石橋脩騎手 1人気

前走 チューリップ賞(G2)1人気1着

3着 リリーノーブル 5枠9番(逆10番)川田将雅騎手 3人気

 

1枠1番に入ったのはG1のホープフルステークス1着馬のタイムフライヤーですね。

 

でも、桜花賞の2着馬のラッキーライラックは阪神ジュベナイルフィリーズの1着馬でもあるんですよね。

スポンサーリンク

最後に

桜花賞2018も皐月賞2018も賞金増額レースとなっています。

 

桜花賞2018では出走取消戦にして、日刊スポーツ賞シンザン記念1着馬で、トライアルレースに出走していないアーモンドアイを1着馬に起用し、G2となり賞金を増額されたチューリップ賞1着馬のラッキーライラックを2着馬に起用しました。

 

では、皐月賞2018でも出走取消戦になるのでしょうか?

 

私はならないと思います。

 

ダノンプレミアムの回避だけで十分だと思います。

スポンサーリンク