第3回中山開催日イベントを見ると、皐月賞のプレゼンターはJRAのCM「HOT  HOLIDAYS!」に出演している松坂桃李さんのようですね。

 

大阪杯では、同じくJRAのCM「HOT  HOLIDAYS!」に出演している土屋太鳳さんがプレゼンターを務めていました。

 

松坂桃李さんが皐月賞のプレゼンターを務めますが、何か皐月賞へのサインはあるのでしょうか。

 

今回は、皐月賞2017のプレゼンターを務める松坂桃李さんに注目してみました。

スポンサーリンク

松坂桃李さんのプロフィール

http://top.tsite.jp/から引用

 

松坂桃李(まつざか とおり)さんは、1988年10月17日生まれの28歳。

 

松坂桃李さんの桃李という名前は、中国の歴史家である司馬遷の史記に書かれた言葉「桃李言わざれども下自ずから蹊を成す」から来ているそうです。

 

この言葉の意味は、桃や李(すもも)は何もいわないけれども、その下には自然と人が集まって道ができるということのようで、名前を付けられたご両親は素晴らしいと思いました。

 

産業能率大学経営学部に通っていたそうですが、芸能活動を優先するためだと思いますが、退学されているそうです。

 

神奈川県茅ヶ崎市出身で、トップコートに所属しています。

 

2008年8月に友達の誘いで応募した「チャレンジFBモデル2008オーディション」でグランプリを獲得し、「FINEBOYS」の専属モデルとして、芸能活動をスタートしています。

 

2009年、スーパー戦隊シリーズの第33作目の「侍戦隊シンケンジャー」の志葉丈瑠 / シンケンレッド役で俳優デビューしています。

 

2011年、映画「アントキノイノチ」松井新太郎 役で出演。

 

2012年、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」安岡信郎 役で出演しブレークします。

 

2012年、映画「ツナグ」渋谷歩美 役で主演。

 

2013年、映画「ガッチャマン」鷲尾健 役で主演。

 

2014年、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」黒田長政 役で出演。

 

2015年、フジテレビ系ドラマ「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」里見偲 役で主演。

 

2016年、日本テレビ系ドラマ「ゆとりですがなにか」山路一豊 役で出演。

 

2017年1月、「キセキ -あの日のソビト-」JIN 役で主演。

 

2018年公開予定、「不能犯」宇相吹正 役で主演。

 

2018年春公開予定、「孤老の血」日岡秀一 役で出演。

松坂桃李さんからのサインは?

松坂桃李さんがプレゼンターを務めるわけですから、サインがあるはずです。

 

10月17日生まれの騎手や調教師は残念ながら見つかりませんでした。

 

名前からは、ベタですが桃色から8枠が考えられます。

 

でも、名前の桃色よりも気になるのが、大阪杯の入場券にあったTシャツの色です。

大阪杯(GI)記念入場券

大阪杯のプレゼンターであった土屋太鳳さんは青いTシャツを着ていました。

 

結果は4枠のキタサンブラックが1着でした。

 

では、松坂桃李さんのTシャツは何かというと橙色です。

 

橙色といえば7枠です。

その他のサインは?

第3回中山開催イベントを見ていると、皐月賞当日に「皐月賞カウントダウントークショー」が開催されます。

 

4.16(日)皐月賞カウントダウントークショー

出典 JRA

出演者の中にWエンジンがいます。

 

Wということは2頭出しの厩舎が怪しいですね。

 

2頭出しは、今回結構ありますね。

 

アルアインとペルシアンナイトの池江泰寿厩舎、アメリカズカップとダンビュライトの音無秀孝厩舎、サトノアレスとレイデオロの藤沢和雄厩舎と3厩舎もあります。

 

この中で、気になるのはレイデオロです。

 

レイデオロの勝ったG2のホープフルステークスは、G1に昇格することが決まっています。

 

いわば、最後のG2ホープフルステークスというわけです。

 

先日の大阪杯では、前年のG2産経大阪杯の2着馬であるキタサンブラックが1着に起用されていました。

 

今回、同じ2000mの距離の皐月賞で、レイデオロが起用される可能性は高いのでは?

 

もちろん、同枠馬の起用も考えられますが・・・

スポンサーリンク

今回は、皐月賞2017のプレゼンターである松坂桃李さんを中心に皐月賞2017のサインを考えてみました。

 

今年の皐月賞は、桜花賞と同じく第77回のゾロ目開催です。

 

フラワーカップを勝ったファンディーナが1人気になるでしょうが、確か、朝日杯フューチュリティステークスでも1人気となったミスエルテが4着に敗れていましたよね。

 

今年の皐月賞2017では、どんな馬が勝つのでしょう。

 

出馬表が出るのを待ちたいと思います。

スポンサーリンク