ホープフルステークス1着馬のサートゥルナーリアが圧倒的1人気に支持されている皐月賞2019!

 

サートゥルナーリアが、本当に勝ってしまうのでしょうか?

 

今回は、平成最後となる皐月賞2019の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

皐月賞2019の出馬表

皐月賞2019には19頭が登録し、フジテレビ賞スプリングステークス1着馬のエメラルファイトが回避し、18頭立てとなりました。

 

現在のところ、1人気はサートゥルナーリア、2人気はダノンキングリー、3人気はアドマイヤマーズとなっています。

1枠 1番 アドマイヤマーズ 牡3 57.0kg M.デムーロ 友道 康夫
2番 サトノルークス 牡3 57.0kg 池添 謙一 池江 泰寿
2枠 3番 ファンタジスト 牡3 57.0kg 武 豊 梅田 智之
4番 ダノンキングリー 牡3 57.0kg 戸崎 圭太 萩原 清
3枠 5番 ランスオブプラーナ 牡3 57.0kg 松山 弘平 本田 優
6番 クラージュゲリエ 牡3 57.0kg 横山 典弘 池江 泰寿
4枠 7番 ヴェロックス 牡3 57.0kg 川田 将雅 中内田 充正
8番 ニシノデイジー 牡3 57.0kg 勝浦 正樹 高木 登
5枠 9番 メイショウテンゲン 牡3 57.0kg 三浦 皇成 池添 兼雄
10番 シュヴァルツリーゼ 牡3 57.0kg 石橋 脩 堀 宣行
6枠 11番 ラストドラフト 牡3 57.0kg A.シュタルケ 戸田 博文
12番 サートゥルナーリア 牡3 57.0kg C.ルメール 角居 勝彦
7枠 13番 ブレイキングドーン 牡3 57.0kg 福永 祐一 中竹 和也
14番 ダディーズマインド 牡3 57.0kg 宮崎 北斗 青木 孝文
15番 クリノガウディー 牡3 57.0kg 藤岡 佑介 藤沢 則雄
8枠 16番 タガノディアマンテ 牡3 57.0kg 田辺 裕信 鮫島 一歩
17番 アドマイヤジャスタ 牡3 57.0kg 岩田 康誠 須貝 尚介
18番 ナイママ 牡3 57.0kg 柴田 大知 武藤 善則

名馬の肖像からのサイン

名馬の肖像は、1997年の 皐月賞を勝ち、日本ダービーも制した二冠馬のサニーブライアン!

 

サニーブライアンは、8枠18番の大外枠の11人気で皐月賞を制しています。

 

また、サニーブライアンは、皐月賞の前に中山2000mを3回走っています。

 

1戦目の500万下条件戦の若竹賞は2着、2戦目のジュニアカップは1着、そして、報知杯弥生賞は3着でしたが、1着対角に配置されていました。

 

つまり、サニーブライアンは中山2000mで自身及び筋配置の馬を連対させる馬だったということです。

 

この馬と同じ中山2000mで自身及び筋配置の馬を連対させる馬は、ラストドラフトだと思います。

 

ラストドラフトは京成杯で1着、報知杯弥生賞で1着対角に配置されていた馬。

JRAフェイスブックからのサイン

JRAフェイスブックには、2012年の皐月賞を勝ったゴールドシップが載っていました。

 

ゴールドシップは、共同通信杯を勝った後、ステップレースを使わずに、直行で皐月賞に出走してきた馬。

 

しかし、同枠に報知杯弥生賞を勝ったコスモオオゾラが配置されていたことが、ゴールドシップにとっては救いでした。

 

また、ゴールドシップは7枠14番のスペシャルゲートに配置され、4人気で勝っています。

フジテレビ賞スプリングステークス1着馬不在の皐月賞からのサイン

過去に、フジテレビ賞スプリングステークス1着馬が出走しなかった皐月賞は、1986年、1996年、2001年。

 

では、1986年、1996年、2001年の皐月賞の結果を見てみます。

 

1986年皐月賞(21頭立て)

1着 ダイナコスモス  牡4 57㎏ 8枠19番(逆3番)岡部幸雄騎手 5人気

前走  報知杯弥生賞(中山2000m)5人気2着(1着同枠)

前々走 京成杯(中山1600m)1人気3着

3走前 朝日杯3歳ステークス(中山1600m)5人気2着

2着 フレッシュボイス 牡4 57㎏ 6枠13番(逆9番)田原成貴騎手 4人気

前走 毎日杯(阪神2000m)2人気1着

前々走 日刊スポーツ賞シンザン記念(京都1600m)2人気1着

3着 アサヒエンペラー 牡4 57㎏ 1枠2番(逆20番)中舘英二騎手 3人気

前走 報知杯弥生賞(中山2000m)1人気4着

前々走 400万下条件戦・若竹賞(中山2000m)1人気1着

 

1996年皐月賞(18頭立て)

1着 イシノサンデー 牡4 57㎏ 3枠5番(逆14番)四位洋文騎手 4人気

前走 報知杯弥生賞(中山2000m)1人気3着

前々走 ジュニアカップ(東京ダート1600m)1人気1着

2着 ロイヤルタッチ 牡4 57㎏ 3枠6番(逆13番)南井克巳騎手 1人気

前走 若葉ステークス(中山2000m)1人気2着

前々走 きさらぎ賞(京都1800m)1人気1着

3着 メイショウジェニエ 牡4 57㎏ 4枠8番(逆11番)河内洋騎手 9人気

前走 フジテレビ賞スプリングステークス(中山1800m)3人気5着

前々走 アーリントンカップ(阪神1600m)6人気2着

 

2001年皐月賞(18頭立て)

1着 アグネスタキオン 牡3 57㎏ 4枠7番(逆12番)河内洋騎手 1人気

前走  報知杯弥生賞(中山2000m)1人気1着

前々走 ラジオたんぱ杯3歳ステークス(阪神2000m)2人気1着

2着 ダンツフレーム 牡3 57㎏ 7枠14番(逆5番)藤田伸二 騎手 3人気

前走 アーリントンカップ(阪神1600m)1人気1着

前々走 きさらぎ賞(京都1800m)3人気2着

3着 ジャングルポケット 牡3 57㎏ 1枠1番(逆18番)角田晃一騎手 2人気

前走 共同通信杯(東京1800m)1人気1着

前々走 ラジオたんぱ杯3歳ステークス(阪神2000m)3人気2着

 

1986年、1996年、2001年の皐月賞の共通項は報知杯弥生賞の1~3着馬が1着であることですね。

 

でも、もう少し、詳しく見てみることにします。

 

1986年皐月賞1着のダイナコスモスは報知杯弥生賞1着同枠馬で、 2001年皐月賞1着のアグネスタキオンは報知杯弥生賞1着馬です。

 

では、1996年の報知杯弥生賞1着馬は、1996年の皐月賞でどんな結果だったのでしょう?

 

実は、1996年の報知杯弥生賞1着馬のダンスインザダークは、1996年の皐月賞に出走していません。

 

残念ですね。

 

でも、ダンスインザダークと報知杯弥生賞で同枠だったトピカルコレクターという馬が、1996年の皐月賞に出走していました。

 

トピカルコレクターは、皐月賞で1着対角に配置されていた馬。

 

トピカルコレクターが皐月賞の前に出走していたレースは、東京ダート1400mの新馬戦(1着)、東京ダート1600mの500万下の条件戦(1着)、中山2000mの報知杯弥生賞(8着)、中山1800mのフジテレビ賞スプリングステークス(7着)の4レース。

 

この中で、気になるのは東京ダート1600mの1着歴。

 

1986年皐月賞1着馬のダイナコスモスは、東京芝1600mの400万下条件戦(平場)を勝っています。

 

また、2001年皐月賞の2着馬のダンツフレームの同枠馬であるシンコウカリドも、東京ダート1600mの500万下条件戦(平場)を勝っています。

 

皐月賞2019の出走馬で、東京芝1600mの1着歴があるのはダノンキングリーだけです。

スポンサーリンク

皐月賞2019の予想の結論

日刊スポーツ賞シンザン記念から始まった「春の3歳重賞馬連」ですが、桜花賞とアーリントンカップでは7人気という一致が見られました。

 

アーリントンカップでは、5枠9番の12人気のイベリスが1着、5枠10番の7人気のカテドラルが2着となっています。

 

また、アーリントンカップも皐月賞2019も同じ18頭立てであることから、9番、10番、12人気、7人気の馬が候補になります。

 

そして、ファンタジストにも触れたいと思います。

 

ファンタジストは、2歳新馬戦1着、小倉2歳ステークス1着、 京王杯2歳ステークス1着、朝日杯フューチュリティステークス1着平行、フジテレビ賞スプリングステークス2着(1着平行)と自身及び筋配置の馬を1着にしてきた馬。

 

このことから、ファンタジスト自身、同枠のダノンキングリー、平行のサートゥルナーリア、対角のタガノディアマンテが連対する可能性が高いと見ます。

 

以上を整理すると、「春の3歳重賞馬連」からメイショウテンゲン、シュヴァルツリーゼ、7人気(ニシノデイジー?)、12人気(ランスオブプラーナ?)。

 

ファンタジストの筋からファンタジスト、ダノンキングリー、サートゥルナーリア、タガノディアマンテですが、タガノディアマンテは厳しいと見ます。

 

ここから絞ると、「春の3歳重賞馬連」からは、シュヴァルツリーゼと12人気(ランスオブプラーナ?)。

 

ファンタジストの筋からファンタジスト、ダノンキングリー、サートゥルナーリアにします。

 

シュヴァルツリーゼとランスオブプラーナからファンタジスト、ダノンキングリー、サートゥルナーリアへ。

 

そして、シュヴァルツリーゼとランスオブプラーナの組み合わせ。

スポンサーリンク