2017年の皐月賞は、9人気のアルアインが勝ち、2着には4人気のペルシアンナイト、3着には12人気のダンビュライトが入り、3連単は100万越えの大荒れの結果!

 

2018年の皐月賞も、7人気のエポカドーロが1着、9人気のサンリヴァルが2着、8人気のジェネラーレウーノが3着に入り、3連単は30万越えの波乱の結果になっています。

 

今年の皐月賞も荒れた結果が待っているのでしょうか?

 

今回は、皐月賞2019のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

皐月賞2019の出走予定(特別登録)

皐月賞2019の出走予定(特別登録)は19頭。

 

皐月賞2019の出走可能頭数は18頭なので、現時点でダディーズマインドが除外対象となっています。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アドマイヤジャスタ 牡3 57.0kg 岩田 康誠 須貝 尚介
2 アドマイヤマーズ 牡3 57.0kg M.デムーロ 友道 康夫
3 ヴェロックス 牡3 57.0kg 川田 将雅 中内田 充正
4 エメラルファイト 牡3 57.0kg 石川 裕紀人 相沢 郁
5 クラージュゲリエ 牡3 57.0kg 横山 典弘 池江 泰寿
6 クリノガウディー 牡3 57.0kg 藤岡 佑介 藤沢 則雄
7 サトノルークス 牡3 57.0kg 池添 謙一 池江 泰寿
8 サートゥルナーリア 牡3 57.0kg C.ルメール 角居 勝彦
9 シュヴァルツリーゼ 牡3 57.0kg 石橋 脩 堀 宣行
10 タガノディアマンテ 牡3 57.0kg 田辺 裕信 鮫島 一歩
11 ダディーズマインド 牡3 57.0kg 宮崎 北斗 青木 孝文
12 ダノンキングリー 牡3 57.0kg 戸崎 圭太 萩原 清
13 ナイママ 牡3 57.0kg 柴田 大知 武藤 善則
14 ニシノデイジー 牡3 57.0kg 勝浦 正樹 高木 登
15 ファンタジスト 牡3 57.0kg 武 豊 梅田 智之
16 ブレイキングドーン 牡3 57.0kg 福永 祐一 中竹 和也
17 メイショウテンゲン 牡3 57.0kg 三浦 皇成 池添 兼雄
18 ラストドラフト 牡3 57.0kg A.シュタルケ 戸田 博文
19 ランスオブプラーナ 牡3 57.0kg 松山 弘平 本田 優

参考 netkeiba

ゲストプレゼンターからのサイン

皐月賞2019のゲストプレゼンターは、JRA年間プロモーションキャラクターを務める土屋太鳳!

 

土屋太鳳は、過去に、2017年大阪杯、2017年チャンピオンズカップ、2018年オークス、2018年エリザベス女王杯でプレゼンターを務めています。

 

2017年大阪杯はキタサンブラック、2017年チャンピオンズカップはゴールドドリーム、2018年オークスはアーモンドアイ、2018年エリザベス女王杯はリスグラシューが勝っています。

 

この4頭の共通項は、既にG1で連対していた馬ということです。

フジテレビ賞スプリングステークス3着馬不出走からのサイン

皐月賞2019には、フジテレビ賞スプリングステークス3着馬のディキシーナイトの登録がありません。

 

重賞は2着までに賞金加算があるので、フジテレビ賞スプリングステークス3着馬は、賞金加算がなく、優先出走権がある馬ということになります。

 

過去に、フジテレビ賞スプリングステークス3着馬が不在だった皐月賞は、1990年、1994年、2002年、2003年、2013年。

 

このうち、1990年のフジテレビ賞スプリングステークスは皐月賞への優先出走権の頭数が異なり、2002年はフジテレビ賞スプリングステークス2着馬も皐月賞に出走していません。

 

また、1994年のフジテレビ賞スプリングステークスはG1の朝日杯3歳ステークスを勝ったナリタブライアン、2013年はG1の朝日杯フューチュリティステークスを勝ったロゴタイプがフジテレビ賞スプリングステークスを勝っているので、2019年のフジテレビ賞スプリングステークスとは違いますが、2003年のフジテレビ賞スプリングステークスを含めて、この3年間は、すべて、フジテレビ賞スプリングステークスを勝った馬が皐月賞を勝っています。

 

ただし、1994年、2003年、2013年のフジテレビ賞スプリングステークス1着馬は、すべて、皐月賞で1人気に支持されていた馬。

 

エメラルファイトはどうなんでしょうね。

スポンサーリンク

最後に

皐月賞と同じ中山2000m設定の2歳G1ホープフルステークスの1着馬のサートゥルナーリアが、皐月賞2019に登録しています。

 

サートゥルナーリアは、トライアルレースを挟まず、皐月賞に直行してきました。

 

昨年のホープフルステークスの1着馬のタイムフライヤーは、若葉ステークスを経て、皐月賞に出走して、10着に敗れています。

 

果たして、皐月賞直行が吉と出るのでしょうか?

スポンサーリンク