サマーマイルシリーズ第2弾となる関屋記念。

 

今年もWIN5は、昨年に引き続き3レース目で開催されます。

 

関屋記念の番組設計は特別指定交流競走の別定戦。

 

サマーマイルシリーズの第1弾であったトヨタ賞中京記念が、特別指定交流競走のハンデ戦と異なります。

 

ハンデ戦と別定戦の違いをどのように表現してくるのでしょうか?

 

今回は関屋記念2017の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

関屋記念2017の出馬表

出典 JRA

 

関屋記念2017には17頭の登録があり、ムーンエクスプレスが回避して16頭立てになりました。

 

現在のところ、1人気はメートルダール、2人気はウインガニオン、3人気はロードクエストとなっています。

 

関屋記念2017の出馬表と裏番組のエルムステークスを比べると、関屋記念2017の6番にキャロットファーム、エルムステークスの逆6番にキャロットファームが馬主の馬がいますね。

1枠 1番 ダノンプラチナ 56.0kg 牡5 蛯名 正義 国枝 栄
2番 レッドレイヴン 56.0kg 牡7 北村 宏司 藤沢 和雄
2枠 3番 マルターズアポジー 57.0kg 牡5 武士沢 友治 堀井 雅広
4番 トーセンデューク 56.0kg 牡6 小崎 綾也 藤原 英昭
3枠 5番 ロサギガンティア 57.0kg 牡6 大野 拓弥 藤沢 和雄
6番 メートルダール 56.0kg 牡4 M.デムーロ 戸田 博文
4枠 7番 マル地 ショウナンバッハ 56.0kg 牡6 柴田 善臣 上原 博之
8番 オールザゴー 53.0kg 牡3 内田 博幸 矢作 芳人
5枠 9番 クラリティスカイ 56.0kg 牡5 横山 典弘 斎藤 誠
10番 ダノンリバティ 56.0kg 牡5 松若 風馬 音無 秀孝
6枠 11番 ヤングマンパワー  57.0kg 牡5 石橋 脩 手塚 貴久
12番 ブラックムーン 56.0kg 牡5 川田 将雅 西浦 勝一
7枠 13番 マイネルハニー 56.0kg 牡4 柴田 大知 栗田 博憲
14番 ロードクエスト 56.0kg 牡4 池添 謙一 小島 茂之
8枠 15番 ウインガニオン 57.0kg 牡5 津村 明秀 西園 正都
16番 ウキヨノカゼ 55.0kg 牝7 吉田 隼人 菊沢 隆徳

関屋記念2017の出走馬情報からのサイン

出典 JRA

 

出走馬情報には、ウインガニオン、メートルダール、ブラックムーン、ヤングマンパワー、ロードクエスト、ダノンプラチナ、マイネルハニー、ウキヨノカゼの記載がありました。

 

少なくとも、この中から1頭は連対しそうですね。

JRAカレンダーからのサイン

8月JRAカレンダーは「夏の日」。

 

撮影場所は新冠町となっています。

 

新冠で生産された馬は、マルターズアポジー、クラリティスカイ、ウインガニオンの3頭。

 

この馬達自身及び同枠には注意したいと思います。

過去のサマーマイルシリーズからの考察

今年のトヨタ賞中京記念1着馬のウインガニオンが、関屋記念2017に出走してきました。

 

サマーマイルシリーズは2012年からサマーシリーズになりましたので、2012年から2016年までが実績として存在します。

 

このうち、トヨタ賞中京記念1着馬が出走した関屋記念は、2013年と2015年の2年です。

 

2013年関屋記念(18頭立て)

1着 レッドスパーダ 1枠1番(逆18番) 57kg 牡7 北村宏司騎手 4人気

前走 パラダイスステークス(特指別定戦)1着

NHKマイルカップ2着馬

同枠 ザラストロ 53kg 牡3 酒井学騎手 10人気

前走 トヨタ賞中京記念7着

NHKマイルカップ16着(2着対角)

2着 ジャスタウェイ 8枠16番(逆3番) 56kg  牡4 福永祐一騎手 1人気

前走 エプソムカップ(特指別定戦)2着

同枠 カリバーン 56kg  せん6 伊藤工真騎手 ブービー人気

前走 函館記念11着

同枠 ウインドジャズ  56kg  牡6 石橋脩騎手 最下位人気

前走 トヨタ賞中京記念11着

3着 レオアクティブ 2枠3番(逆16番) 56kg  牡4 横山典弘騎手 3人気

前走 バーデンバーデンカップ( 特指ハンデ戦)3着

同枠  シルクアーネスト 56kg 牡6 宮崎北斗騎手 12人気

前走 福島テレビオープン(指定別定戦)1着

10着 フラガラッハ 3枠5番(逆14番)  57kg 牡6 高倉稜騎手 5人気

前走 トヨタ賞中京記念1着

 

2015年関屋記念(12頭立て)

1着  レッドアリオン 8枠12番(逆1番) 57kg 牡5 川須栄彦騎手 2人気

前走 トヨタ賞中京記念2人気8着

3走前 読売マイラーズカップ(指定別定戦)1着

同枠 エキストラエンド 57kg 牡6 デムーロ騎手 5人気

前走 安田記念9着

2着 マジェスティハーツ 4枠4番(逆9番) 56kg 牡5 森一馬騎手 6人気

前走 鳴尾記念(特指別定戦)2着

3着 ヤングマンパワー 7枠10番(逆3番) 53kg 牡3  松岡正海騎手 9人気

前走 NHKマイルカップ6着

同枠 ゴールドベル 56kg 牡6 小牧太騎手 最下位人気

前走 トヨタ賞中京記念10着

11着 スマートオリオン 3枠3番(逆10番) 57kg 牡5 戸崎圭太騎手 4人気

前走 トヨタ賞中京記念1着

 

2013年と2015年の共通項は、1着馬がトヨタ賞中京記念1着馬と同斤量の馬で、東京ホースレーシングの馬であること。

 

また、1着馬は1年以内に別定戦で1着になっています。

 

また、2着馬は前走で特別指定交流競走の別定戦で2着になっている馬となっています。

 

WIN5からの考察

2015年まではWIN5の5レース目に指定されていた関屋記念ですが、昨年から3レース目に変更されています。

 

昨年の関屋記念の優勝馬であるヤングマンパワーは、福島民報杯、谷川岳ステークス、多摩川ステークスとWIN5の3レース目に指定されたレースで連対してきた馬でした。

 

また、2着となったダノンリバティも六甲ステークスで連対してきた馬です。

 

今年の関屋記念の出走馬を見てみます。

 

WIN5の3レース目である福島記念と小倉大賞典を制したマルターズアポジー、トリトンステークスを制したトーセンデューク、多摩川ステークスを勝ったメートルダール、マーガレットステークス1着のオールザゴー、谷川岳ステークス1着のウインガニオン、2着のダノンリバティ、昨年の関屋記念1着のヤングマンパワーと、結構います。

JRAフェイスブックからのサイン

出典 JRAフェイスブック

 

JRAフェイスブックに取り上げらていた馬はアドマイヤドン。

 

ただし、アドマイヤドンはエルムステークスの方です。

 

でも、アドマイヤドンといえば、G1馬なんですよね。

 

朝日杯フューチュリティステークスを制した馬でもあります。

スポンサーリンク

まとめ

ムーンエクスプレスが回避したわけですが、ムーンエクスプレスの個性は牝馬であることです。

 

裏番組でも牝馬が回避して、牝馬が1頭になっていました。

 

こちらも、唯一の牝馬であるウキヨノカゼを軸にします。

 

相手は、ダノンプラチナ、クラリティスカイ、ロードクエスト、オールザゴーにします。

スポンサーリンク