サマーマイルシリーズはトヨタ賞中京記念、関屋記念、京成杯オータムハンデキャップの3レースしかないシリーズです。

 

このため、チャンピオンが2頭いる年もあれば、チャンピオンがいない年もある不思議なシリーズ。

 

今年のサマーマイルシリーズは、チャンピオンが誕生するのでしょうか?

 

今回はサマーマイルシリーズ第2弾の関屋記念2018の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

関屋記念2018の出馬表

出典 JRA

 

関屋記念2018には15頭が登録し、15頭全頭が出走してきました。

 

現在のところ、1人気はプリモシーン、2人気はエイシンティンクル、3人気はワントゥワンとなっています。

1枠 1番 ベルキャニオン 牡7 56.0kg 石橋 脩 堀 宣行
2枠 2番 フロンティア 牡3 53.0kg 福永 祐一 中内田 充正
3番 スターオブペルシャ せん5 56.0kg 内田 博幸 藤沢 和雄
3枠 4番 エイシンティンクル 牝5 54.0kg 和田 竜二 坂口 正則
5番 ショウナンアンセム 牡5 56.0kg 田辺 裕信 田中 剛
4枠 6番 リライアブルエース 牡5 56.0kg 戸崎 圭太 矢作 芳人
7番 ジョーストリクトリ 牡4 56.0kg 田中 勝春 清水 久詞
5枠 8番 ロードクエスト 牡5 56.0kg 三浦 皇成 小島 茂之
9番 チェッキーノ 牝5 54.0kg 杉原 誠人 藤沢 和雄
6枠 10番 ワントゥワン 牝5 54.0kg M.デムーロ 藤岡 健一
11番 チャンピオンルパン 牡7 56.0kg 石川 裕紀人 勢司 和浩
7枠 12番 プリモシーン 牝3 51.0kg 北村 宏司 木村 哲也
13番 ウインガニオン 牡6 58.0kg 津村 明秀 西園 正都
8枠 14番 ヤングマンパワー 牡6 57.0kg 大野 拓弥 手塚 貴久
15番 ロッカフラベイビー 牝6 54.0kg 柴田 善臣 鹿戸 雄一

新潟2歳ステークス1着馬が3歳で関屋記念に出走した時のサイン

新潟2歳ステークス1着馬の3歳馬であるフロンティアが、関屋記念2018に出走します。

 

過去に、新潟2歳ステークス1着馬が3歳時に関屋記念に出走したケースは2007年と2013年。

 

2007年関屋記念(18頭立て)

1着 カンパニー 牡6 56㎏ 3枠6番(逆13番)福永祐一騎手 1人気

前走 天皇賞秋(東京2000m)9人気16着

前々走 毎日王冠(東京1800m)4人気5着

2着 シンボリグラン マル外 牡5 56㎏ 7枠15番(逆4番)柴山雄一騎手 3人気

前走 阪急杯(阪神1400m)5人気5着

前々走 阪神カップ(阪神1400m)2人気5着

4走前 毎日放送賞スワンステークス(京都1400m・指定・別定)8人気2着

3着 マイケルバローズ 牡6 56㎏ 5枠10番(逆9番)柴田善臣騎手 12人気

前走 米子ステークス(阪神1600m)5人気9着

前々走 1600万条件戦・湘南ステークス(東京1600m)5人気1着

14着 ゴールドアグリ 牡3 53㎏ 1枠1番(逆18番)坂井英光騎手 10人気

前走 ラジオNIKKEI賞(福島1800m)9人気14着

前々走 日本ダービー(東京2400m)16人気17着

2006年新潟2歳ステークス1着馬

 

2013年関屋記念(18頭立て)

1着 レッドスパーダ 牡7 57㎏ 1枠1番(逆18番) 北村宏司騎手 4人気

前走 パラダイスステークス(東京1400m・特指・別定)3人気1着

前々走 京王杯スプリングカップ(東京1400m)12人気12着

2着 ジャスタウェイ 牡4 56㎏ 8枠16番(逆3番)福永祐一騎手 1人気

前走 エプソムカップ(東京1800m・特指・別定)3人気2着

前々走 中日新聞杯(中京2000m)2人気8着

3着 レオアクティブ 牡4 56㎏ 2枠3番(逆16番)横山典弘騎手 3人気

前走 バーデンバーデンカップ(福島1200m)1人気3着

前々走 パラダイスステークス(東京1400m)1人気3着(1着同枠)

13着 ザラストロ 牡3 53㎏ 1枠2番(逆17番)酒井学騎手 10人気

前走 トヨタ賞中京記念(中京1600m)12人気7着

前々走 CBC賞(中京1200m)7人気7着(同着)

2012年新潟2歳ステークス1着馬

 

2006年の新潟2歳ステークス1着馬のゴールドアグリは、2007年の関屋記念で3着平行、2012年の新潟2歳ステークス1着馬のザラストロは、2013年の関屋記念で1着同枠配置となっています。

 

関屋記念2018に出走するフロンティアは、トヨタ賞中京記念に出走している古馬対戦歴のある馬なので、ザラストロに近い馬でしょう。

JRAフェイスブックからのサイン

出典 JRAフェイスブック

 

JRAフェイスブックには2014年関屋記念優勝のクラレントの記事がありました。

前年のエプソムカップ(GIII)の勝利から、毎日王冠(GII)3着、阪神カップ(GII)3着、東京新聞杯(GIII)3着、京王杯スプリングカップ(GII)2着など惜しいレースが続いていましたが、この日は2着に1/2馬身差をつけて1年2ヶ月ぶりの勝利を掴みました。

出典 JRAフェイスブック

 

クラレントから連想される馬は1年以上勝っていない重賞既勝馬、トヨタ賞中京記念で1ポイント得ている馬あたりでしょうか。

スポンサーリンク

関屋記念2018の予想の結論

チェッキーノに騎乗している杉原誠人騎手が、今年騎乗した重賞は報知杯フィリーズレビュー、新潟大賞典、アイビスサマーダッシュの3レース。

 

いずれも、杉原誠人騎手が騎乗した馬の隣の馬が連対しています。

 

そこで、ロードクエストからウインガニオン、フロンティア、スターオブペルシャ、ベルキャニオン、ショウナンアンセムにします。

スポンサーリンク