産経賞セントウルステークスは、スプリンターズステークスの前哨戦であり、サマースプリントシリーズの最終戦です。

 

同じサマースプリントシリーズに組み込まれていて、スプリンターズステークスの前哨戦となっているキーンランドカップとは、夏季番組と秋季番組で分れています。

 

今回は、産経賞セントウルステークス2018のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

産経賞セントウルステークス2018の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

産経賞セントウルステークス2018の出走予定(特別登録)は16頭。

 

昨年の産経賞セントウルステークスは3歳馬がいませんでしたが、産経賞セントウルステークス2018にはアサクサゲンキ、アンヴァル、ラブカンプーの3頭が登録しています。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アクティブミノル 牡6 56.0kg 酒井 学 北出 成人
2 アサクサゲンキ 牡3 54.0kg 松山 弘平 音無 秀孝
3 アドマイヤゴッド 牡6 56.0kg 北村  友一 須貝 尚介
4 アンヴァル 牝3 52.0kg 藤岡 健一
5 ウインソワレ 牝6 54.0kg 菱田 裕二 宮本 博
6 グレイトチャーター 牡6 56.0kg 幸 英明 鮫島 一歩
7 コウエイタケル 牡7 56.0kg 山内 研二
8 ダイアナヘイロー 牝5 54.0kg 武 豊 大根田 裕之
9 ネロ 牡7 56.0kg 福永 祐一 森 秀行
10 ファインニードル 牡5 58.0kg 川田 将雅 高橋 義忠
11 フミノムーン 牡6 56.0kg 国分 優作 西浦 勝一
12 ブラヴィッシモ 牡6 56.0kg 須貝 尚介
13 マッチレスヒーロー 牡7 56.0kg 金成 貴史
14 ラインスピリット 牡7 56.0kg 森 一馬 松永 昌博
15 ラブカンプー 牝3 52.0kg M.デムーロ 森田 直行
16 レジーナフォルテ 牝4 54.0kg 杉原 誠人 佐藤 吉勝

参考 netkeiba

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーショーからのサイン

産経賞セントウルステークス2018が開催される9月9日に、阪神競馬場で「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーショー」が行われます。

 

こんなイベント、過去にあったなと思って探してみたら、ありました!

 

今年の読売マイラーズカップが行われた日に、京都競馬場で行われていました。

出典 JRA

 

読売マイラーズカップはサングレーザーが勝ちましたが、福永祐一騎手が騎乗していました。

 

でも、気になるのは2着の方。

 

9番のモズアスコットが2着になったのですが、産経賞セントウルステークス2018は9月9日に行われますよね。

 

やはり9番は気になります。

サマースプリントシリーズからのサイン

サマースプリントシリーズはキーンランドカップまで終了し、アレスバローズがトップの20ポイント!

 

産経賞セントウルステークスは1着に12ポイント加算されるレースなので、現在8ポイントの馬なら、チャンピオンになれます。

 

しかし、14ポイントのダイメイプリンセス、14ポイントのナックビーナス、10ポイントのセイウンコウセイは登録していません。

 

登録してきたのは、9ポイントのラブカンプーのみ。

 

過去にキーンランドカップ終了時点で、サマースプリントシリーズのトップが20ポイントだったのは2010年、2011年、2015年。

 

2010年は、ワンカラットが函館スプリントステークスとキーンランドカップで20ポイント。

 

2011年は、カレンチャンが函館スプリントステークスとキーンランドカップで20ポイント。

 

2015年は、ベルカントがアイビスサマーダッシュと北九州記念で20ポイント。

 

キーンランドカップはスプリンターズステークスの前哨戦と考えれば、2015年が近い感じがします。

 

2015年セントウルステークス(16頭立て)

1着 アクティブミノル  牡3 54kg 3枠6番(逆11番) 藤岡康太騎手 10人気

前走 ニュージーランドトロフィー(中山1600m)6人気15着

前々走 中日スポーツ賞ファルコンステークス(中京1400m)4人気2着

同枠  ホウライアキコ 牝4 54kg 池添謙一騎手 11人気

3走前 安土城ステークス(京都1400m)2人気2着

2着 ウリウリ 牝5 54kg 8枠16番(逆1番)岩田康誠騎手 1人気

前走 CBC賞(中京1200m)2人気1着

前々走 安土城ステークス(京都1400m)1人気1着

3着 バーバラ 牝6 54kg 4枠8番(逆9番)武豊騎手 5人気

前走 テレビ西日本賞北九州記念(小倉1200m)6人気4着

前々走 バーデンバーデンカップ(福島1200m)5人気1着

 

2015年セントウルステークスで1着となったのは、10人気のアクティブミノル。

 

何でこの馬という感じですが、アクティブミノルは1200mに限れば2戦2勝だった馬です。

 

また、安土城ステークス2着のホウライアキコが同枠配置されたことも大きかったのでしょう。

 

2015年セントウルステークスに出走したアクティブミノルは3歳馬で、サマースプリントシリーズには出走していなかった馬でした。

 

産経賞セントウルステークス2018に出走予定の3頭の3歳馬は、サマースプリントシリーズに出走している馬です。

 

ただ、アクティブミノルの戦歴に、函館2歳ステークス1着という戦歴があるのが気になります。

 

2歳重賞を勝っているアサクサゲンキは注意した方が良いかも知れません。

スポンサーリンク

最後に

おそらく人気になるであろうファインニードルは、前年の産経賞セントウルステークス1着馬です。

 

閉幕戦ということで2年続けて勝たせるのでしょうか?

 

それとも…

スポンサーリンク