2019年の1回京都1日に行われたスポーツニッポン賞京都金杯は、1人気の明け4歳馬のパクスアメリカーナが勝ちました。

 

また、裏番組の日刊スポーツ賞中山金杯は、前年2着馬のウインブライトが勝ちました。

 

この結果を踏まえて、1回京都2日の日刊スポーツ賞シンザン記念2019の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

日刊スポーツ賞シンザン記念2019の出馬表

出典 JRA

 

日刊スポーツ賞シンザン記念2019には15頭が登録し、グッドレイズ、クリノガウディー、ファタリテが回避し、12頭立てとなっています。

 

現在のところ、1人気はアントリューズ、2人気はヴァルディゼール、3人気はミッキーブリランテとなっています。

 

出馬表を見ると、ロードカナロア産駒のアントリューズとドナウデルタが同枠となっています。

1枠 1番 マイネルフラップ 牡3 56.0kg 吉田 隼人 梅田 智之
2枠 2番 ヴァルディゼール 牡3 56.0kg 北村 友一 渡辺 薫彦
3枠 3番 ハッピーアワー 牡3 56.0kg 秋山 真一郎 武 幸四郎
4枠 4番 ゴータイミング 牡3 56.0kg 武 豊 松永 幹夫
5枠 5番 アントリューズ 牡3 56.0kg 川田 将雅 栗田 徹
6番 ドナウデルタ 牝3 54.0kg 福永 祐一 石坂 正
6枠 7番 ニホンピロヘンソン 牡3 56.0kg 浜中 俊 安達 昭夫
8番 ミヤケ 牡3 56.0kg 松山 弘平 村山 明
7枠 9番 パッシングスルー 牝3 54.0kg 池添 謙一 黒岩 陽一
10番 ミッキーブリランテ 牡3 56.0kg 坂井 瑠星 矢作 芳人
8枠 11番 シャドウエンペラー 牡3 56.0kg 和田 竜二 岡田 稲男
12番 コパノマーティン 牡3 56.0kg 藤岡 康太 村山 明

日刊スポーツ賞中山金杯とスポーツニッポン賞京都金杯からのサイン

開催初日となった日刊スポーツ賞中山金杯は、前年の日刊スポーツ賞中山金杯2着馬のウインブライトが勝ちました。

 

ウインブライトは、前年の日刊スポーツ賞中山金杯でも松岡正海騎手が騎乗しています。

 

一方、同日に行われたスポーツニッポン賞京都金杯は、パクスアメリカーナが勝ちましたが、同枠のトゥラヴェスーラに騎乗していた浜中俊騎手は、前年のスポーツニッポン賞京都金杯にも騎乗していて、2着馬のクルーガーに騎乗していました。

 

つまり、前年の2着馬に騎乗していた騎手が、1着枠にいたことになります。

 

では、前年の日刊スポーツ賞シンザン記念の結果を見てみます。

 

2018年日刊スポーツ賞シンザン記念(11頭立て)

1着 アーモンドアイ 牝3 54㎏ 3枠3番(逆9番)戸崎圭太騎手 1人気

2着 ツヅミモン 牝3 54㎏ 6枠7番(逆5番) 秋山真一郎騎手 7人気

 

前年の日刊スポーツ賞シンザン記念の2着馬の騎乗騎手は秋山真一郎騎手です。

 

また、日刊スポーツ賞中山金杯とスポーツニッポン賞京都金杯には、マル外の馬が出走していました。

 

日刊スポーツ賞中山金杯のマル外は、1枠1番のタニノフランケルと5枠9番のストロングタイタン。

 

タニノフランケルを起点にマイナス3 ステイフーリッシュ 2着

ストロングタイタンを起点にプラス3 ウインブライト 1着

 

スポーツニッポン賞京都金杯のマル外は、7枠13番のアサクサゲンキ。

 

アサクサゲンキを起点にプラス3  マイスタイル 2着

スポンサーリンク

日刊スポーツ賞シンザン記念2019の予想の結論

秋山真一郎騎手が騎乗するハッピーアワーは単独枠であることから、ハッピーアワーあるいは対角のミッキーブリランテが候補となりますが、気になるのは、日刊スポーツ賞中山金杯とスポーツニッポン賞京都金杯も逆6番が1着になっていることですね。

 

そこで、ハッピーアワーとドナウデルタからマイネルフラップ、パッシングスルー、そしてアントリューズに流します。

 

傾向がつかめないので、少額で遊んでみます。

スポンサーリンク