シルクロードステークスと根岸ステークスを見比べると、奇妙な一致があることに気付きます。

 

4番にマル地のヒルノデイバローとニシケンモノノフ。

 

逆4番にヨハネスブルグ産駒のエイシンバッケンとネロ。

 

正逆4番というのは、気になるところです。

 

さて、今回はシルクロードステークスの予想を7してみたいと思います。

 

では、始めましょう。

スポンサーリンク

スプリンターズステークス3着馬の直接参戦

 

昨年行われたスプリンターズステークスの3着馬が、シルクロードステークスに直接参戦してきました。

 

スプリンターズステークスは、昨年の10月2日に行われているので、3着馬のソルヴェイグは4ヶ月ぶりの出走となります。

 

このケースはそれほどありません。

 

2013年のドリームバレンチノ、2012年のエーシンヴァーゴウ、2008年のアイルラヴァゲインの3頭しかいません。

 

このうちドリームバレンチノだけが連対を許されています。

 

2013年シルクロードステークス

1着 ドリームバレンチノ  6歳牡馬 58キロ 2人気 2枠4番

 

ドリームバレンチノの前々走は、キーランドカップで2人気で7着。

 

そして3走前は、函館スプリントステークスで1着となっています。

 

2012年シルクロードステークス

15着 エーシンヴァーゴウ 5歳牝馬 56.5キロ 3人気  2枠3番

 

エーシンヴァーゴウの前々走は、セントウルステークスで2人気で1着。

 

そして3走前は、テレビ西日本北九州記念で3着となっています。

 

2008年シルクロードステークス

15着 アイルラヴァゲイン 6歳牡馬 57キロ 2人気 5枠9番

 

アイルラヴァゲインの前々走は、セントウルステークスで3人気で5着。

 

そして3走前は、アイビスサマーダッシュで4着となっています。

 

今回シルクロードステークスに出走するソルヴェイグは、ドリームバレンチノの戦歴に似ています。

 

前々走が、キーランドカップで4人気4着。

 

3走前は、函館スプリントステークスで1着となっています。

2013年、2012年、2008年のシルクロードステークス

では、この3年の決着を見てみます。

 

2013年シルクロードステークス(16頭立て)

1着 ドリームバレンチノ  2枠4番  前走 スプリンターズステークス3着

同枠 アイラブリリ 前走 淀短距離ステークス1着

2着 ダッシャーゴーゴー  8枠16番 前走 スプリンターズステークス16着

 

2012年シルクロードステークス(16頭立て)

1着 ロードカナロア  4枠7番  前走 京阪杯1着 全戦1人気

2着 エーシンダックマン 7枠13番 前走 淀短距離ステークス1着

前々走 2011年アンコールステークス 2人気5着

 

2008年シルクロードステークス(16頭立て)

1着 ファイングレイン  1枠1番 前走 淀短距離ステークス1着

2着 コパノフウジン   7枠13番 前走 ガーネットステークス(ダート)11着

 

コパノフウジンだけは異質ですが、スプリンターズステークス以外は、前走で勝ってこいということでしょうか?

 

ただし、この3年間の共通項があります。

 

淀短距離ステークス1着馬が連対枠にいたことです。

 

そしてなぜか、正逆4番が連対していることです。

1回京都と2回京都

 

1回京都を終えて、すぐ2回京都が始まるということは、何らかの関連性があるのではと推論します。

 

1回京都1日11レース

京都金杯

1着 エアスピネル 6番

2着 ブラックスピネル 1番 福永騎手  同枠 和田騎手

 

2回京都1日11レース

河原町ステークス

1着 コウエイエンブレム  4番

2着 サウススターマン   6番  和田騎手

 

1回京都2日11レース

淀短距離ステークス(ゾロ目)

1着 セイウンコウセイ 11番 松田騎手

2着 セカンドテーブル 12番 武豊騎手

 

松田騎手と武豊騎手の枠は要注意ですね。

スポンサーリンク

まとめ

まずは、淀短距離ステークス1着馬のいる7枠です。

 

そして、ドリームバレンチノと似ているソルヴェイグが入った4枠。

 

そして武豊騎手の7番と京都のハンデ戦であることから、マイルチャンピオンシップの敗退馬である2番。

 

2013年のシルクロードステークスで2着となったダッシャーゴーゴーは、スプリンターズステークス16着でしたが2着馬と同枠でした。

 

ネロは、スプリンターズステークス2着のミッキーアイルと同枠だった馬。

 

よって、まずは枠連の4-7ですね。

 

そして、馬単で7枠を2着付にして4枠の両頭に流します。

 

そして、抑えに2番から7枠両頭へ。

 

根岸ステークスは、前回の予想と同じで8枠から2枠へ流す形となります。

 

こちらの予想は参考程度に考えてくださいね。

スポンサーリンク