高松宮記念の前哨戦に位置付けられているシルクロードステークス。

 

でも、優先出走権は与えられていません。

 

また、このシルクロードステークスはハンデ戦であることから、G1出走馬の救済レースの側面もありそうです。

 

今回はシルクロードステークス2018の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

シルクロードステークス2018の出馬表

出典 JRA

 

シルクロードステークス2018には22頭が登録し、アクティブミノル 、 コスモドーム 、 スマートカルロス 、 ディバインコードの4頭が除外され、18頭立てのフルゲートとなっています。

 

現在のところ、1人気はアレスバローズ、2人気はダイアナヘイロー、3人気はカラクレナイとなっています。

1枠 1番 ファインニードル 牡5 57.0kg 川田 将雅 高橋 義忠
2番 アレスバローズ 牡6 54.0kg M.デムーロ 角田 晃一
2枠 3番 グレイトチャーター 牡6 54.0kg 和田 竜二 鮫島 一歩
4番 フミノムーン 牡6 55.0kg 国分 優作 西浦 勝一
3枠 5番 アットザシーサイド 牝5 53.0kg 四位 洋文 浅見 秀一
6番 セカンドテーブル 牡6 56.0kg 水口 優也 崎山 博樹
4枠 7番 セイウンコウセイ 牡5 58.0kg 松田 大作 上原 博之
8番 ダイアナヘイロー 牝5 55.0kg 武 豊 福島 信晴
5枠 9番 キングハート 牡5 56.0kg 中谷 雄太 星野 忍
10番 マルチニシケンモノノフ 牡7 57.5kg 横山 典弘 庄野 靖志
6枠 11番 ユキノアイオロス せん10 53.0kg 川島 信二 和田 正道
12番 タマモブリリアン 牝5 52.0kg 古川 吉洋 南井 克巳
7枠 13番 カラクレナイ 牝4 54.0kg 池添 謙一 松下 武士
14番 ミッキーラブソング 牡7 56.0kg 松山 弘平 橋口 慎介
15番 ナックビーナス 牝5 54.0kg 勝浦 正樹 杉浦 宏昭
8枠 16番 ラインミーティア 牡8 57.0kg 西田 雄一郎 水野 貴広
17番 ロードクエスト 牡5 57.0kg 三浦 皇成 小島 茂之
18番 ナリタスターワン 牡6 55.0kg 幸 英明 高橋 亮

出走馬情報からのサイン

出典 JRA

 

出走馬情報にはダイアナヘイロー、セイウンコウセイ、ファインニードル、カラクレナイ、ナックビーナス、ロードクエスト、アレスバローズ、ニシケンモノノフの8頭の記載がありました。

 

この8頭の中から優勝馬が出そうですね。

1回京都からのサイン

シルクロードステークス2018は2回京都2日に行われます。

 

1回京都からのサインはあるのでしょうか?

 

1回京都1日 11R スポーツニッポン賞京都金杯(13頭立て)

1着  ブラックムーン 牡6 57kg  6枠9番(逆5番)武豊騎手 4人気

2着 クルーガー 牡6 57.5kg 8枠13番(逆1番)浜中俊騎手 3人気

 

2回京都1日 11R 北山ステークス(10頭立て)

1着 ロイヤルパンプ 牡6 57kg 8枠10番(逆1番)川田将雅騎手 4人気

2着 ジュンスパーヒカル 牡6 57kg 8枠9番(逆2番)岩田康誠騎手 1人気

 

1回京都1日のスポーツニッポン賞京都金杯も2回京都1日の北山ステークスも、逆1番が連対しています。

 

また、1着は両レースとも4人気になっています。

 

1回京都2日 11R 万葉ステークス(9頭立て)

1着 トミケンスラーヴァ 牡8 52kg 6枠6番(逆4番)秋山真一郎騎手 7人気

2着 リッジマン マル地 牡5 52kg 7枠7番(逆3番)古川吉洋騎手 3人気

スポンサーリンク

シルクロードステークス2018は第23回の開幕戦であることから、新しい馬を使ってくると思います。

 

アレスバローズかカラクレナイが気になります。

 

前回の12回開催は2007年でした。

 

勝ったエムオーウイナーは1月6日に行われた条件戦の新春ステークスを勝ち、シルクロードステークスに出走してきた馬でした。

 

2007年の1月6日のメーンレースはスポニチ賞京都金杯でした。

 

このことから、カラクレナイを軸とします。

 

相手はセイウンコウセイ、タマモブリリアン、ダイアナヘイロー、ニシケンモノノフにします。

 

抑えにアレスバローズとセイウンコウセイ。

スポンサーリンク