昨年のシルクロードステークスは、4人気のファインニードルが勝ち、5人気のセイウンコウセイが2着、3着には15人気のフミノムーンが飛び込み、3連単の配当は237,290円と荒れたレースとなりました。

 

ただし、ファインニードルはその後、高松宮記念とスプリンターズステークスを勝つことになりますから、4人気は評価が低すぎたことになります。

 

また、2着に入ったセイウンコウセイも、前年の2着馬で、高松宮記念を勝っているG1馬でした。

 

今回のシルクロードステークスは、どんな結果になるのでしょうね。

 

今回は、シルクロードステークス2019のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

シルクロードステークス2019の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

シルクロードステークス2019の出走予定(特別登録)は24頭。

 

2年連続2着のセイウンコウセイの名前がありますね。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アレスバローズ 牡7 57.5kg 川田 将雅 角田 晃一
2 アンヴァル 牝4 53.0kg 松山 弘平 藤岡 健一
3 エスティタート 牝6 53.0kg 浜中 俊 松永 幹夫
4 カラクレナイ 牝5 54.0kg 松下 武士
5 キングハート 牡6 56.0kg 中谷 雄太 星野 忍
6 コウエイタケル 牡8 55.0kg 山内 研二
7 コスモドーム 牡8 52.0kg 金成 貴史
8 サイタスリーレッド 牡6 57.0kg 池添 兼雄
9 ストーミーシー 牡6 54.0kg 斎藤 誠
10 セイウンコウセイ 牡6 58.0kg 池添 謙一 上原 博之
11 ダイメイプリンセス 牝6 55.0kg 秋山 真一郎 森田 直行
12 ダノンスマッシュ 牡4 56.5kg 北村 友一 安田 隆行
13 ティーハーフ 牡9 57.0kg 西浦 勝一
14 トウショウピスト 牡7 55.0kg 古川 吉洋 土田 稔
15 ナインテイルズ 牡8 56.0kg 福永 祐一 中村 均
16 ノボバカラ 牡7 55.0kg 森 秀行
17 ビップライブリー 牡6 55.0kg 高倉 稜 清水 久詞
18 フミノムーン 牡7 54.0kg 西浦 勝一
19 ペイシャフェリシタ 牝6 54.0kg 三浦 皇成 高木 登
20 ユキノアイオロス せん11 51.0kg 川須 栄彦 石毛 善彦
21 ライトフェアリー 牝7 53.0kg 国分 恭介 石毛 善彦
22 ラインスピリット 牡8 56.5kg 森 一馬 松永 昌博
23 ラブカンプー 牝4 54.0kg M.デムーロ 森田 直行
24 リョーノテソーロ 牡4 54.0kg 坂井 瑠星 武井 亮

参考 netkeiba

イベントからのサイン

第2回京都競馬開催イベントを見ると、シルクロードステークス2019が行われる1月27日には「ふわふわドーム装飾リニューアル記念! おがわじゅりさんサイン会」が行われるそうです。

 

ふわふわドームからは、コスモドームでしょうかね。

 

また、おがわじゅりは、神奈川県出身、宮城県在住のようなので、神奈川出身の森一馬騎手は気になります。

1着賞金3900万のレースからのサイン

シルクロードステークス2019は1着賞金3900万円のレースです。

 

1着賞金3900万円の重賞レースは、2019年には11レースが組まれており、その内ハンデ重賞はシルクロードステークス、ダービー卿チャレンジトロフィー、CBC賞、トヨタ賞中京記念、テレビ西日本賞北九州記念、京成杯オータムハンデキャップの6レース。

 

さらに、距離で分けるとシルクロードステークス、CBC賞、テレビ西日本賞北九州記念は1200m、ダービー卿チャレンジトロフィー、トヨタ賞中京記念、京成杯オータムハンデキャップは1600mのレースとなります。

 

シルクロードステークスはCBC賞、テレビ西日本賞北九州記念と関連が深いと考えられるので、CBC賞とテレビ西日本賞北九州記念の1着馬のアレスバローズは要注意ということになります。

 

アレスバローズ自身か、筋には気をつけたいですね。

スポンサーリンク

最後に

愛知杯2019が、シルクロードステークス2019と同じカク指定に変わっています。

 

愛知杯2019の結果が重要になりそうです。

 

また、愛知杯2019、根岸ステークス2019、シルクロードステークス2019の3レースにはマル地とマル外の登録があります。

 

出馬表が出たら、再検討したいと思います。

スポンサーリンク