皐月賞の優先出走権は報知杯弥生賞の1~3着馬、若葉ステークスの1・2着馬、そしてフジテレビ賞スプリングステークスの1~3着馬に与えられます。

当然、この3つのレースには共通項があります。

 

報知杯弥生賞と若葉ステークスの結果を踏まえて、フジテレビ賞スプリングステークス2018の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

フジテレビ賞スプリングステークス2018の出馬表

出典  JRA

 

フジテレビ賞スプリングステークス2018には15頭が登録し、エトナとサトノソルタスが回避し、13頭立てとなっています。

 

前日のフラワーカップと同じ頭数にしてきたことは気になります。

 

現在のところ、1人気はステルヴィオ、2人気はルーカス、3人気はエポカドーロとなっています。

1枠 1番 バールドバイ 牡3 56.0kg 北村 宏司 木村 哲也
2枠 2番 ルーカス 牡3 56.0kg M.デムーロ 堀 宣行
3枠 3番 コスモイグナーツ 牡3 56.0kg 津村 明秀 高橋 祥泰
4枠 4番 レノヴァール 牡3 56.0kg 北村 友一 高野 友和
5番 エポカドーロ 牡3 56.0kg 戸崎 圭太 藤原 英昭
5枠 6番 ハッピーグリン 牡3 56.0kg 大野 拓弥 田中 淳司
7番 ビッグスモーキー 牡3 56.0kg 浜中 俊 清水 久詞
6枠 8番 ステルヴィオ 牡3 56.0kg C.ルメール 木村 哲也
9番 フォルツァエフ 牡3 56.0kg F.ミナリク 森 秀行
7枠 10番 カフジバンガード 牡3 56.0kg 内田 博幸 松元 茂樹
11番 ゴーフォザサミット 牡3 56.0kg 田辺 裕信 藤沢 和雄
8枠 12番 マイネルファンロン 牡3 56.0kg 柴田 大知 手塚 貴久
13番 ライトカラカゼ 牡3 56.0kg 丸山 元気 相沢 郁

報知杯弥生賞と若葉ステークスからのサイン

報知杯弥生賞と若葉ステークスの結果を見てみます。

 

2018年報知杯弥生賞(10頭立て・中山2000m)

1着 ダノンプレミアム 8枠9番(逆2番)川田将雅騎手 1人気

前走 朝日杯フューチュリティステークス(阪神1600m)1人気1着

前々走 サウジアラビアロイヤルカップ(東京1600m)2人気1着

同枠 サンリヴァル 藤岡佑介騎手 5人気

前走 ホープフルステークス(中山2000m)5人気4着

前々走 芙蓉ステークス(中山2000m)3人気1着

2着 ワグネリアン 7枠8番(逆3番)福永祐一騎手 2人気

前走 東京スポーツ杯2歳ステークス(東京1800m)1人気1着

前々走 野菊路ステークス(阪神1800m)1人気1着

同枠 トラストケンシン  内田博幸騎手 7人気

前走 3歳未勝利戦(東京2400m)4人気1着

前々走 2歳未勝利戦(中山2000m)2人気3着

3着 ジャンダルム マル外 3枠3番(逆8番)武豊騎手 4人気

前走 ホープフルステークス(中山2000m)4人気2着

前々走 デイリー杯2歳ステークス(京都1600m)5人気1着

 

報知杯弥生賞は中山2000mの芙蓉ステークスが最終加算のサンリヴァルを同枠に従えたダノンプレミアムが1着。

 

2着は東京1800mの東京スポーツ杯2歳ステークスが最終加算のワグネリアンが2着

 

3着は中山2000mのホープフルステークスで2着で賞金を加算したジャンダルムが3着。

 

2018年若葉ステークス(12頭立て・阪神2000m)

1着 アイトーン 6枠7番(逆6番)国分恭介騎手 8人気

前走 3歳500万下条件戦・福寿草特別(京都2000m)7人気1着

前々走 2歳500万下条件戦・平場(阪神2000m)6人気7着(1着対角)

2着 ダブルシャープ マル地 6枠8番(逆5番)和田竜二騎手 3人気

前走 京成杯(中山2000m)4人気7着

前々走 朝日杯フューチュリティステークス(阪神1600m)7人気9着(3着対角)

3着 ロードアクシス 3枠3番(逆10番)酒井学騎手 11人気

前走 ホープフルステークス(中山2000m)13人気9着(3着平行)

 

一方、若葉ステークスは1人気のタイムフライヤーが5着に敗れる波乱となりました。

 

1着となったのは京都2000mの福寿草特別が最終加算のアイトーンが1着。

 

2着馬は同枠のマル地・ダブルシャープ。

 

3着馬は阪神1800mの未勝利戦が最終加算のロードアクシス。

 

ちなみに、4着は阪神2000mの未勝利戦のみの賞金しかなかったタニノフランケルでした。

 

この2つのレースを見ていくと、1着枠は2000mを最終加算とした馬が勝っています。

 

そして、報知杯弥生賞は1800mが最終加算の馬が2着。

 

若葉ステークスの場合はぞろ目なので、2番目に枠として入線した3着馬を見ると1800mが最終加算の馬でした。

 

ただし、報知杯弥生賞と若葉ステークスは2000mのレースですが、フジテレビ賞スプリングステークス2018は1800mのレースです。

 

この流れが反転するのではと思います。

 

1800mで最終加算した馬がいる枠が1着で、2000mで最終加算した馬がいる馬がいる枠が2着ではないでしょうか。

 

1800mで最終加算した馬はバールドバイ、ルーカス、コスモイグナーツ、レノヴァール、ハッピーグリン、ビッグスモーキーです。

地方馬の出走からのサイン

フジテレビ賞スプリングステークス2018には地方馬の出走があります。

 

同じように、牝馬路線の報知杯フィリーズレビューに地方馬の出走がありました。

 

2歳戦を考えれば、アルテミスステークスと京王杯2歳ステークスに地方馬の出走がありました。

 

アルテミスステークスに出走した地方馬のミスマンマミーアはラテュロスと同枠になっていました。

 

ラテュロスは高野友和厩舎所属で、社台レースホースが馬主となっています。

 

報知杯フィリーズレビューで1着となったリバティハイツは、 高野友和厩舎所属で、社台レースホースが馬主となっています。

 

そして、京王杯2歳ステークスに出走した地方馬のモリノラスボスはカシアスと同枠になっていました。

 

カシアスは清水久詞厩舎所属で、カナヤマホールディングスが馬主となっています。

 

カナヤマホールディングスが馬主の馬はフジテレビ賞スプリングステークス2018に出走していませんが、清水久詞厩舎所属の馬はいます。

 

ビッグスモーキーです。

 

ビッグスモーキーの枠が1着枠かも知れません。

スポンサーリンク

フジテレビ賞スプリングステークス2018の予想の結論

報知杯弥生賞と若葉ステークスで正8番が2着、正3番が3着となっています。

 

そこで、軸は決めずに組み合わせで予想します。

 

ビッグスモーキー・カフジバンガード・バールドバイ→ハッピーグリン・ステルヴィオ→コスモイグナーツ・ゴーフォザサミット

スポンサーリンク