皐月賞のステップレースは、報知杯弥生賞、若葉ステークス、そして、フジテレビ賞スプリングステークスの3レース。

 

報知杯弥生賞は8人気のメイショウテンゲンが勝ち、2着にも6人気のシュヴァルツリーゼが入る波乱の結果!

 

一方、若葉ステークスは1人気のヴェロックスが勝ち、2人気のワールドプレミアが2着という本命決着でした。

 

フジテレビ賞スプリングステークスは、どんな結果になるのでしょうね。

 

今回は、フジテレビ賞スプリングステークス2019の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

フジテレビ賞スプリングステークス2019の出馬表

出典 JRA

 

フジテレビ賞スプリングステークス2019には19頭が登録し、アンクルテイオウ、モズベッロが回避し、キュアンが抽選で外れ、16頭立てとなっています。

 

現在のところ、1人気はヒシイグアス、2人気はファンタジスト、3人気はロジャーバローズとなっていますが、微妙なオッズとなっています。

1枠 1番 ファンタジスト 牡3 56.0kg 武 豊 梅田 智之
2番 クリノガウディー 牡3 56.0kg 藤岡 佑介 藤沢 則雄
2枠 3番 ユニコーンライオン 牡3 56.0kg 松山 弘平 矢作 芳人
4番 ニシノカツナリ 牡3 56.0kg 勝浦 正樹 水野 貴広
3枠 5番 ゲバラ 牡3 56.0kg 柴山 雄一 伊藤 大士
6番 コスモカレンドゥラ 牡3 56.0kg 丹内 祐次 田中 博康
4枠 7番 リーガルメイン 牡3 56.0kg 三浦 皇成 橋口 慎介
8番 ヒシイグアス 牡3 56.0kg F.ミナリク 堀 宣行
5枠 9番 エメラルファイト 牡3 56.0kg 石川 裕紀人 相沢 郁
10番 ディキシーナイト 牡3 56.0kg 石橋 脩 国枝 栄
6枠 11番 リバーシブルレーン 牡3 56.0kg 大野 拓弥 高木 登
12番 タガノディアマンテ 牡3 56.0kg 田辺 裕信 鮫島 一歩
7枠 13番 シークレットラン 牡3 56.0kg 内田 博幸 田村 康仁
14番 カラテ 牡3 56.0kg 黛 弘人 高橋 祥泰
8枠 15番 ロジャーバローズ 牡3 56.0kg 川田 将雅 角居 勝彦
16番 フィデリオグリーン 牡3 56.0kg 野中 悠太郎 根本 康広

報知杯弥生賞からのサイン

フジテレビ賞スプリングステークスは、若葉ステークスがリステッド競走となったことで、同じG2の報知杯弥生賞と関連が深くなったと思われます。

 

そこで、今年の報知杯弥生賞の結果を見てみます。

 

2019年報知杯弥生賞(中山2000m・10頭立て)

1着 メイショウテンゲン 牡3 56kg 8枠10番(逆1番)池添謙一騎手 8人気

前走 きさらぎ賞(京都1800m)5人気5着

前々走 2歳未勝利戦(阪神1800m)1人気1着

対角 ラストドラフト 牡3 56kg 田辺裕信騎手 2人気

前走  京成杯(中山2000m)4人気1着

2着 シュヴァルツリーゼ 牡3 56kg 5枠5番(逆6番)石橋脩騎手 6人気

前走 2歳新馬戦(東京1800m)2人気1着

3着 ブレイキングドーン 牡3 56kg 7枠8番(逆3番)福永祐一騎手 4人気

 

2019年報知杯弥生賞で1着になったメイショウテンゲンは、2000m未連対の1勝馬。

 

メイショウテンゲンが勝った未勝利戦は1800mなので、2000mを否定したことになります。

 

また、メイショウテンゲンの対角配置には、報知杯弥生賞と同じ中山2000mを勝ったラストドラフトがいました。

 

そして、2019年報知杯弥生賞で2着になったシュヴァルツリーゼは、1800mの新馬戦を勝ってきた馬でした。

 

もし、フジテレビ賞スプリングステークスでも、報知杯弥生賞と同じことをするなら、1800mを否定することになります。

 

では、その場合は、どんな馬が台頭するのでしょうか?

 

メイショウテンゲンは1800mのきさらぎ賞を5着に敗れている馬なので、2000mの京成杯を5着に敗れているリーガルメインは気になります。

スポンサーリンク

フジテレビ賞スプリングステークス2019の予想の結論

桜花賞のステップレースのチューリップ賞は、正1番のダノンファンタジーが1着で、2着には正13番で逆1番のシゲルピンクダイヤが入りました。

 

報知杯フィリーズレビューは、正1番のノーワンと正6番(逆13番)のプールヴィルが同着の1着。

 

そして、報知杯弥生賞は、正10番で逆1番のメイショウテンゲンが1着で、2着には正5番で逆6番のシュヴァルツリーゼが入っています。

 

この3レースはG2の馬齢戦なので、同じカテゴリーと考えると、正逆1番もしくは正逆10番は気になります。

 

今回は、正逆10番のディキシーナイト(リーガルメイン)を軸にします。

 

相手は、逆5番のタガノディアマンテとファンタジスト、フィデリオグリーン、クリノガウディー。

スポンサーリンク