昨年のフジテレビ賞スプリングステークスは、サンデーレーシングが馬主のステルヴィオが1着、2着にはエポカドーロが入りました。

 

ステルヴィオは、朝日杯フューチュリティステークス2着馬で、クラシックとは無縁でしたが、マイルチャンピオンシップを勝利し、G1馬となっています。

 

エポカドーロは、その後皐月賞を勝ち、日本ダービーを2着とオルフェーブル産駒の代表産駒といえる存在となっています。

 

今年のフジテレビ賞スプリングステークスからも、クラシックを勝つ馬が出てくるのでしょうか?

 

今回は、フジテレビ賞スプリングステークス2019のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

フジテレビ賞スプリングステークス2019の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

フジテレビ賞スプリングステークス2019の出走予定(特別登録)は19頭。

 

昨年いた地方馬の登録はありません。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アンクルテイオウ 牡3 56.0kg 四位 洋文 高橋 亮
2 エメラルファイト 牡3 56.0kg 石川 裕紀人 相沢 郁
3 カラテ 牡3 56.0kg 黛 弘人 高橋 祥泰
4 キュアン 牡3 56.0kg 藤田 菜七子 林 徹
5 クリノガウディー 牡3 56.0kg 藤岡 佑介 藤沢 則雄
6 ゲバラ 牡3 56.0kg 柴山 雄一 伊藤 大士
7 コスモカレンドゥラ 牡3 56.0kg 丹内 祐次 田中 博康
8 シークレットラン 牡3 56.0kg 内田 博幸 田村 康仁
9 タガノディアマンテ 牡3 56.0kg 田辺 裕信 鮫島 一歩
10 ディキシーナイト 牡3 56.0kg 石橋 脩 国枝 栄
11 ニシノカツナリ 牡3 56.0kg 水野 貴広
12 ヒシイグアス 牡3 56.0kg F.ミナリク 堀 宣行
13 ファンタジスト 牡3 56.0kg 武 豊 梅田 智之
14 フィデリオグリーン 牡3 56.0kg 野中 悠太郎 根本 康広
15 モズベッロ 牡3 56.0kg 森田 直行
16 ユニコーンライオン 牡3 56.0kg 矢作 芳人
17 リバーシブルレーン 牡3 56.0kg 大野 拓弥 高木 登
18 リーガルメイン 牡3 56.0kg 三浦 皇成 橋口 慎介
19 ロジャーバローズ 牡3 56.0kg 川田 将雅 角居 勝彦

参考 netkeiba

指定席ご利用特典トークショーからのサイン

第2回中山競馬開催イベントに、「指定席ご利用特典トークショー」があります。

 

フジテレビ賞スプリングステークス2019が行われる3月17日には、津田麻莉奈と栗山求が出演します。

 

津田麻莉奈は、2月24日と3月3日にも出演しているので、2月24日と3月3日のメーンレースの結果を見てみます。

 

2月24日 11R 中山記念(11頭立て)

1着 ウインブライト 牡5 57kg 1枠1番(逆11番)松岡正海騎手 5人気

2着 ラッキーライラック 牝4 53kg 3枠3番(逆9番) 石橋脩騎手 6人気

 

3月3日 11R  報知杯弥生賞(10頭立て)

1着  メイショウテンゲン 牡3 56kg 8枠10番(逆1番)池添謙一騎手 8人気

2着 シュヴァルツリーゼ 牡3 56kg 5枠5番(逆6番)石橋脩騎手 6人気

 

中山記念と報知杯弥生賞の共通項は、正逆1番が1着になっていることです。

スポンサーリンク

最後に

皐月賞のステップレースは、報知杯弥生賞、フジテレビ賞スプリングステークス、若葉ステークスの3レース。

 

若葉ステークスは土曜日に行われるので、まだ終了していませんが、リステッド競走になったことからも、報知杯弥生賞が参考にならないかもしれません。

 

しかし、フジテレビ賞スプリングステークスは報知杯弥生賞がサインレースとなっていると思います。

 

報知杯弥生賞は、優先出走権を獲得した3頭いずれも1勝馬でしたが、1着となったメイショウテンゲンには、阪神1800mの未勝利歴ときさらぎ賞5着歴がありました。

 

そして、2着のシュヴァルツリーゼは、新馬戦(東京1800m)の勝利歴のみ。

 

3着のブレイキングドーンは、新馬戦(阪神1800m)の勝利歴とラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスの連対歴がありました。

 

ここに違和感を感じるのは私だけでしょうか?

スポンサーリンク