いよいよ、秋のG1が始まります。

 

今年のスプリンターズステークスは、外国馬が出走するようですね。

 

外国馬が出走する時点で、昨年とは異なります。

 

今回は、スプリンターズステークス2017のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

スプリンターズステークス2017の出走予定(特別登録)

スプリンターズステークス2017の出走予定(特別登録)は23頭。

 

現時点では、フルゲートで行われそうです。

 

春の高松宮記念を制したセイウンコウセイ、昨年のスプリンターズステークスの覇者であるレッドファルクス、産経賞セントウルステークスの勝ち馬ファインニードルの名前がありますが、キーンランドカップ1着馬のエポワスの名前がありません。

馬  名 斤量 性齢 想定騎手 調教師
1  キングハート  57.0kg  牡4  横山典弘  星野 忍
2  シュウジ  57.0kg  牡4  横山典弘  須貝 尚介
3  スノードラゴン  57.0kg  牡9  大野拓弥  高木 登
4  セイウンコウセイ  57.0kg  牡4  幸英明  上原 博之
5  ソルヴェイグ  55.0kg  牝4  鮫島 一歩
6  ダイアナヘイロー  55.0kg  牝4  武豊  福島 信晴
7  ダンスディレクター  57.0kg  牡7  浜中俊  笹田 和秀
8  ティーハーフ  57.0kg  牡7  西浦 勝一
9  トーキングドラム  57.0kg  牡7  斎藤 誠
10  ナックビーナス  55.0kg  牝4  杉浦 宏昭
11  ネロ  57.0kg  牡6  勝浦正樹  森 秀行
12  ノボバカラ  57.0kg  牡5  蛯名正義  天間 昭一
13  ビッグアーサー  57.0kg  牡6  福永祐一  藤岡 健一
14  ファインニードル  57.0kg  牡4  内田博幸  高橋 義忠
15  フィドゥーシア  55.0kg  牝5  三浦皇成  松元 茂樹
16  フミノムーン  57.0kg  牡5  西浦 勝一
17  メラグラーナ  55.0kg  牝5  戸崎圭太  池添 学
18  モンドキャンノ  55.0kg  牡3  池添謙一  安田 隆行
19  ラインミーティア  57.0kg  牡7  西田雄一郎  水野 貴広
20  レッツゴードンキ  55.0kg  牝5  岩田康誠  梅田 智之
21  レッドファルクス  57.0kg  牡6  M.デムーロ  尾関 知人
22  ワンスインナムーン  55.0kg  牝4  石橋脩  斎藤 誠
23  シカク外ブリザード  57.0kg せん6  G.モッセ  イウ

参考 netkeiba

 出走馬情報からのサイン

出走馬情報には、レッドファルクス、セイウンコウセイ、ビッグアーサー、ファインニードル、ラインミーティア、ダイアナヘイロー、メラグラーナ、ブリザードの記載があります。

 

この8頭のうち、少なくとも1頭は連対思想ですね。

スプリンターズステークス2017のプレゼンターは藤原竜也!

出典 JRA

 

スプリンターズステークス2017のプレゼンターは藤原竜也が務めるようです。

 

藤原竜也は、2015年ヴィクトリアマイル、2016桜花賞、2017函館スプリントステークスでプレゼンターを務めていますね。

 

2017函館スプリントステークスで2着になったキングハートは、ちょっと気になります。

 

藤原竜也の誕生日は1982年5月15日で、ホリプロに所属していますが、5月15日生まれの騎手、調教師はいませんでした。

 

また、5月15日生まれの馬はスプリンターズステークス2017の出走予定にはいませんでした。

 

気になるのは、藤原竜也が務める名探偵VANのキャラクターです。

出典 JRA VANch

 

ユーチューブにあったJRA VANのCMですが、なぜかロードカナロアとサクラゴスペルと思われる新聞を読んでいる男性が登場する場面から始まっています。

 

「ラッキーカラーは緑だから、6枠のこの馬」と男性が話している時に、藤原竜也が登場します。

 

新聞から判断すると、ロードカナロアとサクラゴスペルが出走する2013年の安田記念でしょうか。

 

その時の安田記念は5枠10番のロードカナロアが勝ち、1枠2番のショウナンマイティが2着に入っています。

 

5枠か緑の6枠でしょうか?

優先出走馬のいないスプリンターズステークス

スプリンターズステークス2017には、キーンランドカップで1着となったエポワスの名前がありません。

 

産経賞セントウルステークスとともに、1着馬に優先出走権が与えられるキーランドカップ1着馬が不在ということです。

 

セントウルステークスとキーンランドカップ1着馬に優先出走権が与えられるようになったのは2014年から。

 

そして、2014年のセントウルステークス1着馬のリトルゲルダだけが、スプリンターズステークスに出走していません。

 

そこで2014年のスプリンターズステークスの結果を見てみます。

 

2014年スプリンターズステークス(新潟開催・18頭立て)

1着 スノードラゴン 8枠18番(逆1番) 大野拓弥騎手 13人気

前走 キーランドカップ8着

前々走 北海道スプリントカップ(地方・門別)2着

2014年高松宮記念2着馬

同枠 セイコーライコウ 柴田善臣騎手 9人気

前走  アイビスサマーダッシュ1着

2着  ストレイトガール 5枠9番(逆10番) 岩田康誠 2人気 牝馬

前走 函館スプリントステークス11着

2014年高松宮記念3着馬

3着 レッドオーヴァル 7枠13番(逆6番)  田辺裕信 5人気 牝馬

前走 キーランドカップ2着

 

1着になったのは、高松宮記念2着馬のスノードラゴン。

 

そして、2着は高松宮記念3着馬のストレイトガール。

 

この年のスプリンターズステークスは新潟で開催されていて、スノードラゴンの同枠には、同じ新潟競馬場で行われたアイビスサマーダッシュで1着だったセイコーライコウがいました。

スポンサーリンク

最後に

スプリンターズステークス2017は、4回中山9日に行われます。

 

4回中山9日に行われたスプリンターズステークスは2012年、2013年、2015年の3年です。

 

2012年、2013年はロードカナロアが勝っていますが、前走はセントウルステークスに出走し1人気で共に2着でした。

 

また、2015年はストレイトガールが勝っていますが、前走はセントウルステークスに出走し、3人気で4着でした。

 

この3年は、トライアルに出走し、1着になっていない馬が勝っていることになります。

 

となると、ファインニードルの頭はないかも知れませんね。

スポンサーリンク