昨年の4回中山4日から4回中山5日に日程移動した朝日杯セントライト記念。

 

というか、昨年だけが4回中山4日に開催され、4回中山5日に戻ったと考えるべきなのかも知れません。

 

3日開催の最終日ですね。

 

この3日間の中山メーンレースは初日のレインボーステークスでゲッカコウ、2日目のラジオ日本賞でセンチュリオンが勝っています。

 

そして、この2頭は祝日だった2016年3月21日に、ゲッカコウはフラワーカップで2着、センチュリオンは韓国馬事会杯で勝っています。

 

もしかすると、祝日で連対した馬が朝日杯セントライト記念で勝つかも知れませんね。

 

今回は朝日杯セントライト記念2017の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

朝日杯セントライト記念2017の出馬表

出典 JRA

 

朝日杯セントライト記念2017には19頭が登録し、イブキ、セダブリランテス、チャロネグロ、ロードアルバータの4頭が回避し、15頭立てとなりました。

 

現在のところ、1人気は皐月賞馬のアルアイン、2人気はサトノクロニクル、3人気はミッキースワローとなっています。

1枠 1番 サンシロウ 牡3 56.0kg 柴田 善臣 柄崎 孝
2枠 2番 サトノクロニクル 牡3 56.0kg M.デムーロ 池江泰寿
3番 シカク地ブラックロード 牡3 56.0kg 御神本 訓史 矢野義幸
3枠 4番 クリンチャー 牡3 56.0kg 藤岡 佑介 宮本 博
5番 ミッキースワロー 牡3 56.0kg 横山 典弘 菊沢 隆徳
4枠 6番 サーレンブラント 牡3 56.0kg 岩田 康誠 戸田 博文
7番 アルアイン 牡3 56.0kg C.ルメール 池江 泰寿
5枠 8番 ブラックギムレット 牡3 56.0kg 大野 拓弥 柴田 政人
9番 プラチナヴォイス 牡3 56.0kg 内田 博幸 鮫島 一歩
6枠 10番 サンデームーティエ 牡3 56.0kg 吉田 豊 谷原 義明
11番 インペリアルフィズ 牡3 56.0kg 田辺 裕信 小島 太
7枠 12番 ローリングタワー 牡3 56.0kg 三浦 皇成 伊藤 伸一
13番 ストロングレヴィル 牡3 56.0kg 石橋 脩 堀 宣行
8枠 14番 クレッシェンドラヴ 牡3 56.0kg 戸崎 圭太 二ノ宮 敬宇
15番 スティッフェリオ 牡3 56.0kg 北村 友一 音無 秀孝

中山5日の流れ

朝日杯セントライト記念2017は第4回中山5日に行われます。

 

では、第1回中山5日、第2回中山5日、第3回中山5日のメーンレースに行われたレースの結果はどうだったのでしょうか?

 

第1回中山5日 京成杯(15頭立て)

1着  コマノインパルス 5枠8番(逆8番) 田辺裕信騎手 1人気

2着  ガンサリュート 6枠11番(逆5番)北村友一騎手 7人気

 

第2回中山5日  アネモネステークス(16頭立て)

1着  ライジングリーズン 7枠14番(逆3番) 丸田恭介騎手 1人気

2着  ディアドラ 3枠6番(逆11番)シュタルケ騎手 3人気

 

第3回中山5日  ニュージーランドトロフィー(16頭立て)

1着  ジョーストリクトリ 3枠6番(逆11番)シュタルケ騎手 12人気

2着  メイソンジュニア 2枠4番(逆13番) 菱田裕二騎手 8人気

 

3レースの共通項は、正逆11番が連対していること。

 

正逆11番には要注意ですね。

15頭立てのセントライト記念

15頭立てのセントライト記念は2004年、2005年、2013年、2015年。

 

そのうち、地方馬が出走していたのは地方馬のコスモバルクが勝った2004年だけです。

 

2004年ラジオ日本賞セントライト記念(15頭立て)

1着  コスモバルク 地方馬 7枠13番(逆3番)五十嵐冬樹騎手 1人気

前走 北海優駿(旭川・ダート2100m)1着

同枠 コスモミッドウェイ 田中勝春騎手 11人気

前走 500万下条件戦・平場(新潟2200m)1着

2着 ホオキパウェーブ 3枠4番(逆12番)藤田伸二騎手 2人気

前走 日本ダービー9着

前々走 テレビ東京杯青葉賞2着

3着 トゥルーリーズン マル外 8枠14番(逆2番)大西直宏騎手 9人気

前走 1000万下条件戦・TVh賞(札幌1800m)6着(2着同枠)

 

1着となったコスモバルクと同枠のコスモミッドウェイは同一馬主の馬でした。

 

また、コスモバルクは報知杯弥生賞1着馬、ホオキパウェーブはテレビ東京杯青葉賞2着とトライアルで優先出走権を取った馬でした。

JRAフェイスブックからのサイン

出典 JRA

 

JRAフェイスブックには、2009年のセントライト記念を制したナカヤマフェスタの記事がありました。

 

ナカヤマフェスタは8枠17番でセントライト記念を勝っていますが、二ノ宮敬宇厩舎でステイゴールド産駒でした。

スポンサーリンク

結論

紫苑ステークスでオークス4着馬のディアドラが勝ち、ローズステークスで桜花賞4着馬の同枠馬のラビットランが勝っています。

 

となると、皐月賞4着馬のクリンチャーは気になります。

 

中山5日の流れから、逆11番のミッキースワローを軸とします。

 

相手は、クレッシェンドラヴ、アルアイン、ストロングレヴィルにします。

スポンサーリンク