秋華賞2018の出馬表とG1ヘッドラインが発表されましたね。

 

3冠を狙うアーモンドアイは6枠11番、阪神ジュベナイルフィリーズ1着馬で桜花賞2着のラッキーライラックは4枠7番、前哨戦の関西テレビ放送賞ローズステークス1着馬のカンタービレは1枠2番に配置されました。

 

今回はG1ヘッドラインなどから、サインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

秋華賞2018の出馬表

出典 JRA

 

秋華賞2018には22頭が登録し、ウラヌスチャーム 、 カレンシリエージョ 、 サラス 、 リュヌルージュの4頭が抽選で外れ、18頭立てとなっています。

 

出馬表を見ると、吉田千津氏が馬主のゴージャスランチとハーレムラインが7枠同枠となっています。

 

桜花賞、オークスに続いて、染め分け帽戦となりましたね。

1枠 1番 ラテュロス 牝3 55.0kg 秋山 真一郎 高野 友和
2番 カンタービレ 牝3 55.0kg 武 豊 中竹 和也
2枠 3番 スカーレットカラー 牝3 55.0kg 岩田 康誠 高橋 亮
4番 ランドネ 牝3 55.0kg 戸崎 圭太 中竹 和也
3枠 5番 サラキア 牝3 55.0kg 池添 謙一 池添 学
6番 パイオニアバイオ 牝3 55.0kg 柴田 善臣 牧 光二
4枠 7番 ラッキーライラック 牝3 55.0kg 北村 友一 松永 幹夫
8番 トーセンブレス 牝3 55.0kg 藤岡 佑介 加藤 征弘
5枠 9番 サトノガーネット 牝3 55.0kg 浜中 俊 矢作 芳人
10番 オールフォーラヴ 牝3 55.0kg 幸 英明 中内田 充正
6枠 11番 アーモンドアイ 牝3 55.0kg C.ルメール 国枝 栄
12番 オスカールビー 牝3 55.0kg 川須 栄彦 矢作 芳人
7枠 13番 ミッキーチャーム 牝3 55.0kg 川田 将雅 中内田 充正
14番 ゴージャスランチ 牝3 55.0kg 横山 典弘 鹿戸 雄一
15番 ハーレムライン 牝3 55.0kg 大野 拓弥 田中 清隆
8枠 16番 プリモシーン 牝3 55.0kg 北村 宏司 木村 哲也
17番 サヤカチャン 牝3 55.0kg 高倉 稜 田所 秀孝
18番 ダンサール 牝3 55.0kg M.デムーロ 須貝 尚介

G1ヘッドラインからのサイン

秋華賞2018のG1ヘッドラインは、「絢爛に舞え、譲れない秋に想いを遂げる。」

 

絢爛は、絢爛豪華という使い方をする言葉ですよね。

 

まずは、過去の秋華賞のG1ヘッドラインを見てみましょう。

 

2017年秋華賞のG1ヘッドライン

唯一の秋に咲け、麗しき世代の真なる輝き。

 

2016年秋華賞のG1ヘッドライン

麗しく微笑む同期の華、この秋に譲れぬ想いが極まる。

 

2015年秋華賞のG1ヘッドライン

煌めく若き女王の笑顔、語り継がれる戴冠を見届けたい。

 

2014年秋華賞のG1ヘッドライン

才女が描く未来の夢、最強世代と謳われる伝説へ。

 

2013年秋華賞のG1ヘッドライン

煌めく古都の華、どうしても咲かせたい乙女の想い。

 

2012年秋華賞のG1ヘッドライン

完成される美しき才女、絶世の輝きに時代が恋をする。

 

2011年秋華賞のG1ヘッドライン

明日を担う才媛の情熱、古都を彩る微笑みが新時代を拓く。

 

2016年秋華賞のG1ヘッドラインに、「秋に譲れぬ」という似た言葉があります。

 

2016年の秋華賞は、福永祐一が騎乗したヴィブロスが3人気で勝っています。

 

ヴィブロスは第1回紫苑ステークス2着からの戴冠でしたが、2000mはパーフェクト連対だった馬でした。

 

また、秋華賞2018のG1ヘッドラインで使われている「絢爛」は英語にするとゴージャスですよね。

 

いかにも、ゴージャスランチという感じがしますよね。

 

囮でしょうか…

紫苑ステークス1・2着馬不在からのサイン

秋華賞2018には、紫苑ステークス1着馬のノームコア、2着馬のマウレアが不在の出走構成となっています。

 

紫苑ステークス1・2着馬が不在の秋華賞は2008年です。

 

2008年秋華賞(18頭立て)

1着 ブラックエンブレム 2枠4番(逆15番)岩田康誠騎手 11人気

前走 関西テレビ放送賞ローズステークス(阪神1800m)4人気15着

前々走 オークス(東京2400m)6人気4着

3走前 桜花賞(阪神1600m)4人気10着

4走前 フラワーカップ(中山1800m)1人気1着

2着 ムードインディゴ 1枠1番(逆18番)福永祐一騎手 8人気

前走 関西テレビ放送賞ローズステークス(阪神1800m)9人気2着

前々走 北海道新聞杯クイーンステークス(札幌1800m)11人気8着

3走前 オークス(東京2400m)7人気10着

4走前 忘れな草賞(阪神2000m)2人気1着

3着 プロヴィナージュ 7枠15番(逆4番)佐藤哲三騎手 16人気

前走 シリウスステークス(阪神ダート2000m)11人気最下位

前々走 ラジオNIKKEI賞(福島1800m)13人気9着

 

2008年秋華賞は、フラワーカップを勝ってから、勝利はおろか連対もなかったブラックエンブレムが勝利。

 

2着には、関西テレビ放送賞ローズステークスで2着だったムードインディゴが入っています。

 

そして、3着には16人気のプロヴィナージュが入り、大荒れとなりました。

 

このレースで気になるのは、3着のプロヴィナージュの対角がブラックエンブレムであること。

 

プロヴィナージュは、シリウスステークスで古馬戦に足を踏み入れている馬です。

 

秋華賞2018で考えれば、関屋記念1着のプリモシーンが該当します。

スポンサーリンク

最後に

今年は、桜花賞もオークスも出走取消戦で行われました。

 

桜花賞とオークスの両レースが出走取消戦だったのは2003年で、この年にスティルインラブが3冠を達成しています。

 

でも、スティルインラブが3冠を達成した秋華賞で、彼女は2人気でした。

 

1人気が予想されるアーモンドアイの3冠達成は…

スポンサーリンク