秋華賞2018の1人気は、もちろん、3冠を目指すアーモンドアイ!

 

現在、単勝人気は1.2倍と圧倒的な人気です。

 

確かに、この馬は強いですよね。

 

圧倒的な人気になっても不思議ではありません。

 

この馬を軸にして、予想するのが普通ですよね。

 

でも…

 

今回は、秋華賞2018の予想を行いたいと思います。

名馬の肖像からのサイン

出典 JRA

 

名馬の肖像はファビラスラフィン!

 

ファビラスラフィンはマル外で、1996年の秋華賞馬です。

 

馬主は吉田和子さんですから社台系ですね。

 

阪神ダート1200mの新馬戦を勝って、阪神芝1600mの500万下の条件戦を勝ち、ニュージーランドトロフィー4歳ステークスを勝ち、3連勝で臨んだNHKマイルカップで、まさかの14着惨敗!

 

そして、乗り替わりで臨んだ秋華賞で、7枠15番に配置され、5人気で1着になっています。

 

ファビラスラフィンは、秋華賞を勝った後に、ジャパンカップに出走し、2着になっています。

 

アーモンドアイは、秋華賞で3冠達成したら、ジャパンカップ参戦が濃厚という記事がありましたね。

 

いかにも、アーモンドアイが秋華賞を勝ちそうです。

 

でも、ファビラスラフィンって、クラシック未出走なんですよね。

 

NHKマイルカップを負けた馬と考えれば、プリモシーンでしょうか?

JRAフェイスブックからのサイン

出典 JRAフェイスブック

 

JRAフェイスブックには、2011年の秋華賞を勝ったアヴェンチュラの記事が載っていました。

 

アヴェンチュラは阪神ジュベナイルフィリーズを4着に敗れた後、1600万下条件戦の漁火ステークス(函館1800m)、北海道新聞杯クイーンステークス(札幌1800m)と連勝し、乗り替わりで、秋華賞を2人気で勝った馬です。

 

ということは、この馬もまた、クラシック未出走ということになります。

 

アヴェンチュラの騎乗騎手は岩田康誠騎手。

 

地方競馬出身の騎手ということになります。

3歳牝馬G1からのサイン

昨年、ホープフルステークス がG1に昇格し、2歳G1は朝日杯フューチュリティステークス、ホープフルステークス、そして阪神ジュベナイルフィリーズの3レースになりました。

 

阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったのは、牝馬限定の新馬戦を勝ち、阪神ジュベナイルフィリーズの前哨戦の アルテミスステークスを勝ったラッキーライラックでした。

 

つまり、この時点では、牝馬と牡馬の2歳G1が上手く機能していたことになります。

 

翌年の2018年は、桜花賞の前哨戦のチューリップ賞がG2に昇格!

 

チューリップ賞がG2に昇格したことで、チューリップ賞と桜花賞の連続連対のハードルは上がります。

 

報知杯弥生賞と皐月賞の関係のように(同一距離・同一競馬場のG2とG1の関係)。

 

そして、桜花賞では出走取消戦が発生!

 

桜花賞を勝ったのは、日刊スポーツ賞シンザン記念を勝ったアーモンドアイです。

 

アーモンドアイは牡馬との混合戦に足を踏み入れていた馬ですね。

 

アーモンドアイと同枠のプリモシーンは同一馬主です。

 

そして、2着に入ったのは、G2化されたチューリップ賞を勝ったラッキーライラック。

 

この馬も、出走取消戦によって救われた馬でした。

 

また、ラッキーライラックは出走取消馬のアマルフィコーストと同枠だったことも意味がありそう。

 

牝馬G1の2冠目のオークスも、出走取消が発生!

 

本来、桜花賞の前哨戦に出走していないで、桜花賞を勝ったアーモンドアイは、オークスでは連対できなかったはず。

 

しかし、オークスが出走取消戦になって、流れが否定され、アーモンドアイが2冠を達成!

 

オークスでは2枠4番のトーセンブレスが出走取消で、アーモンドアイはトーセンブレスの平行配置。

 

2着に入ったのは、ラッキーライラックの同枠のリリーノーブル(ラッキーライラックとリリーノーブルは、同一馬主)。

 

そして、秋季となり、紫苑ステークスで優先出走権を取ったノームコアとマウレアが出走を回避!

 

ノームコアとマウレアが出走を回避したことで、賞金額で出走できる馬の頭数が増え、関西テレビ放送賞ローズステークス4着馬のゴージャスランチら4頭が出走可能に!

 

そして、今回、またも秋華賞2018は出走取消戦に!

スポンサーリンク

秋華賞2018の予想の結論

秋華賞2018の1着賞金は1億円で、桜花賞2018の1着賞金は1億5百万円。

 

昨年の秋華賞と桜花賞の1着賞金は9千2百万円で横並び。

 

ここが、秋華賞2018の肝でしょう。

 

桜花賞よりも、秋華賞がレースの格で劣るということを表すこと?

 

そして、今年の桜花賞とNHKマイルカップの1着賞金が同じであることから、NHKマイルカップ>秋華賞を表す馬?

 

ただ、出走取消戦になったので、当初想定されていた馬から変わっているかも知れませんね。

 

遊び感覚で考えれば、桜花賞とオークスが13番と1番だったので、1人気のアーモンドアイから13人気の馬(現在はラテュロス)。

 

これ、面白いから抑えます。

 

でも、本線はこちら!

 

2枠3番が出走取消ということは、4番か16番、12番が筋。

 

そこで、アーモンドアイからゾロ目の12番をおさえつつ、ランドネとプリモシーンから7枠3頭に流します。

 

アーモンドアイとミッキーチャームは対極の馬なので、3着アーモンドアイは面白そう。

 

後は、トーセンブレス絡みで少々。

スポンサーリンク