2019年G1第2弾の高松宮記念が、3月24日に行われます。

 

今年は、優先出走権を獲得した阪急杯優勝馬のスマートオーディンが、出走しないという設定!

 

阪急杯が2006年に1200mから1400mに変わってから、高松宮記念に出走しなかったことはありません。

 

阪急杯1着馬が出走しないことによって、高松宮記念はどんな結果になるのでしょうね。

 

今回は、高松宮記念2019のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

高松宮記念2019の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

高松宮記念2019の出走予定(特別登録)は22頭。

 

高松宮記念2019の出走可能頭数は18頭なので、現在のところ、ペイシャフェリシタ、グランドボヌール、カイザーメランジェ、フミノムーンの4頭が除外対象となっています。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アレスバローズ 牡7 57.0kg 川田 将雅 角田 晃一
2 カイザーメランジェ 牡4 57.0kg 田辺 裕信 中野 栄治
3 キングハート 牡6 57.0kg 横山 典弘 星野 忍
4 グランドボヌール 牡5 57.0kg 城戸 義政 鈴木 孝志
5 ショウナンアンセム 牡6 57.0kg 津村 明秀 田中 剛
6 スノードラゴン 牡11 57.0kg 藤田 菜七子 高木 登
7 セイウンコウセイ 牡6 57.0kg 池添 謙一 上原 博之
8 ダイメイフジ 牡5 57.0kg 松岡 正海 森田 直行
9 ダイメイプリンセス 牝6 55.0kg M.デムーロ 森田 直行
10 ダノンスマッシュ 牡4 57.0kg 北村 友一 安田 隆行
11 デアレガーロ 牝5 55.0kg 池添 謙一 大竹 正博
12 ティーハーフ 牡9 57.0kg 国分 恭介 西浦 勝一
13 ナックビーナス 牝6 55.0kg 大野 拓弥 杉浦 宏昭
14 ヒルノデイバロー 牡8 57.0kg 四位 洋文 昆 貢
15 フミノムーン 牡7 57.0kg 国分 優作 西浦 勝一
16 ペイシャフェリシタ 牝6 55.0kg F.ミナリク 高木 登
17 ミスターメロディ 牡4 57.0kg 福永 祐一 藤原 英昭
18 モズスーパーフレア 牝4 55.0kg C.ルメール 音無 秀孝
19 ラインスピリット 牡8 57.0kg 森 一馬 松永 昌博
20 ラブカンプー 牝4 55.0kg 三浦 皇成 森田 直行
21 レッツゴードンキ 牝7 55.0kg 岩田 康誠 梅田 智之
22 ロジクライ 牡6 57.0kg 横山 典弘 須貝 尚介

参考 netkeiba

ゲストプレゼンターからのサイン

高松宮記念2019のゲストプレゼンターは、JRA年間プロモーションキャラクターを務める中川大志!

 

中川大志が、高松宮記念2019のサインを発信しているかも知れませんね。

 

中川大志は1998年6月14日生まれの20歳。

 

スターダストプロモーションに所属しています。

 

中川大志と同じ6月14日生まれの調教師は昆貢調教師。

 

昆貢調教師が管理するヒルノデイバローには注意が必要かもしれません。

シルクロードステークスからのサイン

今年のシルクロードステークスは2回京都2日で行われ、昨年と変わっていません。

 

しかし、裏番組を見ると、1回中京4日となっています。

 

昨年は、裏番組が1回中京6日になっていることから明らかに違います。

 

シルクロードステークスの裏番組が1回中京4日となっているのは2013年。

 

では、2013年の高松宮記念の結果を見てみます。

 

2013年高松宮記念(17頭立て)

1着 ロードカナロア 牡5 57㎏ 6枠11番(逆7番)岩田康誠騎手 1人気

前走 阪急杯(阪神1400m)1人気1着

前々走 香港スプリント(香港1200m)4人気1着

2012年スプリンターズステークス1着馬

2012年高松宮記念1人気3着(1着平行)

2着 ドリームバレンチノ 牡6 57㎏ 6枠12番(逆6番)松山弘平騎手 2人気

前走 シルクロードステークス(京都1200m)2人気1着

前々走 スプリンターズステークス(中山1200m)9人気3着

3着 ハクサンムーン 牡4 57㎏ 7枠13番(逆5番)酒井学騎手 10人気

前走 夕刊フジ賞オーシャンステークス(中山1200m)3人気9着

前々走 京阪杯(京都1200m)10人気1着

 

2013年の高松宮記念を勝ったのはロードカナロア。

 

でも、2着に入っているのは、シルクロードステークス1着馬のドリームバレンチノで、ゾロ目決着!

 

やはり、シルクロードステークス1着馬のダノンスマッシュ自身及び筋は要注意となります。

スポンサーリンク

最後に

阪急杯優勝馬のスマートオーディンが登録してこなかったことで、賞金順で出られる馬が増えました。

 

キングハートがスマートオーディンが登録しなかったことで、出走ラインに入ってきました。

 

キングハートは、前年の夕刊フジ賞オーシャンステークスの勝ち馬ですね。

 

また、出馬表が決まったら、再検討したいと思います。

スポンサーリンク