天皇賞秋2017の出馬表とG1ヘッドラインが発表されましたね。

 

G1ヘッドラインは「直線の芸術、鋭脚の軌跡。」となっています。

 

今回はG1ヘッドラインを中心にサインを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

天皇賞秋2017の出馬表

出典 JRA

 

天皇賞秋2017には20頭が登録し、ヒットザターゲットが回避し、トルークマクトが除外となっています。

1枠 1番 サクラアンプルール 牡6 58.0kg 蛯名正義 金成 貴史
2番 サトノクラウン 牡5 58.0kg M.デムーロ 堀 宣行
2枠 3番 ネオリアリズム 牡6 58.0kg A.シュタルケ 堀 宣行
4番 リアルスティール 牡5 58.0kg V.シュミノー 矢作 芳人
3枠 5番 ヤマカツエース 牡5 58.0kg 池添 謙一 池添 兼雄
6番 ディサイファ 牡8 58.0kg 柴山 雄一 小島 太
4枠 7番 キタサンブラック 牡5 58.0kg 武 豊 清水 久詞
8番 レインボーライン 牡4 58.0kg 岩田 康誠 浅見 秀一
5枠 9番 ソウルスターリング 牝3 54.0kg C.ルメール 藤沢 和雄
10番 ミッキーロケット 牡4 58.0kg 和田 竜二 音無 秀孝
6枠 11番 ロードヴァンドール 牡4 58.0kg 太宰 啓介 昆 貢
12番 ステファノス 牡6 58.0kg 戸崎 圭太 藤原 英昭
7枠 13番 グレーターロンドン 牡5 58.0kg 田辺 裕信 大竹 正博
14番 サトノアラジン 牡6 58.0kg 川田 将雅 池江 泰寿
15番 マカヒキ 牡4 58.0kg 内田 博幸 友道 康夫
8枠 16番 カデナ 牡3 56.0kg 福永 祐一 中竹 和也
17番 ワンアンドオンリー 牡6 58.0kg 横山 典弘 橋口 慎介
18番 シャケトラ 牡4 58.0kg C.デムーロ 角居 勝彦

過去の天皇賞秋のG1ヘッドライン

過去の天皇賞秋のG1ヘッドラインはどうだったのでしょうか?

 

見てみたいと思います。

 

2016年天皇賞秋G1ヘッドライン

最強を証明する直線、激闘の軌跡が永遠の記憶となる。

 

2015年天皇賞秋G1ヘッドライン

心を奪う王者の威風、時代が求める最強の肖像が描かれる。

 

2014年天皇賞秋G1ヘッドライン

研ぎ澄ます渾身の瞬間、強さで感動を生む王者がいる。

 

2013年天皇賞秋G1ヘッドライン

伝説となる秋、王者と王者の激突が夢を進化させる。

 

2012年天皇賞秋G1ヘッドライン

最強へ譲れない王位、栄光を約束された勇者が躍る。

 

2011年天皇賞秋G1ヘッドライン

真の強者の伝説、極めた頂点からさらに超越を遂げる。

 

2016年の天皇賞秋G1ヘッドラインと天皇賞秋2017のG1ヘッドラインに「直線」「軌跡」という言葉の一致が見られます。

 

2016年の天皇賞秋は、モーリスが優勝しています。

 

モーリスはムーア騎手が騎乗し、 堀宣行調教師が管理していた馬ですね。

 

また、馬主は吉田和美氏となっています。

天皇賞秋2017のG1ヘッドラインで気になるフレーズ

天皇賞秋2017のG1ヘッドラインで気になるフレーズは、「鋭脚」と「軌跡」。

 

「鋭脚」は見つかりませんでしたが、「軌跡」というフレーズは2016年の日本ダービー、スプリンターズステークス、マイルチャンピオンシップにも見られます。

 

2016年日本ダービーのG1ヘッドライン

誇るべき世代の夢、輝く軌跡に熱き時代の至高が刻まれる。

 

2016年スプリンターズステークスのG1ヘッドライン

軌跡はまさに疾風迅雷、この速さが未知なる世界を見せる。

 

2016年マイルチャンピオンシップのG1ヘッドライン

譲れぬ舞台で昇華、貫いた情熱の軌跡が王位に届く。

 

この3レースの中で、2016年日本ダービーの覇者であるマカヒキは出走しますね。

 

気になります。

キタサンブラックの春秋連覇の可能性は?

過去、天皇賞の春秋連覇を達成した馬は、タマモクロス、スーパークリーク、スペシャルウィーク、テイエムオペラオー、メイショウサムソンの5頭だけ。

 

ただし、スーパークリークは天皇賞秋から天皇賞春と連覇しているため、同一年での連覇ではないので除外します。

 

タマモクロス 5歳

天皇賞春 1人気1着 南井克巳騎手 4枠8番(逆11番)

宝塚記念 2人気1着 南井克巳騎手 2枠2番(逆12番)

天皇賞秋 2人気1着 南井克巳騎手 6枠9番(逆5番)

 

スペシャルウィーク 5歳

天皇賞春 1人気1着 武豊騎手 3枠3番(逆10番)

宝塚記念 1人気2着 武豊騎手 7枠9番(逆4番)

京都大賞典 1人気7着 武豊騎手 7枠7番(逆4番)

天皇賞秋 4人気1着 武豊騎手 5枠9番(逆9番)

 

テイエムオペラオー 5歳

天皇賞春 1人気1着 和田竜二騎手 5枠5番(逆8番)

宝塚記念 1人気1着 和田竜二騎手 1枠1番(逆11番)

京都大賞典 1人気1着 和田竜二騎手 5枠5番(逆3番)

天皇賞秋 1人気1着 和田竜二騎手 7枠13番(逆4番)

 

メイショウサムソン 4歳

天皇賞春 2人気1着  石橋守騎手 3枠6番(逆11番)

宝塚記念 2人気2着 石橋守騎手 8枠17番(逆2番)

天皇賞秋 1人気1着 武豊騎手 1枠1番(逆16番)

 

キタサンブラックで気になるのは5歳馬ということです。

 

タマモクロスからテイエムオペラオーまでは、馬齢表記が異なり、現行にすると4歳となります。

 

引退を発表したキタサンブラックに天皇賞の春秋連覇の仕事があるとは思えません。

スポンサーリンク

最後に

秋華賞をパスして天皇賞秋に向かってきたソウルスターリング。

 

何故か、この馬が気になります。

 

牝馬3冠は1600mの桜花賞、2400mのオークス、2000mの秋華賞ですが、桜花賞と同じ距離の阪神ジュベナイルフィリーズを制し、秋華賞と同じ距離の天皇賞秋に出走します。

 

今まで、いなかったタイプの馬ですが、この馬の選択が鍵となりそうです。

スポンサーリンク