今年の天皇賞秋は、キタサンブラック、サトノアラジン、サトノクラウン、ソウルスターリング、ネオリアリズム、マカヒキ、リアルスティール、ワンアンドオンリーと国内外のG1ホルダーが集結した感じですね。

 

特に、ソウルスターリングが秋華賞ではなく、天皇賞秋を選択してきたのは驚きです。

 

サトノアラジンは天皇賞秋をたたいて、マイルチャンピオンシップが狙いなのでしょうか?

 

今回は、天皇賞秋2017のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

天皇賞秋2017の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

天皇賞秋2017には20頭が登録しています。

 

天皇賞秋2017の出走可能頭数は18頭なので、現在のところ、ロードヴァンドールとトルークマクトが除外対象となっています。

 

昨年、1頭もいなかった3歳馬が、今年はカデナとソウルスターリングの2頭登録しています。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 カデナ 牡3 56.0kg  福永祐一 中竹 和也
2 キタサンブラック 牡5 58.0kg  武豊 清水 久詞
3 グレーターロンドン 牡5 58.0kg  田辺裕信 大竹 正博
4 サクラアンプルール 牡6 58.0kg  蛯名正義 金成 貴史
5 サトノアラジン 牡6 58.0kg  川田将雅 池江 泰寿
6 サトノクラウン 牡5 58.0kg  M.デムーロ 堀 宣行
7 シャケトラ 牡4 58.0kg  C.デムーロ 角居 勝彦
8 ステファノス 牡6 58.0kg  戸崎圭太 藤原 英昭
9 ソウルスターリング 牝3 54.0kg  C.ルメール 藤沢 和雄
10 ディサイファ 牡8 58.0kg  柴山雄一 小島 太
11 トルークマクト 牡7 58.0kg 尾関 知人
12 ネオリアリズム 牡6 58.0kg 堀 宣行
13 ヒットザターゲット 牡9 58.0kg 加藤 敬二
14 マカヒキ 牡4 58.0kg  内田博幸 友道 康夫
15 ミッキーロケット 牡4 58.0kg  和田竜二 音無 秀孝
16 ヤマカツエース 牡5 58.0kg  池添謙一 池添 兼雄
17 リアルスティール 牡5 58.0kg 矢作 芳人
18 レインボーライン 牡4 58.0kg  岩田康誠 浅見 秀一
19 ロードヴァンドール 牡4 58.0kg  太宰啓介 昆 貢
20 ワンアンドオンリー 牡6 58.0kg  横山典弘 橋口 慎介

参考 netkeiba

天皇賞秋2017のプレゼンターは?

天皇賞秋2017のプレゼンターは、現在のところ発表されていません。

 

昨年の天皇賞秋もプレゼンターがいなかったので、2年連続いないことになります。

 

では、他にサインはないかと探したら、「ディープインパクト展記念  スペシャルトーク」というイベントがありました。

気になるのは、ディープインパクトと池江泰郎氏。

 

天皇賞秋2017の出走予定でディープインパクト産駒は結構いますが、池江泰郎氏が登場するとなると、気になるのは息子の池江泰寿氏が管理するディープインパクト産駒のサトノアラジンです。

2000mのG1の結果からのサイン

今年行われた2000mのG1は大阪杯、皐月賞、秋華賞の3レースです。

 

大阪杯(14頭立て)

1着 キタサンブラック  4枠5番(逆10番) 牡5 武豊騎手 1人気

同枠 サクラアンプルール 牡6 横山典弘騎手 9人気

2着 ステファノス 3枠4番(逆11番) 牡6 川田将雅騎手 7人気

同枠 スズカデヴィアス 牡6 藤岡佑介騎手 12人気

3着 ヤマカツエース 8枠13番(逆2番) 牡5 池添謙一騎手 4人気

同枠 マカヒキ 牡4 C.ルメール騎手 2人気

 

皐月賞(18頭立て)

1着 アルアイン 6枠11番(逆8番) 牡3 松山弘平騎手 9人気

同枠 アメリカズカップ 牡3 松若風馬騎手 15人気

2着 ペルシアンナイト 4枠7番(逆12番) M.デムーロ騎手 4人気

同枠 ファンディーナ 牝3 岩田康誠騎手 1人気

3着 ダンビュライト 5枠10番(逆9番) 牡3  武豊騎手 12人気

同枠 プラチナヴォイス 牡3 和田竜二騎手 10人気

 

秋華賞(18頭立て)

1着 ディアドラ 7枠14番(逆5番)牝3 C.ルメール騎手 3人気

同枠 リカビトス 牝3 浜中俊騎手 9人気

同枠 ヴゼットジョリー 菱田裕二騎手 最下位人気

2着 リスグラシュー 4枠7番(逆12番) 牝3 武豊騎手 4人気

同枠 カワキタエンカ 牝3 北村友一騎手 8人気

3着 モズカッチャン 2枠4番(逆15番) 牝3 M.デムーロ騎手 5人気

同枠 ブラックオニキス 牝3 大野拓弥騎手 15人気

 

3レースに共通するのは9人気が入った枠が1着枠になっていることです。

 

他にも、4枠が連対していること、武豊騎手が3着以内に入っていることが分かります。

スポンサーリンク

最期に

3歳馬というとソウルスターリングが目立ちますが、カデナも報知杯弥生賞1着馬なので注目されても良い馬です。

 

天皇賞秋2017には、2015年報知杯弥生賞1着馬のサトノクラウン、2016年報知杯弥生賞1着馬のマカヒキ、2016年報知杯弥生賞1着馬のカデナが揃っています。

 

ここに違和感を感じるのは、気のせいでしょうか?

スポンサーリンク