天皇賞秋2018の出馬表とG1ヘッドラインが発表されましたね。

 

レイデオロは4枠4番、スワーヴリチャードは4枠5番、マカヒキは5枠6番に配置されました。

 

今回は、天皇賞秋2018のG1ヘッドラインなどから、サインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

天皇賞秋2018の出馬表

出典 JRA

 

天皇賞秋2018には15頭が登録し、ディアドラとワグネリアンが回避し、13頭立てとなっています。

1枠 1番 ステファノス 牡7 58.0kg C.オドノヒュー 藤原 英昭
2枠 2番 ブラックムーン 牡6 58.0kg 横山 典弘 西浦 勝一
3枠 3番 ヴィブロス 牝5 56.0kg 福永 祐一 友道 康夫
4枠 4番 レイデオロ 牡4 58.0kg C.ルメール 藤沢 和雄
5番 スワーヴリチャード 牡4 58.0kg M.デムーロ 庄野 靖志
5枠 6番 マカヒキ 牡5 58.0kg 武 豊 友道 康夫
7番 アルアイン 牡4 58.0kg 北村 友一 池江 泰寿
6枠 8番 ダンビュライト 牡4 58.0kg 戸崎 圭太 音無 秀孝
9番 サングレーザー 牡4 58.0kg J.モレイラ 浅見 秀一
7枠 10番 キセキ 牡4 58.0kg 川田 将雅 中竹 和也
11番 ミッキーロケット 牡5 58.0kg 和田 竜二 音無 秀孝
8枠 12番 サクラアンプルール 牡7 58.0kg 田辺 裕信 金成 貴史
13番 アクションスター 牡8 58.0kg 大野 拓弥 和田 勇介

G1ヘッドラインからのサイン

天皇賞秋2018のG1ヘッドラインは、「王道の意義、王者の威厳。」

 

まずは、過去の天皇賞秋のG1ヘッドラインから、似た言葉を探してみます。

 

2017年天皇賞秋G1ヘッドライン

直線の芸術、鋭脚の軌跡。

 

2016年天皇賞秋G1ヘッドライン

最強を証明する直線、激闘の軌跡が永遠の記憶となる。

 

2015年天皇賞秋G1ヘッドライン

心を奪う王者の威風、時代が求める最強の肖像が描かれる。

 

2014年天皇賞秋G1ヘッドライン

研ぎ澄ます渾身の瞬間、強さで感動を生む王者がいる。

 

2013年天皇賞秋G1ヘッドライン

伝説となる秋、王者と王者の激突が夢を進化させる。

 

2012年天皇賞秋G1ヘッドライン

最強へ譲れない王位、栄光を約束された勇者が躍る。

 

2011年天皇賞秋G1ヘッドライン

真の強者の伝説、極めた頂点からさらに超越を遂げる。

 

天皇賞秋のG1ヘッドラインだけあって、王者という言葉の一致はありますね。

 

でも、何となくピンときません。

 

気になるのは「王道」という言葉。

 

実は、「王道」は今年の大阪杯で使われています。

 

2018年大阪杯

屈強である勇者だけが春の王道に名を刻む。

 

大阪杯はスワーヴリチャードが勝っています。

東京2000mの重賞とオープンレース

東京2000mで行われる重賞とオープンレースで日曜日に行われたのは、オクトーバーステークスとサンケイスポーツ賞フローラステークス。

 

オクトーバーステークス(10頭立て)

1着  マウントゴールド 牡5 56㎏ 7枠8番(逆3番)内田博幸騎手 3人気

2着 マイネルハニー 牡5 58㎏ 7枠7番(逆4番)蛯名正義騎手 6人気

 

サンケイスポーツ賞フローラステークス(16頭立て)

1着  サトノワルキューレ 牝3 54㎏ 2枠4番(逆13番)M.デムーロ騎手 1人気

2着 パイオニアバイオ 牝3 54㎏ 8枠15番(逆2番)柴田善臣騎手 13人気

 

両レースの共通項は逆4番ですね。

 

正逆4番のレイデオロとキセキは気になります。

スポンサーリンク

最後に

天皇賞秋2018は4回東京9日に行われます。

 

過去、東京9日に行われた天皇賞秋は、2007年と2011年から2017年までの8回!

 

このうち、フルゲート割れで行われた天皇賞秋は2007年、2013年、2016年です。

 

2007年は前走が宝塚記念2着のメイショウサムソンが1着、2013年は毎日王冠2着の後に出走したジャスタウェイが1着、2016年は札幌記念2着の後に出走したモーリスが1着となっています。

 

メイショウサムソンとモーリスはG1馬で、ジャスタウェイは天皇賞秋でG1初戴冠の馬。

 

ここにヒントがありそうです。

スポンサーリンク