天皇賞秋2018は、2人気のダービー馬レイデオロが1着となりました。

 

これで、ルメール騎手は3週連続G1制覇ですね。

 

凄いですね。

 

一方、前日に行われた毎日放送賞スワンステークス2018は、2人気のロードクエストが1着。

 

そして、アルテミクスステークス2018は、6人気の シェーングランツが優勝しています。

 

今回は、天皇賞秋2018、毎日放送賞スワンステークス2018、アルテミクスステークス2018の3レースの後検証(回顧)を行いたいと思います。

スポンサーリンク

天皇賞秋2018の後検証(回顧)

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 4 4 レイデオロ C.ルメール 2
2着 6 9 サングレーザー J.モレイラ 4
3着 7 10 キセキ 川田将雅 6

 

やはり、天皇賞秋2018は2017年の皐月賞馬のアルアイン、日本ダービー馬のレイデオロ、菊花賞馬のキセキの3頭が揃ったことに意味がありました。

 

そして、この3頭の序列は1着賞金額でしたね。

 

日本ダービー>菊花賞>皐月賞

 

そこに、2着になったサングレーザーが突っ込んできたわけです。

 

まずは、1着のレイデオロからなんですが、誰でもが4枠は1着枠と思っていたと思います。

 

これまでの4回東京9日の流れでいえば、同枠のスワーヴリチャードが有力と最初は思っていました。

 

でも、前日の毎日放送賞スワンステークス2018で、デムーロ騎手のロードクエストが1着になったことで、考えが変わりました。

 

今年の土曜日の重賞レースで、土曜日にデムーロ騎手が勝ったレースは、フラワーカップと平安ステークス。

 

フラワーカップの翌日のフジテレビ賞スプリングステークス、平安ステークスの翌日のオークスのいずれも、ルメール騎手の騎乗馬が勝っています。

 

2着となったサングレーザーは外国人騎手のモレイラ騎手が騎乗!

 

古馬賞金維持戦で58キロ戦の天皇賞春と宝塚記念は、いずれも外国人騎手のボウマン騎手が騎乗していました。

 

また、サングレーザーの調教師は浅見秀一氏!

 

天皇賞春2018の1着馬であるレインボーラインと同じ調教師でした。

 

他にも、夏季競馬の札幌記念1着からの直行と押しの条件はありましたが、この組み合わせは購入出来ませんでした。

 

3着はキセキ。

 

天皇賞春にサトノクロニクルが5枠10番に配置されていたことからも、押しの材料はありました。

毎日放送賞スワンステークス2018の後検証(回顧)

出典 JRAフェイスブック

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 7 8 ロードクエスト M.デムーロ 2
2着 8 10 モズアスコット C.ルメール 1
3着 5 5 グァンチャーレ 古川吉洋 8

 

第4回京都競馬開催で、土曜日のメーンレースの結果が正逆4番が連対していたことから、逆4番のロードクエストは残さなければいけない馬でした。

 

また、秋季に行われたG2レースで、G1馬が1着になっていることからも、モズアスコットは残ります。

 

レーヌミノルではなく、モズアスコットと思った理由は、1着賞金が同じ産経賞セントウルステークスで、クラシック馬ではないファインニードルが勝っているから。

 

3着に入ったのは、グァンチャーレでした。

 

六甲ステークスで、富士ステークスで優勝したロジクライの2着になった馬ですね。

 

G2とG3の違いで3着になった?

アルテミクスステークス2018の後検証(回顧)

出典 JRAフェイスブック

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 2 3 シェーングランツ 武豊 6
2着 6 11 ビーチサンバ 藤岡康太 5
3着 5 8 エールヴォア 浜中俊 2

 

こちらは、2015年のアルテミクスステークスを焼き直した感じのレースとなりました。

 

1着になったシェーングランツは、アスター賞1着馬のグレイシアの同枠馬。

 

2015年のアルテミクスステークスの1着馬のデンコウアンジュも、同枠のメジャーエンブレムがアスター賞1着馬でした。

 

メジャーエンブレムがオール1人気を並べた馬なのに対し、グレイシアはオール1人気ではありませんでした。

 

ここが、グレイシアが劣る部分です。

 

このため、グレイシアは相手の1頭にしかなりませんでした。

 

2着に入ったビーチサンバは、2017年アルテミクスステークス1着馬のラッキーライラックと同じ牝馬限定の新馬戦の勝ち馬。

 

3着になったのは、未勝利戦を勝ってきたエールヴォア。

 

1着馬のシェーングランツと同じ1800mの未勝利戦を勝ってきましたが、未勝利戦の人気歴がエールヴォアは2人気でした。

 

また、エールヴォアが勝った未勝利戦は代替競馬だったことも影響があったかも知れません。

スポンサーリンク

最後に

来週の日曜日はJBC競走が京都にありますね。

 

正直、地方競馬はよく分かりません。

 

3レース全てを予想するのはキツイですね。

スポンサーリンク