天皇賞春2018の出馬表とG1ヘッドラインが発表されましたね。

 

昨年のジャパンカップ覇者のシュヴァルグランは6枠11番に配置され、阪神大賞典1着馬のレインボーラインが同枠となっています。

 

今回はG1ヘッドラインなどからサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

天皇賞春2018の出馬表

出典 JRA

 

天皇賞春2018には17頭が登録し、17頭全頭が出走してきました。

 

昨年の天皇賞春も17頭でしたね。

 

ちょっと気になる部分です。

1枠 1番 ミッキーロケット 牡5 58.0kg 和田 竜二 音無 秀孝
2番 チェスナットコート 牡4 58.0kg 蛯名 正義 矢作 芳人
2枠 3番 シホウ 牡7 58.0kg 浜中 俊 笹田 和秀
4番 カレンミロティック せん10 58.0kg 池添謙一 平田 修
3枠 5番 ヤマカツライデン 牡6 58.0kg 松山 弘平 池添 兼雄
6番 ガンコ 牡5 58.0kg 藤岡 佑介 松元 茂樹
4枠 7番 ピンポン 牡8 58.0kg 宮崎 北斗 粕谷 昌央
8番 クリンチャー 牡4 58.0kg 三浦 皇成 宮本 博
5枠 9番 ソールインパクト 牡6 58.0kg 福永 祐一 戸田 博文
10番 サトノクロニクル 牡4 58.0kg 川田 将雅 池江 泰寿
6枠 11番 シュヴァルグラン 牡6 58.0kg H.ボウマン 友道 康夫
12番 レインボーライン 牡5 58.0kg 岩田 康誠 浅見 秀一
7枠 13番 トウシンモンステラ 牡8 58.0kg 国分 恭介 村山 明
14番 アルバート 牡7 58.0kg C.ルメール 堀 宣行
8枠 15番 トーセンバジル 牡6 58.0kg M.デムーロ 藤原 英昭
16番 スマートレイアー 牝8 56.0kg 四位 洋文 大久保 龍志
17番 トミケンスラーヴァ 牡8 58.0kg 秋山 真一郎 竹内 正洋

出走馬情報からのサイン

出典 JRA

 

出走馬情報には、シュヴァルグラン、クリンチャー、レインボーライン、ガンコ、サトノクロニクル、アルバート、チェスナットコート、トーセンバジルの8頭の記載がありました。

 

この8頭から優勝馬が出るかも知れないですね。

 JRAオリジナル壁紙カレンダーからのサイン

出典 JRA

 

4月のJRAオリジナル壁紙カレンダーは2017年大阪杯(GⅠ)優勝馬のキタサンブラック。

 

キタサンブラックが出走したレースの馬番が使われています。

 

2017年大阪杯 1着 キタサンブラック 4枠5番

⇒ 2018年大阪杯 2着 ペルシアンナイト 3枠5番

 

2015年皐月賞 3着 キタサンブラック 4枠7番

⇒ 2018年皐月賞 1着 エポカドーロ 4枠7番

 

2017年天皇賞春 1着 キタサンブラック 2枠3番

2016年天皇賞春 1着 キタサンブラック 1枠1番

G1ヘッドラインからのサイン

天皇賞春2018のG1ヘッドラインは「長編の夢を語れ、積み重ねられた強者の歴史に敬意を払う。」

 

まずは、過去の天皇賞春のG1ヘッドラインに同じ言葉があるか見てみます。

 

2017年天皇賞春のG1ヘッドライン

長編の伝統を受け継ぐ勇者が最強を証明する。

 

2016年天皇賞春のG1ヘッドライン

重厚な輝きを放つ長編物語、真の強者の歴史を紐解く。

 

2015年天皇賞春のG1ヘッドライン

強靭さを語り継ぐ古都の伝統、揺るがぬ自信に魂が進化する。

 

2014年天皇賞春のG1ヘッドライン

古都に詠まれる長編詩、猛者が伝える強さの信念を学べ。

 

この中では、「強者」「歴史」の一致が見られる2016年天皇賞春が近いですね。

 

2016年はキタサンブラックが1着となっていますが、2着にはカレンミロティックが入っています。

 

カレンミロティック自身、カレンミロティックが配置されていた3番、カレンミロティックが13人気だったことなどが気になります。

ゾロ目決着の阪神大賞典からのサイン

今年の阪神大賞典は6枠同士のゾロ目決着でした。

 

阪神大賞典でゾロ目決着を調べてみたら、1997年、2009年がゾロ目決着でした。

 

ただし、1997年は出走取消戦だったので、2009年の方が今年に近いかも知れません。

 

2009年の阪神大賞典は今年と同じ6枠同士のゾロ目決着。

 

では、2009年の天皇賞春の結果はどうだったのでしょう?

 

2009年天皇賞春(18頭立て)

1着 マイネルキッツ 牡6 1枠2番(逆17番)松岡正海騎手 12人気

前走 日経賞(中山2500m)7人気2着

前々走 アメリカジョッキークラブカップ(中山2200m)9人気4着

2着 アルナスライン 牡5 2枠4番(逆15番)蛯名正義騎手 4人気

前走 日経賞(中山2500m)4人気1着

前々走 アメリカジョッキークラブカップ(中山2200m)3人気6着

3着 ドリームジャーニー 牡5 6枠12番(逆7番)池添謙一騎手 5人気

前走 産経大阪杯(阪神2000m)3人気1着

前々走 中山記念(中山1800m)4人気2着

 

2009年天皇賞春1着馬のマイネルキッツはG1はもちろん、重賞も未勝利の馬。

 

また、マイネルキッツはG1初挑戦での戴冠でした。

 

この年は日経賞の1・2着馬同士で決まった年でした。

スポンサーリンク

最後に

G1初挑戦の馬はチェスナットコート、シホウ、ガンコ、ピンポン、ソールインパクト、トミケンスラーヴァの6頭。

 

このうち、マイネルキッツのようにG2で連対し、重賞未勝利の馬はチェスナットコートとソールインパクトの2頭です。

 

チェスナットコートはマイネルキッツと同じ様に日経賞を7人気2着した馬です。

 

この馬、非常に気になります。

スポンサーリンク