東京優駿(日本ダービー)2018の出馬表とG1ヘッドラインが発表されましたね。

 

2歳G1の覇者であるダノンプレミアムとタイムフライヤーが同枠配置、エポカドーロは正逆の違いはありますが、皐月賞と同じ逆7番配置となっています。

 

今回は、G1ヘッドラインなどのサインから、東京優駿(日本ダービー)2018を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

東京優駿(日本ダービー)2018の出馬表

東京優駿(日本ダービー)2018には21頭が登録し、アイトーン、ケイティクレバー、リョーノテソーロが除外となっています。

1枠 1番 ダノンプレミアム 牡3 57.0kg 川田 将雅 中内田 充正
2番 タイムフライヤー 牡3 57.0kg 内田 博幸 松田 国英
2枠 3番 テーオーエナジー 牡3 57.0kg 藤岡 康太 宮 徹
4番 アドマイヤアルバ 牡3 57.0kg 丸山 元気 須貝 尚介
3枠 5番 キタノコマンドール 牡3 57.0kg M.デムーロ 池江 泰寿
6番 ゴーフォザサミット 牡3 57.0kg 蛯名 正義 藤沢 和雄
4枠 7番 コズミックフォース 牡3 57.0kg 石橋 脩 国枝 栄
8番 ブラストワンピース 牡3 57.0kg 池添 謙一 大竹 正博
5枠 9番 オウケンムーン 牡3 57.0kg 北村 宏司 国枝 栄
10番 ステイフーリッシュ 牡3 57.0kg 横山 典弘 矢作 芳人
6枠 11番 ジャンダルム 牡3 57.0kg 武 豊 池江 泰寿
12番 エポカドーロ 牡3 57.0kg 戸崎 圭太 藤原 英昭
7枠 13番 グレイル 牡3 57.0kg 岩田 康誠 野中 賢二
14番 エタリオウ 牡3 57.0kg H.ボウマン 友道 康夫
15番 ステルヴィオ 牡3 57.0kg C.ルメール 木村 哲也
8枠 16番 ジェネラーレウーノ 牡3 57.0kg 田辺 裕信 矢野 英一
17番 ワグネリアン 牡3 57.0kg 福永 祐一 友道 康夫
18番 サンリヴァル 牡3 57.0kg 浜中 俊 大竹 正博

スポンサーリンク

G1ヘッドラインからのサイン

東京優駿(日本ダービー)2018のG1ヘッドラインは「すべては、この熱き日のために。」

 

オークス2018のG1ヘッドラインも壁紙と同じ「薔薇香る、麗しの舞台。」でした。

 

出典 JRA

 

オークス2018で勝ったのは、7枠13番に配置された桜花賞馬のアーモンドアイでしたが、対角配置にはオールフォーラヴという馬がいました。

 

オールフォーラヴの馬名意味はバラの品種名となっていますが、オールには「すべて」という意味もあります。

 

この壁紙はオークス2018と東京優駿(日本ダービー)2018が鏡のように向き合っています。

 

「すべて」という意味のオールの入ったオールフォーラヴの対角馬のアーモンドアイが、オークス2018を勝ったのならば、薔薇の入ったロサグラウカ(17番)かオールフォーラヴ(6番)の対角配置馬には注意ということでしょうか?

プリンシパルステークスからのサイン

東京優駿(日本ダービー)2018に出走するプリンシパルステークス1着馬のコズミックフォースですが、コズミックフォースが勝ったプリンシパルステークスは5月5日の子供の日(祝日)です。

 

5月5日に行われたプリンシパルステークスは、2007年と2012年。

 

2007年と2012年の日本ダービーの結果を見てみます。

 

2007年日本ダービー(18頭立て)

1着 ウオッカ 牝馬 2枠3番(逆16番)四位洋文騎手 3人気

前走 桜花賞(阪神1600m)1人気2着

前々走 チューリップ賞(阪神1600m)1人気1着

同枠 ゴールデンダリア 柴田善臣騎手 6人気

前走 プリンシパルステークス(東京2000m)1人気1着

前々走 500万下条件戦・山藤賞(中山1800m)1人気1着

東京競馬場2戦2勝

2着 アサクサキングス 8枠16番(逆3番)福永祐一騎手 14人気

前走 NHKマイルカップ(東京1600m)3人気11着(2着平行)

前々走 きさらぎ賞(京都1800m)3人気1着

東京競馬場3戦2勝

同枠 ヴィクトリー 田中勝春騎手 2人気

前走 皐月賞(中山2000m)7人気1着

前々走 若葉ステークス(阪神2000m)1人気1着

3着 アドマイヤオーラ 7枠14番(逆5番)岩田康誠騎手 4人気

前走 皐月賞(中山2000m)1人気4着

前々走 報知杯弥生賞(中山2000m)1人気1着

 

2012年日本ダービー(18頭立て)

1着 ディープブリランテ 5枠10番(逆9番)岩田康誠騎手 3人気

前走 皐月賞(中山2000m)3人気3着

前々走 フジテレビ賞スプリングステークス(中山1800m)1人気2着

東京競馬場連続連対歴あり

同枠 エタンダール 松岡正海騎手 13人気

前走 500万下条件戦・山吹賞(中山2200m)2人気1着

平行 スピルバーグ 1枠1番(逆18番)横山典弘騎手 9人気

前走 プリンシパルステークス(東京2000m)1人気1着

東京競馬場連続連対歴あり

2着 フェノーメノ 6枠11番(逆8番)蛯名正義騎手 5人気

前走 テレビ東京杯青葉賞(東京2400m)1人気1着

前々走 報知杯弥生賞(中山2000m)2人気6着

東京競馬場3戦3勝

同枠 トリップ 田辺裕信騎手 16人気

前走 皐月賞(中山2000m)7人気12着

前々走 報知杯弥生賞(中山2000m)3人気2着

3着 トーセンホマレボシ 7枠14番(逆5番)ウィリアムズ騎手

前走 京都新聞杯(京都2200m)5人気1着

前々走 500万下条件戦・大寒桜賞(中京2200m)1人気1着

 

2007年の日本ダービーでは、プリンシパルステークス1着馬のゴールデンダリアの同枠のウオッカが1着、2012年の日本ダービーでは、プリンシパルステークス1着馬のスピルバーグの平行配置のディープブリランテが1着となっています。

 

東京優駿(日本ダービー)2018でも、プリンシパルステークス1着馬のコズミックフォース自身及び筋配置の馬には注意したいと思います。

 

また、ブラストワンピースの東京連勝歴はかなり強力なので、この馬自身と筋配置には要注意だと思います。

スポンサーリンク

最後に

東京優駿(日本ダービー)2018に出走する唯一のマル外のジャンダルムですが、連対できなかったのは報知杯弥生賞と皐月賞だけです。

 

そして、報知杯弥生賞では2着対角配置、皐月賞でも2着対角配置になっています。

 

この馬、もしかすると連対するかも知れません。