今年からチューリップ賞はG2に昇格しました。

 

G2に昇格したことで賞金が増額されます。

 

でも、そこから先は推理していくしかありません。

 

でも、それは他のレースでも同じこと。

 

今回はG2に昇格した新生チューリップ賞の予想を行いたいと思います。

チューリップ賞2018の出馬表

 

出典 JRA

 

チューリップ賞2018には12頭の登録があり、クリノフラッシュとダンサールが回避し10頭立てとなっています。

 

クリノフラッシュは前走で未勝利戦を、ダンサールは新馬戦を勝ってきた馬でしたが、このレースには出走することは叶いませんでした。

 

1枠 1番 ウインラナキラ 牝3 54.0kg 荻野 極 宮 徹
2枠 2番 カレンシリエージョ 牝3 54.0kg 松山 弘平 鈴木 孝志
3枠 3番 スカーレットカラー 牝3 54.0kg 岩田 康誠 高橋 亮
4枠 4番 マウレア 牝3 54.0kg 武 豊 手塚 貴久
5枠 5番 ラッキーライラック 牝3 54.0kg 石橋 脩 松永 幹夫
6枠 6番 レッドランディーニ 牝3 54.0kg 浜中 俊 石坂 正
7枠 7番 サヤカチャン 牝3 54.0kg 松田 大作 田所 秀孝
8番 シグナライズ 牝3 54.0kg C.ルメール 藤原 英昭
8枠 9番 リリーノーブル 牝3 54.0kg 川田 将雅 藤岡 健一
10番 サラキア 牝3 54.0kg 池添 謙一 池添 学

出走馬情報からのサイン

出典JRA

 

出走馬情報にはラッキーライラック、リリーノーブル、マウレア、スカーレットカラー、シグナライズ、サラキア、サヤカチャン、レッドランディーニの記載がありました。

 

この8頭から優勝馬が出そうですね。

報知杯弥生賞からのサイン

チューリップ賞2018はG2に昇格したレースです。

 

本番である桜花賞と距離、競馬場が同じレースと考えれば、牡馬路線の皐月賞と報知杯弥生賞の関係と同じです。

 

では、報知杯弥生賞がG3からG2に昇格した年の結果はどうだったのでしょう。

 

報知杯弥生賞がG3からG2に昇格した年は1987年でした。

 

G3だった1986年の報知杯弥生賞の1着馬はダイシンフブキという馬でしたが、このダイシンフブキは朝日杯3歳ステークスの1着馬でした。

 

朝日杯3歳ステークスは朝日杯フューチュリティステークスの前身にあたるレースです。

 

ちなみに、昨年のチューリップ賞(G3)は阪神ジュベナイルフィリーズ1着馬のソウルスターリングでしたよね。

 

さて、1987年の報知杯弥生賞の結果です。

 

1987年報知杯弥生賞(11頭立て)

1着 サクラスターオー 1枠1番(逆11番)東信二騎手(乗り替わり) 6人気

前走 400万下条件戦・寒梅賞(東京1800m)8人気5着

前々走 3歳新馬戦(東京1600m)1人気1着

対角 ユキノシラギク 8枠11番 中野栄治騎手 7人気

前走 4歳400万下条件戦・平場(東京ダート1700m)1人気1着

2着 ビュウーコウ 6枠6番(逆6番)増沢末夫騎手 4人気

前走 3歳400万下条件戦・万両賞(中山1800m)2人気2着

前々走 3歳400万下条件戦・寒菊賞(中山1600m)4人気2着

同枠 ホクトヘリオス 河内洋騎手(乗り替わり) 1人気

前走 朝日杯3歳ステークス(中山1600m)1人気2着

3着 マイネルダビテ 5枠5番(逆7番)田原成貴騎手 2人気

前走 共同通信杯4歳ステークス(東京1800m)1人気1着

前々走 京成杯(中山1600m)5人気2着

 

1着となったサクラスターオーは前走の条件戦で敗れていた馬でした。

 

でも、サクラスターオーは報知杯弥生賞の後、皐月賞と菊花賞を勝っている馬なので、弱い馬ではありませんでした。

 

また、2着同枠には朝日杯3歳ステークス2着馬のホクトヘリオスがいます。

 

ただし、1987年報知杯弥生賞には、朝日杯3歳ステークス1着馬のメリーナイスは出走していません。

 

朝日杯3歳ステークス3着馬のスーパーファントムは、1987年報知杯弥生賞に出走し、6着という結果に終わっていますが…

1回京都からの連動サイン

1回京都1日 11R スポーツニッポン賞京都金杯(13頭立て)

1着 ブラックムーン  6枠9番(逆5番)

2着 クルーガー 8枠13番(逆1番)

 

1回阪神1日 11R 仁川ステークス(16頭立て)

1着 ナムラアラシ 1枠1番(逆16番)

2着 サンライズソア 1枠2番(逆15番)

 

 

1回京都2日 11R 万葉ステークス(9頭立て)

1着  トミケンスラーヴァ 6枠6番(逆4番)

2着 リッジマン 7枠7番(逆3番)

 

1回阪神2日 11R 阪急杯(18頭立て)

1着 ダイアナヘイロー 7枠13番(逆6番)

2着 モズアスコット 8枠17番(逆2番)

 

 

1回京都3日 11R 日刊スポーツ賞シンザン記念(11頭立て)

1着 アーモンドアイ 3枠3番(逆9番)

2着 ツヅミモン 6枠7番(逆5番)

スポンサーリンク

チューリップ賞2018の予想の結論

サラキアを軸とします。

 

相手はリリーノーブル、カレンシリエージョ、スカーレットカラーにします。

 

抑えに、マウレアからリリーノーブル。

スポンサーリンク