6月11日には、函館スプリントステークスと並んで、3歳ダート重賞のユニコーンステークスが行われます。

 

3歳ダートの重賞は馬齢戦のレパードステークスと別定戦のユニコーンステークスだけ。

 

1着賞金を見てみると、レパードステークスが4,000万円に対し、ユニコーンステークスは3,500万円と、ユニコーンステークスの方が格下のレースとなります。

 

そんな、3歳ダート重賞のユニコーンステークス2017に24頭の出走予定馬がいます。

 

今回はユニコーンステークス2017について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

ユニコーンステークス2017の出走予定馬(特別登録)

出典 JRA

 

ユニコーンステークス2017の出走予定馬(特別登録)の中で、注目はNHKマイルカップ2着馬のマル外リエノテソーロです。

 

芝ではなく、ダート重賞の方に目を向けてきました。

1 アディラート 56.0kg  内田博幸  須貝 尚介
2 アンティノウス 56.0kg  国枝 栄
3 ウォーターマーズ 56.0kg  高倉稜  岡田 稲男
4 ウラガーノ 54.0kg  吉村 圭司
5 サヴィ 56.0kg  藤岡佑介  中内田 充正
6 サンオークランド 56.0kg  北村宏司  角居 勝彦
7 サンチェサピーク 56.0kg  加藤 征弘
8 サンライズソア 56.0kg  岩崎翼  河内 洋
9 サンライズノヴァ 56.0kg  戸崎圭太  音無 秀孝
10 シゲルコング 56.0kg  木幡巧也  松永 康利
11 シゲルベンガルトラ 56.0kg  横山典弘  服部 利之
12 タガノカトレア 54.0kg  菱田裕二  岡田 稲男
13 テイエムアンムート 54.0kg  津村明秀  柴田 光陽
14 テイエムヒッタマゲ 56.0kg  田中健  福島 信晴
15 トラネコ 56.0kg  吉田豊  堀井 雅広
16 トロピカルスパート 54.0kg  丸田恭介  高橋 文雅
17 ハルクンノテソーロ 56.0kg  田辺裕信  高木 登
18 マル外 バンケットスクエア 56.0kg  柴田善臣  矢野 英一
19 ブライトンロック 56.0kg  江田照男  田中 清隆
20 ブルベアバブーン 56.0kg  酒井学  藤沢 則雄
21 ホーリーブレイズ 56.0kg  石川裕紀人  佐藤 正雄
22 ラユロット 54.0kg  藤沢 和雄
23 リヴェルディ 56.0kg  柴田大知  中川 公成
24 マル外リエノテソーロ  54.0kg  大野拓弥  武井 亮

参考 netkeiba

 

出走馬情報からのサイン

出走馬情報には、リエノテソーロ、サンライズソア、アディラート、サヴィ、リヴェルディ、アンティノウス、ハルクンノテソーロ、シゲルコングの8頭が載っていました。

 

この中の1頭が最低でも連対しそうです。

ゾロ目回のユニコーンステークス

ユニコーンステークス2017は第22回の施行となります。

 

いわゆるぞろ目回となりますね。

 

では、第11回のユニコーンステークスはどんな結果だったのでしょうか?

 

第11回ユニコーンステークス(16頭立て)

1着 ナイキアースワーク 6枠11番(逆7番)横山典弘騎手 4人気

前走 3歳500万下条件戦・平場(1800m)1人気1着

同枠 ゼットコマンダー 勝浦正樹騎手 最下位人気

前走 昇竜ステークス8着(1着対角)

2着 ヤマタケゴールデン 2枠4番(逆13番) 池田鉄平騎手 7人気

前走 端午ステークス1着

3着 フィールドオアシス 2枠3番(逆14番) 田中勝春騎手 5人気

前走 昇竜ステークス2着

 

この年もマル外の牝馬が出走していましたので、ユニコーンステークス2017と似た設定です。

 

昇竜ステークスの2着馬が3着で、昇竜ステークスの2着馬の同枠馬が2着、そして1着馬は昇竜ステークスの1着対角馬の同枠馬ということになっています。

 

ユニコーンステークス2017で、昇竜ステークス組を見てみると、1着馬のサンライズソア、2着馬のハルクンノテソーロ、3着馬のシゲルベンガルトラが出走予定となっています。

 

この昇竜ステークス組は気になりますね。

JRAカレンダーからのサイン

出典 JRA

 

JRAカレンダーから、東京デビューの馬はアンティノウス、サンチェサピーク、サンライズノヴァ、トロピカルスパート、リヴェルディの5頭。

 

そのうち、デビューで勝利を飾っている馬は、サンライズノヴァとリヴェルディの2頭だけです。

 

どちらかというと、5人気で勝利したリヴェルディよりも、1人気で勝ったサンライズノヴァの方が有利と見ますが、この2頭自身あるいは同枠馬には注意が必要です。

スポンサーリンク

最後に

ユニコーンステークス2017の出走予定馬にアディラートがいます。

 

この馬の前走はUAダービーで、海外遠征していた馬です。

 

昨年は出馬表にいなかった海外遠征馬を使ってくるのか楽しみですね。

スポンサーリンク