ユニコーンステークスも、函館スプリントステークスと同様に、禁止薬物を含んだ飼料添加物を摂取した可能性のある馬がいるため、競走除外が発生しているレースです。

 

でも、こちらは競走除外が2頭だけなので、被害は少なかったといえるでしょう。

 

こうした、壊れたレースの予想はむずかしいですが、とりあえずやってみますね。

スポンサーリンク

ユニコーンステークス2019の出馬表

ユニコーンステークス2019には17頭が登録し、アッシェンプッテルとブルベアイリーデが回避し、15頭立てとなっていましたが、サトノギャロスとロードグラディオが除外となったので、13頭の出走となっています。

 

現在のところ、1人気はデュープロセス、2人気はデアフルーグ、3人気はワイドファラオとなっています。

 

気になるのは、函館スプリントステークス2019もユニコーンステークス2019も、1人気の馬の馬主はゴドルフィンであることですね。

1枠 1番 ワイドファラオ 牡3 57.0kg 福永 祐一 角居 勝彦
2枠 2番 イメル 牡3 56.0kg 丸山 元気 音無 秀孝
3番 ヴァイトブリック 牡3 56.0kg 戸崎 圭太 和田 正一郎
3枠 4番 エルモンストロ 牡3 56.0kg 三浦 皇成 角居 勝彦
5番 サトノギャロス 牡3 56.0kg 川島 信二 西園 正都
4枠 6番 デアフルーグ 牡3 56.0kg 津村 明秀 鈴木 伸尋
7番 ザディファレンス 牡3 56.0kg 野中 悠太郎 相沢 郁
5枠 8番 デュープロセス 牡3 56.0kg M.デムーロ 安田 隆行
9番 ロードグラディオ 牡3 56.0kg 内田 博幸 西浦 勝一
6枠 10番 ヴァニラアイス 牝3 54.0kg 田辺 裕信 高柳 大輔
11番 ダンツキャッスル 牡3 56.0kg 幸 英明 谷 潔
7枠 12番 オンザウェイ 牡3 56.0kg 柴田 善臣 大和田 成
13番 ニューモニュメント 牡3 56.0kg 石橋 脩 小崎 憲
8番 14番 ノーヴァレンダ 牡3 56.0kg 北村 友一 斉藤 崇史
15番 アシャカトブ 牡3 56.0kg 大野 拓弥 小笠 倫弘

東京6日からのサイン

ユニコーンステークス2019は3回東京6日に行われるレース。

 

では、1回東京6日と2回東京6日に行われたメーンレースの結果はどうだったのでしょうか。

 

1回東京6日 11R 共同通信杯(7頭立て)

1着  ダノンキングリー 牡3 56kg 1枠1番(逆7番)戸崎圭太騎手 3人気

2着 アドマイヤマーズ 牡3 57kg 4枠4番(逆4番)M.デムーロ騎手 1人気

 

2回東京6日 11R NHKマイルカップ(18頭立て)

1着 アドマイヤマーズ 牡3 57kg 8枠17番(逆2番)M.デムーロ騎手 2人気

2着 ケイデンスコール 牡3 57kg 8枠18番(逆1番)石橋脩騎手 14人気

 

1回東京6日の共同通信杯と2回東京6日のNHKマイルカップは、M.デムーロ騎手の騎乗馬が連対しています。

 

また、正逆1番の連対が見られます。

15頭立てのユニコーンステークスからのサイン

実質13頭の出走馬しかいないユニコーンステークス2019ですが、出馬表としては15頭の名前が載っています。

 

15頭立てとして行われたユニコーンステークスは2013年のみ。

 

2013年ユニコーンステークス(15頭立て)

1着  ベストウォーリア マル外 牡3 56㎏ 4枠6番(逆10番)戸崎圭太騎手 3人気

前走 兵庫チャンピオンシップ(園田1870m・定量)3人気2着

前々走 3歳500万下条件戦・平場(東京1600m)2人気1着(ゾロ目)

2着 サウンドリアーナ 牝3 54㎏ 7枠12番(逆4番)武豊騎手 1人気

前走 端午ステークス(京都1400m・特指・別定)4人気1着

前々走 桜花賞(阪神芝1600m)13人気9着

 

2013年ユニコーンステークスで1着となったのは、東京1600mの500万下条件戦で1着となり、兵庫チャンピオンシップで2着となっていたベストウォーリア。

 

そして、2着となっていたのは、桜花賞で負けて、ダートに路線変更し、特別指定交流競走の別定戦である端午ステークスを勝った牝馬のサウンドリアーナ。

 

ユニコーンステークス2019に出走するヴァイトブリックは、リステッド競走の東京1600mのヒヤシンスステークスで2着連対し、兵庫チャンピオンシップで2着となっていた馬。

 

また、サウンドリアーナは桜花賞で9着に敗れていましたが、G1のNHKマイルカップで9着に敗れていたワイドファラオは気になります。

スポンサーリンク

ユニコーンステークス2019の予想の結論

2015年以来の復活となった500万下条件戦の黒竹賞を勝ったデアフルーグを軸とします。

 

相手はヴァイトブリック、ワイドファラオ、ヴァニラアイス、アシャカトブにしてみます。

スポンサーリンク