ヴィクトリアマイル2017は荒れた結果となりましたね。

 

ここまで荒れると、逆に気持ちが良いぐらいです。

 

G1馬が軒並み惨敗を喫しています。

 

レッツゴードンキが無理なのは分かっていましたが、ミッキークイーンは3着にも入れませんでした。

 

今回は、ヴィクトリアマイル2017他の後検証(回顧)を行っていこうと思います。

スポンサーリンク

ヴィクトリアマイル2017の後検証(回顧)

出典 JRAフェイスブック

 

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 3 5 アドマイヤリード C.ルメール 6
2着 5 10 デンコウアンジュ 蛯名正義 11
3着 2 3 ジュールポレール 幸英明 7

1着となったアドマイヤリードは、サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2着馬なので、昨年のミッキークイーンをトレースした馬。

 

ただし、アドマイヤリードで気になったのは、オークスで9人気15着に敗退していたことです。

 

クラシックでの敗退が傷と思い、消してしまいましたが、結果的にヴィクトリアマイル2017で1着になっているところをみると、定量戦の条件戦でやり直しができていることになります。

 

オークス以外では、戦歴的には問題がない馬なので、この結果を受け止めるしかないですね。

 

しかし、一番驚いたのは2着のデンコウアンジュです。

 

デンコウアンジュの戦歴で光っているのは、東京1600mのアルテミスステークス1着歴です。

 

完璧に、ここを見落としていました。

 

レッツゴードンキもアルテミスステークスで2着連対していましたが、戦歴的に連対できない馬なので、平行のアドマイヤリードが1着となっています。

 

また、1600万円以下条件戦2着馬のオートクレールの同枠、昨年のエリザベス女王杯1着のクイーンズリングの対角というのも追い風になったと思います。

 

エリザベス女王杯とヴィクトリアマイルを連続連対するのは至難だと思うので、クイーンズリングの連対は厳しいと思っていましたが、クイーンズリングの対角が連対していることを考えると、型は持っているのではと思います。

 

そして、デンコウアンジュのサインはこんなところにもありました。

出典 JRAフェイスブック

 

前日の京王杯スプリングカップの優勝馬からのサインでした。

 

やっぱり、よく見ておかないとダメですね。

 

3着は、サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス3着のジュールポレール。

 

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスの2着平行では連対できないということですね。

 

結局、ミッキークイーンは7着、ウキヨノカゼは9着と優先出走権を取ってきた馬は3着にも入れなかったことになります。

 

そして、ヴィクトリアマイル2017は、4歳馬が3着までを独占した結果となりました。

京王杯スプリングカップ2017の後検証(回顧)

続いて、前日に行われた京王杯スプリングカップ2017の後検証(回顧)をしておきます。

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 7 10 レッドファルクス M.デムーロ 2
2着 8 12 クラレント 岩田康誠 11
3着 6 9 グランシルク 戸崎圭太 4

律儀な主催者は、京王杯スプリングカップ2017とヴィクトリアマイル2017の2着馬の人気を揃えてきました。

 

正逆2番が怪しいと思っていましたが、選択したロサギガンティアは来ずに、逆2番のクラレントが2着。

 

JRAフェイスブックのマチカネタンホイザのサインは栗毛の方だったようです。

 

また、増量馬のレッドファルクスを選ばず、同枠のトーキングドラムを選んで失敗と裏目裏目の結果に。

 

3着になったグランシルクも昨年11月には条件戦を走っていた馬なので、納得するしかありませんね。

日本ダービーの出走予定馬

http://www.winkeiba.jp/から引用

 

ヴィクトリアマイル2017が終了し、日本ダービーの出走予定馬が発表されました。

 

出走予定馬は19頭で、出走可能頭数は18頭。

 

現状では京都新聞杯2着馬のサトノクロニクルが除外対象です。

 

サトノアーサーとの2頭出しを目論むサトノ軍団は、サトノアレスも日本ダービーに出られず、誤算続きですね。

 

でも、他の馬が回避する可能性もありますので、望みはあるかもしれません。

 

また、今年は京都新聞杯1着馬が出ないことが分かっています。

 

2000年に京都新聞杯は5月に移動していますが、京都新聞杯1着馬が日本ダービーに出ないのは2009年だけです。

 

2009年の日本ダービーはロジユニヴァースが優勝した年ですね。

スポンサーリンク

最後に

来週はオークスですね。

 

カラクレナイが出走しないので、優先出走権が1枚使われない形となります。

 

昨年もメジャーエンブレムがオークスに出走しなかったので、同じ形となります。

 

オークスは第78回の開幕戦で、ヴィクトリアマイルと同じですね。

 

第78回の開幕戦にふさわしい馬はどの馬なのか、考えていきたいと思っています。

スポンサーリンク