土曜日に行われた京王杯スプリングカップには、キャンベルジュニアとフィアーノロマーノの2頭のマル外が出走していました。

 

結果は、2頭いたマル外のうち、キャンベルジュニアが2着。

 

そして、日曜日に行われるヴィクトリアマイル2018もラビットランとリエノテソーロの2頭のマル外が出走します。

 

いかにも、マル外に注意しろといわんばかりですよね。

 

囮なのかそれとも…

 

今回はヴィクトリアマイルの予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

名馬の肖像からのサイン

出典 JRA

 

名馬の肖像は第1回ヴィクトリアマイル優勝馬のダンスインザムード。

 

ダンスインザムードは2年前の2004年の桜花賞馬。

 

でも、2004年の桜花賞勝利から2年以上勝利から遠ざかっていた馬。

 

府中牝馬ステークスを8着に敗退した後は、天皇賞秋3着、マイルチャンピオンシップ4着、読売マイラーズカップ2着と牝馬限定戦に出走していなかった馬です。

 

ダンスインザムードは2006年の第1回ヴィクトリアマイルを北村宏司騎手騎乗で勝っています。

 

1枠1番のゼッケン、2人気、社台レースホース、武豊騎手の対角配置、桜花賞馬あたりがサインなのでしょうか。

JRAフェイスブックからのサイン

出典 JRAフェイスブック

 

JRAフェイスブックは2010年のヴィクトリアマイルを優勝したブエナビスタの記事が載っていました。

 

ブエナビスタは6枠11番、1人気、横山典弘騎手騎乗で勝っています。

スポンサーリンク

フルゲートからのサイン

昨年のヴィクトリアマイルは17頭立てのフルゲート割れ。

 

ヴィクトリアマイル2018はフルゲートになっています。

 

ヴィクトリアマイルは過去2回フルゲート割れとなっていますが、いずれも17頭立てでした。

 

昨年以外で、17頭立てで行われたヴィクトリアマイルは2011年。

 

このため、フルゲート割れである2012年の翌年の結果を見てみます。

 

2012年ヴィクトリアマイル(18頭立て)

1着 ホエールキャプチャ 牝4 6枠12番(逆7番)横山典弘騎手 4人気

前走 ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(中山1800m)2人気5着(2着平行)

前々走 エリザべス女王杯(京都2200m)6人気4着

2011年桜花賞2着・2010年阪神ジュベナイルフィリーズ2着馬

2着 ドナウブルー 牝4 8枠16番(逆3番)ウィリアムズ騎手 7人気

前走 ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(中山1800m)4人気11着

前々走 京都牝馬ステークス(京都1600m)2人気1着

3着 マルセリーナ 牝4 1枠1番(逆18番)田辺裕信騎手 3人気

前走 サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(阪神1400m)2人気2着

前々走 阪神カップ(阪神1400m)3人気4着

2011年桜花賞1着馬

 

2012年ヴィクトリアマイルは、2011年桜花賞2着馬のホエールキャプチャが1着。

 

この馬の戦歴はヴィクトリアマイル2018に出走するリスグラシューと似ています。

 

阪神ジュベナイルフィリーズ2着、桜花賞2着という共通性があります。

 

2012年ヴィクトリアマイルで2着になったドナウブルーは1000万下の条件戦を勝った後、京都1600mの京都牝馬ステークスを勝っている馬ですね。

 

京都1600mの京都牝馬ステークスを勝ったことが効いているのでしょうか。

デンコウアンジュからのサイン

昨年、ヴィクトリアマイルで2着となったデンコウアンジュですが、2歳戦のアルテミスステークス以来の連対となっています。

 

同枠馬のオートクレールも条件戦の春興ステークスを勝ちきれずに2着で、ヴィクトリアマイルに出走してきた馬なので、この馬のサポートというのも厳しいはず。

 

と考えると、デンコウアンジュ自身に連対する何かが、ヴィクトリアマイルに合致していたと考えるべきだと思います。

 

デンコウアンジュは、京都で行われた2歳未勝利戦(1800m)を勝ち、東京1600mのアルテミスステークスをゾロ目で勝ってきた以外は、何の変哲もない馬。

 

やはり、東京1600mのアルテミスステークスの勝利歴が大事であると考えるのが自然かと。

 

東京1600mのアルテミスステークスを勝った馬は、デンコウアンジュとリスグラシューがヴィクトリアマイル2018に出走します。

スポンサーリンク

ヴィクトリアマイル2018の予想の結論

レッツゴードンキは賞金増額戦のフェブラリーステークスで2着同枠、高松宮記念で2着に入っている馬です。

 

この馬の同枠・対角・平行配置のミスパンテール、メイズオブオナー、アエロリット、そしてレッツゴードンキは気になります。

 

その中でも、ミスパンテールは昨年G3化されたターコイズステークスの勝ち馬。

 

今回はこのミスパンテールを軸とします。

 

相手は、マル外のラビットラン、リエノテソーロ、ソウルスターリング。

 

抑えに、リスグラシューからラビットラン、デンコウアンジュ。