ヴィクトリアマイルは重賞未勝利馬のジュールポレールが1人気のリスグラシューをハナ差抑えて、G1ホースの仲間入りを果たしました。

 

また、前日に行われた京王杯スプリングカップも重賞未勝利馬のムーンクエイクが1着となり、安田記念の優先出走権を獲得しています。

 

今回はヴィクトリアマイル2018と京王杯スプリングカップ2018の後検証(回顧)を行いたいと思います。

スポンサーリンク

ヴィクトリアマイル2018の後検証(回顧)

出典 JRA

 

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 2 4 ジュールポレール 幸英明 8
2着 8 16 リスグラシュー 武豊 1
3着 3 6 レッドアヴァンセ 北村友一 7

 

ヴィクトリアマイル2018の1着馬をジュールポレールと指名できた方は素晴らしいと思います。

 

正直、1着馬をジュールポレールに指名するのは難しいと思います。

 

 

さて、ここからは後付けの解釈となりますので、もしかしたら違うのかも知れません。

 

ヴィクトリアマイル2018は、昨年から賞金を増額されたレースです。

 

同じ様に、賞金を増額されたG1はフェブラリーステークスと高松宮記念が既に終了しています。

 

中央競馬で行われるG1ダートレースは、フェブラリーステークスとチャンピオンズカップの2レース。

 

今年、JBCスプリント、JBCクラシック、JBCレディスクラシックが行われますが、表記はJpn1となっています。

 

2017年チャンピオンズカップ(16頭立て・出走取消戦)

1着 ゴールドドリーム

2着 テイエムジンソク

3着 コパノリッキー

出走取消 アポロケンタッキー  内田博幸騎手

 

2018年フェブラリーステークス(16頭立て)

1着 ノンコノユメ 内田博幸騎手

2着 ゴールドドリーム

3着 インカンテーション

 

2017年チャンピオンズカップの1着馬のゴールドドリームが、2018年フェブラリーステークスの2着席へ。

 

2017年チャンピオンズカップの出走取消馬に騎乗予定だった内田博幸騎手が騎乗したノンコノユメが、2018年フェブラリーステークスの1着席へ。

 

出走取消馬は、通常、最下位着順の下に記載されます。

 

 

中央競馬で行われる古馬G1の1200mのレースは高松宮記念とスプリンターズステークス。

 

2017年スプリンターズステークス(16頭立て)

1着 レッドファルクス

2着 レッツゴードンキ

3着 ワンスインナムーン

最下位 ネロ

最下位同枠 ファインニードル

 

2018年高松宮記念(18頭立て)

1着 ファインニードル

2着 レッツゴードンキ

3着 ナックビーナス

 

2017年スプリンターズステークス2着馬のレッツゴードンキが2018年高松宮記念の2着席へ。

 

2017年スプリンターズステークス最下位同枠馬のファインニードルが2018年高松宮記念の1着席へ。

 

 

中央競馬で行われる牝馬のG1レースはヴィクトリアマイルとエリザベス女王杯。

 

2017年エリザベス女王杯(18頭立て)

1着 モズカッチャン

同枠 リスグラシュー

2着 クロコスミア

同枠  トーセンビクトリー

3着 ミッキークイーン

最下位 ウキヨノカゼ

同枠 ジュールポレール

 

エリザベス女王杯で1着になったモズカッチャン、2着になったクロコスミア、2着同枠のトーセンビクトリーは、ヴィクトリアマイル2018には出走していません。

 

2018年ヴィクトリアマイル(18頭立て)

1着 ジュールポレール

2着 リスグラシュー

3着 レッドアヴァンセ

 

2017年エリザベス女王杯1着同枠馬のリスグラシューが、2018年ヴィクトリアマイルで2着席へ。

 

2017年エリザベス女王杯最下位同枠馬のジュールポレールが2018年ヴィクトリアマイルで1着席へ。

 

やっていることはフェブラリーステークスや高松宮記念と一緒で、形を変えているだけでした。

スポンサーリンク

京王杯スプリングカップ2018の後検証(回顧)

出典 JRAフェイスブック

 

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 3 5 ムーンクエイク C.ルメール 4
2着  8  17 キャンベルジュニア 石橋脩 7
3着  1  1 サトノアレス 蛯名正義  2

 

京王杯スプリングカップ2018の1着馬はせん馬のムーンクエイク。

 

この日は裏番組の都大路ステークスもせん馬のサンマルティン、京都ハイジャンプもせん馬のアスターサムソンが勝っているので、せん馬が勝つ日だったのでしょうね。

 

また、同じ「みんなで行こう駐車場あいのりキャンペーン」の開催日であった5月5日のメーンレースのプリンシパルステークスでもルメール騎手のコズミックフォースが勝っています。

 

2着に入ったキャンベルジュニアはいかにもという感じのマル外で、馬主が吉田和美氏の同居枠。

 

晩春ステークスのサインもあったのですが、他にもサインが集中していたので、キャンベルジュニアを軸にさせていだきました。

 

3着にはサトノアレス。

 

ここで、G1の前哨戦で初めて4歳馬が連対を外しましたね。

 

何か意図があったのでしょうね。

スポンサーリンク

最後に

日本ダービーの登録馬が発表されました。

 

皐月賞の1~5着馬、テレビ東京杯青葉賞の1~2着馬、プリンシパルステークス1着馬の優先出走権を獲得した馬は全馬登録してきました。

 

その他にも、朝日杯フューチュリティステークス1着馬で報知杯弥生賞を勝ちながら、皐月賞を回避したダノンプレミアム、3戦3勝のブラストワンピース、皐月賞1人気のワグネリアン、ホープフルステークスを勝ったタイムフライヤーなど揃っています。

 

この中でも、注目はダノンプレミアム。

 

体調さえ整えば、充分にダービー馬になれる逸材だけにどうなるのでしょうね。