土曜日の京王杯スプリングカップは、1人気に支持されたタワーオブロンドンが1着になりましたね。

 

タワーオブロンドンはアーリントンカップ以来の勝利なので、1年以上勝利から遠ざかっていました馬。

 

しかし、11月に行なわれた別定戦のキャピタルステークスで2着に入っていたので、最低限の手続きをしていたのでしょう。

 

では、ヴィクトリアマイルは?

 

今回は、ヴィクトリアマイル2019の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

ヴィクトリアマイル2019の出馬表

ヴィクトリアマイル2019には19頭が登録し、キャナルストリートが京王杯スプリングカップに回り、18頭立てとなっています。

 

現在のところ、1人気はラッキーライラック、2人気はプリモシーン、3人気はアエロリットとなっています。

 

出馬表を見ると、正逆4番は外国人ジョッキーですね。

1枠 1番 アマルフィコースト 牝4 55.0kg 坂井 瑠星 牧田 和弥
2番 レッドオルガ 牝5 55.0kg 北村 友一 藤原 英昭
2枠 3番 クロコスミア 牝6 55.0kg 戸崎 圭太 西浦 勝一
4番 ノームコア 牝4 55.0kg D.レーン 萩原 清
3枠 5番 メイショウオワラ 牝5 55.0kg 秋山 真一郎 岡田 稲男
6番 ラッキーライラック 牝4 55.0kg 石橋 脩 松永 幹夫
4枠 7番 ミッキーチャーム 牝4 55.0kg 川田 将雅 中内田 充正
8番 デンコウアンジュ 牝6 55.0kg 柴田 善臣 荒川 義之
5枠 9番 プリモシーン 牝4 55.0kg 福永 祐一 木村 哲也
10番 ミエノサクシード 牝6 55.0kg 川島 信二 高橋 亮
6枠 11番 アエロリット 牝5 55.0kg 横山 典弘 菊沢 隆徳
12番 ワントゥワン 牝6 55.0kg 中谷 雄太 藤岡 健一
7枠 13番 サトノワルキューレ 牝4 55.0kg 内田 博幸 角居 勝彦
14番 レッツゴードンキ 牝7 55.0kg 岩田 康誠 梅田 智之
15番 カンタービレ 牝4 55.0kg M.デムーロ 角居 勝彦
8枠 16番 ソウルスターリング 牝5 55.0kg 武 豊 藤沢 和雄
17番 サウンドキアラ 牝4 55.0kg 田辺 裕信 安達 昭夫
18番 フロンテアクイーン 牝6 55.0kg 三浦 皇成 国枝 栄

名馬の肖像からのサイン

名馬の肖像は、2008年のヴィクトリアマイル2着、2009年のヴィクトリアマイル1着のウオッカ!

 

ウオッカは、2006年阪神ジュベナイルフィリーズ1着、2007年日本ダービー優勝のG1馬。

 

しかし、日本ダービーで勝ってから、2008年のヴィクトリアマイルまで連対することができませんでした。

 

阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬は、ラッキーライラックとソウルスターリングなんですが、ソウルスターリングが気になります。

 

というのも、ウオッカは2008年のヴィクトリアマイルと2009年のヴィクトリアマイルで武豊騎手が騎乗しています。

JRAフェイスブックからのサイン

JRAフェイスブックには、2016年ヴィクトリアマイルを制したストレイトガールの記事が載っていました、

 

ストレイトガールは5歳で重賞初制覇し、 2015年ヴィクトリアマイル、2015年スプリンターズステークス、2016年 ヴィクトリアマイルとG1を3勝した馬。

 

しかし、2015年ヴィクトリアマイルで勝った時は、前走が高松宮記念で1人気13着、2016年ヴィクトリアマイルを勝った時も、前走がサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスで3人気9着と牝馬路線では連対していなかった馬でした。

夕刊フジ賞オーシャンステークスからのサイン

開催回数が同じレースというのは、気になるものですよね。

 

ヴィクトリアマイルと同じ開催回数のレースに、夕刊フジ賞オーシャンステークスがあります。

 

果たして、連動サインはあるのでしょうか?

 

2017年夕刊フジ賞オーシャンステークス(16頭立て)

1着 メラグラーナ マル外 牝5 54㎏ 5枠9番(逆8番) 戸崎圭太騎手 1人気

2着 ナックビーナス 牝4 54㎏ 1枠2番(逆15番)石川裕紀人騎手 3人気

 

2017年ヴィクトリアマイル(17頭立て)

1着 アドマイヤリード 牝4 55㎏ 3枠5番(逆13番)ルメール騎手 6人気

2着 デンコウアンジュ 牝4 55㎏ 5枠10番(逆8番)蛯名正義騎手 11人気

 

 

2018年夕刊フジ賞オーシャンステークス(16頭立て)

1着 キングハート 牡5 56㎏ 4枠7番(逆10番)北村宏司騎手 10人気

2着 ナックビーナス 牡5 54㎏ 7枠13番(逆4番) 横山典弘騎手 2人気

 

2018年ヴィクトリアマイル(18頭立て)

1着 ジュールポレール 牝5 55㎏ 2枠4番(逆15番) 幸英明騎手 8人気

2着  リスグラシュー 牝4 55㎏ 8枠16番(逆3番) 武豊騎手 1人気

 

ここまでは連動サインは継続しています。

 

2019年夕刊フジ賞オーシャンステークス(16頭立て)

1着 モズスーパーフレア マル外 牝4 54㎏ 7枠14番(逆3番)ルメール騎手 1人気

2着 ナックビーナス 6枠12番(逆5番)大野拓弥騎手 2人気

スポンサーリンク

ヴィクトリアマイル2019の予想の結論

京王杯スプリングカップ2019では17頭が登録し、レッツゴードンキが回避し、16頭立てとなっていました。

 

一方、ヴィクトリアマイル2019では19頭が登録し、キャナルストリートが回避し、18頭立てとなっています。

 

ヴィクトリアマイル2019を回避したキャナルストリートは、京王杯スプリングカップ2019に出走し、1着対角、2着同枠に配置されていました。

 

では、京王杯スプリングカップ2019を回避したレッツゴードンキも役目があるのでしょうか?

 

さて、ヴィクトリアマイル2019の予想ですが、ソウルスターリングを軸にしたいと思います。

 

同枠のサウンドキアラは、キャナルストリートが回避しなければ出走できなかった馬というのも、非常に好印象です。

 

相手はアマルフィコースト、レッドオルガ、カンタービレ、サトノワルキューレ、レッツゴードンキ、アエロリットに流してみます。

スポンサーリンク